鬱,うつ病,鬱病,鬱症状 解消 改善 オルゴール療法

鬱・うつ病の接し方 言葉のかけ方

周囲の人の理解と温かな愛情が鬱・うつ病患者の回復を助けます。
鬱・うつ病の治療には、家族や職場の人たちの助けが必要となります。鬱・うつ病について正しい知識をもって、理解と愛情で支えてください。鬱・うつ病患者さんに接する際には、次のことに注意しましょう。

鬱・うつ病患者さんと接するためのポイント

1.はげましは逆効果。温かく見守りましょう
”頑張りたくても頑張れない”これが鬱・うつ病の患者さんの悩みです。そのため「頑張って」などいう励ましの言葉はよけいに鬱・うつ病患者さんを追い詰めます。ただ、温かく見守ってあげることが何よりも励ましになるのです。 

2.考えや決断を求めることはやめましょう
鬱・うつ病患者さん自身に決断を迫ることはなるべく避け、「夕食はカレーにしようか」などというふうに、日常生活においてなるべくこちらから提案してあげるようにしてあげましょう。

3.外出や運動を無理にすすめずとにかくゆっくり休ませましょう
鬱・うつ病の治療の基本は休養になります。先ずはゆっくり休ませて、鬱・うつ病患者さんのこころやからだに溜まった疲れをとってあげるようにしましょう。

4.重要な決定は先延ばしにさせましょう
決断力が鈍って、優柔不断になっている鬱・うつ病患者さんに「仕事を休職するかどうか」というような大きな決断を迫るのは鬱・うつ病患者さんを追い込みます。鬱うつ病患者さんが自分で決断するまでゆっくり待ってあげましょう。

5.家事などの日常生活上の負担を減らしてあげましょう
まじめで責任感の強いタイプの鬱・うつ病患者さんが多いために、病状が悪くても無理して家事などしようとしてしまいます。なるべく家族の方が家事などの負担は減らしてあげるようにしましょう。

○次を見る次へ 症状1 鬱病を解消してへ

ホームトップ実践

症例

症状1 鬱病を解消して
症状2 鬱病の抗欝剤が不要になりオルゴールが楽しい
症状3 仕事のストレスから鬱病になりました
症状4 鬱病と診断されて5年が立ちました
症状5 鬱病が始まって3ヶ月間、毎日死の淵にいました
症状6 パソコンで設計図を作る仕事柄鬱病になり休職
症状7 鬱病を解消、趣味のパッチワーク出来るまでに
症状8 鬱病のあせりからパニック障害になりました
症状9 鬱病から脱却して 体験手記
症状10 鬱病を改善して
症状11 つらい看病から笑顔の看病へ
症状12 介護疲れ リウマチ うつ 脱毛 膝関節痛が改善
症状13 あれだけ沈んだ気持ちだったのに


 少しでも症状が軽くなり、お気持ちが楽になって頂きたい
 と思っています。療法や症状を、ご遠慮なくご相談下さい。
 電話 フリーダイヤル: 0120-700-704
 電話 I P:050-3386-5291(OCNドットフォン)
   (OCNグループからの電話料が無料です) (無料プロバイダ一覧)

 電話 06-6342-0015 FAX:06-6342-5757
 矢 お問い合せフォーム はこちらへ
  オルゴール療法研究所_________________________
     大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21階


 このページのトップへ
症状と原因 | 症例 | 療法の実践

いろいろな疾患・症例の分類     オルゴール療法      
呼吸器 気道 肺


循環器・心臓


消化器


脳・脊髄・神経

脳・脊髄・神経 2

心・身 環境


心・身 環境 2


血 液


ホルモン・代謝


アレルギー 免疫


運動器・外傷


運動器・外傷 2


皮 膚


泌尿器


目・耳・鼻


口腔・のど・歯あご


胎児・乳・幼児


女性 美容と健康


が ん


複合疾患 改善


犬猫ペットの症例


 back
copy right (c)日本オルゴール療法研究所 1991 . all rights reserved.