鬱,うつ病,鬱病,鬱症状 解消 改善 オルゴール療法

鬱・うつ病との接し方 思いやり

鬱・うつ病の患者さんは、ものすごい劣等感や精神的疲労に陥っているから人にあって気をつかうことが苦痛です。無理にあって話を聞こうとしたりすると逆効果になる場合もありますが、心の底では、じっくり話を聞いてくれる人を渇望しています。

心のうちを話すとあまりにも否定的なことやひどい事ばかりになりそうで、できれば手紙、メールなどで相手の返事を要しない手段で接する方がよいですが、接し方として
1.どんなときもあなたの味方であるということ。
2.いつでも話を聞くことだけでも自分にできることが有ればするので言ってほしいということ。
3.あなたの心の状態が回復するまでいつまでも待つし、支援するということを伝えることが具体的な思いやりです。

「こうしたほうがいい」とか「ああしてほしい」という今の状態を否定する励まし方よりも、今の状態を「よく耐えている。立派だ。無理しなくていい。」というように今の状態を肯定する言い方をしてあげれば、鬱うつ病患者さんは楽になります。

回復をせかすようなことはせず、1年でも、2年でも気長に付き合うつもりでやさしくメッセージを送り続けてください。親兄弟、親友、女房をしのぐほどの厚い信頼となって返ってくるはずです。

○次を見る次へ 症状1 鬱病を解消してへ

ホームトップ実践

症例

症状1 鬱病を解消して
症状2 鬱病の抗欝剤が不要になりオルゴールが楽しい
症状3 仕事のストレスから鬱病になりました
症状4 鬱病と診断されて5年が立ちました
症状5 鬱病が始まって3ヶ月間、毎日死の淵にいました
症状6 パソコンで設計図を作る仕事柄鬱病になり休職
症状7 鬱病を解消、趣味のパッチワーク出来るまでに
症状8 鬱病のあせりからパニック障害になりました
症状9 鬱病から脱却して 体験手記
症状10 鬱病を改善して
症状11 つらい看病から笑顔の看病へ
症状12 介護疲れ リウマチ うつ 脱毛 膝関節痛が改善
症状13 あれだけ沈んだ気持ちだったのに


 少しでも症状が軽くなり、お気持ちが楽になって頂きたい
 と思っています。療法や症状を、ご遠慮なくご相談下さい。
 電話 フリーダイヤル: 0120-700-704
 電話 I P:050-3386-5291(OCNドットフォン)
   (OCNグループからの電話料が無料です) (無料プロバイダ一覧)

 電話 06-6342-0015 FAX:06-6342-5757
 矢 お問い合せフォーム はこちらへ
  オルゴール療法研究所_________________________
     大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21階


 このページのトップへ
症状と原因 | 症例 | 療法の実践

いろいろな疾患・症例の分類     オルゴール療法      
呼吸器 気道 肺


循環器・心臓


消化器


脳・脊髄・神経

脳・脊髄・神経 2

心・身 環境


心・身 環境 2


血 液


ホルモン・代謝


アレルギー 免疫


運動器・外傷


運動器・外傷 2


皮 膚


泌尿器


目・耳・鼻


口腔・のど・歯あご


胎児・乳・幼児


女性 美容と健康


が ん


複合疾患 改善


犬猫ペットの症例


 back
copy right (c)日本オルゴール療法研究所 1991 . all rights reserved.