みどり病院のオルゴール療法による改善症例

                                ●大阪府岸和田市 みどり病院へ 

みどり病院 症例,改善例 オルゴール療法

症例 1 脳梗塞の後遺症 足の感覚が戻ってきました

みどり病院内 オルゴール療法室

15年前に建設会社に勤めてていた頃でした。1日の仕事が終わっていつものように風呂、夕食をおえて床につきました。 朝目覚めたときに身体が動きませんでした。左半身が麻痺を起こし、床から出ることが出来なかったのです。

脳梗塞の後遺症と付き合うようになりました。足に装具を当て歩行もなんとか歩けるのですが、不自由でした。 お風呂に入るときに足の感覚が無いために熱いと感じる感覚も、足がお風呂の底についているか?の感覚もありませんでした。
                                   ●岸和田市 みどり病院へ 

3ヶ月前から院内でオルゴール療法という珍しい療法が始まり院長先生に勧められて毎日院内のオルゴール療法に 顔を出すようになりました。

始めは足に装具をつけて階下まで降りるのもつらく、それでも院長先生に励まされて毎日出席しました。 2ヶ月たった頃からですが、感覚のなかった足に熱さの感覚が戻ったのです。足の裏が風呂の底についたときの感覚も戻っています。 リハビリの効果もあったでしょうが、今オルゴール療法に顔を出すことが日課となりつらい毎日だったのが楽になり、 療法に参加するための励みになっています。 70歳代 男性 みどり病院内  

脳梗塞の後遺症 改善へコメント:

みどり病院内 別所院長

脳梗塞の後遺症からの改善がはっきりと見て取れます。病院内に設置されたオルゴール療法室での始めての成果です。 10月から始めた院内療法ですが、脳梗塞の後遺症のような回復のむつかしい症例でも3ヶ月の期間が一つのめどと考えて良いと思います。

3ヶ月の期間、30分間をおよそ60回の参加での途中成果です。院長先生の励ましやリハビリの先生などとの総合的になされたケアの お陰でしょう。このような統合的な医療こそが慢性的な疾患を主にした今後の治療の在り方を示しています。クライエントの側にとって も有り難いことでしょう。治れば良いとの考え方から新しい療法を取り組まれた医院の柔軟な姿勢が評価されます。 参考症例 ● 脳卒中後遺症の改善

症例 2 脳梗塞の後遺症 体中が熱く感じられるようになりました

院内のオルゴール療法室に参加するようになってから1ヶ月が経ちました。最近オルゴール療法の後で、体中が熱くなり、お布団に 入ってからも足を外に出して寝る程になりました。

みどり病院内 オルゴール療法室

脳梗塞を3回引き起こし、後遺症がひどく車いすを使うようになりました。身体の調子が徐々に良くなっています。元気になったら 郷に帰って温泉に入るのが夢です。40回参加 70歳代 女性 みどり病院内


脳梗塞の後遺症 改善へコメント:

身体が温まることが先ず第一に大切です。血行が良くなれば、栄養素、酸素が細胞に届いた証ですから活性する第一歩になるからです。 やがて皮膚に血管が浮き出すようになり、麻痺した箇所がピリピリと反応し始めましょう。

症例 3 脳梗塞の後遺症 手足の先が温かくなりました

「オルゴール療法に参加するようになって今まで冷たかった手足の先が温かくなって驚いています。」

症例 4 脳梗塞の後遺症 手足の先が温かくなりました

「オルゴール療法に参加してから不眠症が治りました。よく眠れるようになりました」

脳梗塞の後遺症 改善へコメント:

みどり病院内 オルゴール療法室

身体の中心は生命を維持するために37度を保とうとします。その為に手足が犠牲になり、体温が下がります。 血液の循環を促進する為に心臓に負担が強いられます。身体を改善するためには血液の循環を良くして行くことが 大切です。その為には、深く眠ることが大切です。血管を柔らかくして血行を良くし、成長ホルモンの分泌が促進 されるからです。気持ちも明るくなり表情も明るくなるのも道理です。 参考症例 ● 脳卒中後遺症の改善

                     ● 大阪府岸和田市 みどり病院へリンク


いろいろな疾患・症例の分類     オルゴール療法      
呼吸器 気道 肺


循環器・心臓


消化器


脳・脊髄・神経


心・身 環境


ホルモン・代謝


アレルギー 免疫


運動器・外傷


皮 膚


泌尿器


目・耳・鼻


口腔・のど・歯


胎児・乳・幼児


女性 美容と健康


が ん


複合疾患 改善



Copy Right (C)日本オルゴール療法研究所 1991 . All Rights reserved.