鬱,うつ病,鬱病,鬱症状 解消 改善 オルゴール療法

鬱 鬱病 うつ 症状 改善 解消 Q&A

Q.  20年間鬱で療養生活をし、その間胃痛、体温不調、不眠、脊椎の不具合、化学物質過敏症にもなり、色々なご事情があってストレスが原因と思いますが良くなるでしょうか? 

A.  長い間のお苦しみいかばかりかとお察しいたします。オルゴール療法では、オルゴールの心地よい響きで先ず脳幹の働きを正常にして行きます。神経とホルモンが正常にコントロールする働きが正常になれば、胃痛、体温不調、不眠などは自律神経がしっかり働きますと自然に改善されて行きましょう。

 脊椎の不具合、化学物質過敏症もオルゴール療法では改善された方が多くいらっしゃいます。うつにつきましても20年間患っていると言っていらっしゃいますが先ず自律神経を正しくして、トラウマを解き、希望を見いだすステップを踏みますが、大切なことは、先ず自律神経をオルゴールの響きで正常にすることです。

 ここが多くの療法で抜けるところです。脳を刺激出来る優れた療法ですから、きっと何らかの改善がみられましょう。沢山の症状をお持ちの方は改善しやすいものから順次改善されていきますので体調の変化に耳をすませて頂きたいと思います。

 正しい聴き方をなさいますと、脳幹刺激によって、まず血流回復がおこります。手や足や身体がほかほかと温かくなり、お顔の血色が良くなってまいります。深いおやすみやお目覚めにすっきり感を感じるようになります。お辛いストレスを超えた長い療養生活ですので、いっきに大きな症状の変化はみられなくても、体内では確実に変化が始まっているのです。

 まずはおやすみ前の聴き方と食後の聴き方の基本を中心に一日のリズムを作ってください。心地よく聴ける響きを工夫する必要があります。化学物質過敏症や電磁波過敏症や鬱の方は音をうるさく聴える時はご相談ください。聴き方をご指導させて頂きます。  主任カウンセラー 

○次を見る 次へ  症状1 鬱病を解消してへ

ホームトップ実践

症例

症状1 鬱病を解消して
症状2 鬱病の抗欝剤が不要になりオルゴールが楽しい
症状3 仕事のストレスから鬱病になりました
症状4 鬱病と診断されて5年が立ちました
症状5 鬱病が始まって3ヶ月間、毎日死の淵にいました
症状6 パソコンで設計図を作る仕事柄鬱病になり休職
症状7 鬱病を解消、趣味のパッチワーク出来るまでに
症状8 鬱病のあせりからパニック障害になりました
症状9 鬱病から脱却して 体験手記
症状10 鬱病を改善して
症状11 つらい看病から笑顔の看病へ
症状12 介護疲れ リウマチ うつ 脱毛 膝関節痛が改善
症状13 あれだけ沈んだ気持ちだったのに


 少しでも症状が軽くなり、お気持ちが楽になって頂きたい
 と思っています。療法や症状を、ご遠慮なくご相談下さい。
 電話 フリーダイヤル: 0120-700-704
 電話 I P:050-3386-5291(OCNドットフォン)
   (OCNグループからの電話料が無料です) (無料プロバイダ一覧)

 電話 06-6342-0015 FAX:06-6342-5757
 矢 お問い合せフォーム はこちらへ
  オルゴール療法研究所_________________________
     大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21階


 このページのトップへ
症状と原因 | 症例 | 療法の実践

いろいろな疾患・症例の分類     オルゴール療法      
呼吸器 気道 肺


循環器・心臓


消化器


脳・脊髄・神経

脳・脊髄・神経 2

心・身 環境


心・身 環境 2


血 液


ホルモン・代謝


アレルギー 免疫


運動器・外傷


運動器・外傷 2


皮 膚


泌尿器


目・耳・鼻


口腔・のど・歯あご


胎児・乳・幼児


女性 美容と健康


が ん


複合疾患 改善


犬猫ペットの症例


 back
copy right (c)日本オルゴール療法研究所 1991 . all rights reserved.