鬱 うつ病 鬱病のオルゴール療法による改善症例7

鬱症状,うつ病の症状,鬱病の症状,うつ症状 解消・改善

症7 鬱病を解消、趣味のパッチワーク出来るまでに

「11月6日に始めてオルゴール療法に参加しました。4年前から高血糖、高血圧で疲れやすく、何をやるにもしんどい感じで、時々パニックを起こし、大学病院で強迫性神経症、鬱病と診断されました。背中が痛み、集中力がなく、仕事が出来なくなり休職しました。

11月は15回オルゴール療法に参加しました。12月になって鬱症状が極端に良くなりました。療法に始めて参加した日に肌がつるつるになったのを感じました。それからはあまり進展がないように思っていました。相変わらずしんどさは続いていたのですが、12月になって5回目ですが、リザーブドフラワーの細工の、精細なパッチワークに挑戦するほど元気になったのです。今まで声が弱くておしゃべりがゆっくりだったのに急に声に張りが出てきました。

鬱病の症状のある時は、料理をするのもしんどく、すぐに疲れていたのに、最近料理が楽しく出来るようになり、味が出ておいしいのです。以前はストレスを解消するために、冷蔵庫一杯に食材を買い求め、味もそれ程に感じないままに沢山食べていましたが。それに爪が割れなくなりました。

元気になって、他の人が「オルゴールが在って幸せ」と言われていたのが解りました。ホームぺージを見て、この道を行けば大丈夫と思って参加したのが良かったと思います。先日道に迷ったとき、以前起こっていたどうしようというパニック障害が全く出なかったのです。高血圧も次第に下がり、抗鬱剤も飲まず、療法に通う毎日が楽しく幸せです」  2004/12/18 大阪市 30歳代女性 Y.M. 
        鬱症状,うつ病の症状,鬱病の症状,うつ症状 関連症例 ● パニック障害へ

○次を見る 次へ  症状8 鬱病のあせりからパニック障害になりましたへ

ホームトップ実践

症例

症状1 鬱病を解消して
症状2 鬱病の抗欝剤が不要になりオルゴールが楽しい
症状3 仕事のストレスから鬱病になりました
症状4 鬱病と診断されて5年が立ちました
症状5 鬱病が始まって3ヶ月間、毎日死の淵にいました
症状6 パソコンで設計図を作る仕事柄鬱病になり休職
症状7 鬱病を解消、趣味のパッチワーク出来るまでに
症状8 鬱病のあせりからパニック障害になりました
症状9 鬱病から脱却して 体験手記
症状10 鬱病を改善して
症状11 つらい看病から笑顔の看病へ
症状12 介護疲れ リウマチ うつ 脱毛 膝関節痛が改善
症状13 あれだけ沈んだ気持ちだったのに
症状14 今までの不調が信じられないくらい良く眠れるように


 少しでも症状が軽くなり、お気持ちが楽になって頂きたい
 と思っています。療法や症状を、ご遠慮なくご相談下さい。
 電話 フリーダイヤル: 0120-700-704
 電話 I P:050-3386-5291(OCNドットフォン)
   (OCNグループからの電話料が無料です) (無料プロバイダ一覧)

 電話 06-6342-0015 FAX:06-6342-5757
 矢 お問い合せフォーム はこちらへ
  オルゴール療法研究所_________________________
     大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21階


 このページのトップへ
症状と原因 | 症例 | 療法の実践

いろいろな疾患・症例の分類     オルゴール療法      
呼吸器 気道 肺


循環器・心臓


消化器


脳・脊髄・神経

脳・脊髄・神経 2

心・身 環境


心・身 環境 2


血 液


ホルモン・代謝


アレルギー 免疫


運動器・外傷


運動器・外傷 2


皮 膚


泌尿器


目・耳・鼻


口腔・のど・歯あご


胎児・乳・幼児


女性 美容と健康


が ん


複合疾患 改善


犬猫ペットの症例


 back
copy right (c)日本オルゴール療法研究所 1991 . all rights reserved.