鬱,うつ病,鬱病,鬱症状 解消 改善 オルゴール療法

鬱・うつ病と生活環境 家族

鬱・うつ病患者の状況にもよりますが、鬱・うつ病患者自身が治そうと思えるきっかけとなるのは、家族や周りにいる人のことを信頼できていることです。まず、鬱・うつ病患者の方に対し「いつまでもあなたの味方だから」「あせらなくていいよ」といった言葉で安心と安らぎを与えてあげてください。

鬱・うつ病患者は、心が弱く、本当に自信をなくしているため、すぐに落ち込んだりします。どん底状態にならないように予防するには話を聞いてあげることです。鬱・うつ病患者は夢中で話しているうちに自分の状態が冷静にわかるときがあります。そのときには、相槌をうち、労いの言葉だけをかけてあげましょう。そうすることの繰り返しが鬱・うつ病患者のかすかな自信につながることになり、家族のためにも頑張ろうという気が起きてきます。以前のようになりたいという希望が目覚めるのです。

鬱・うつ病患者に対してやみくもにコミュニケーションを取ろうとしてはなりません。タイミングを計って行いましょう。落ち込んでいると一人でマイナスなことを考えてどん底状態になります。そんな時に声がけをしてあげましょう。どん底状態が続くと体調も悪化します。そうするとどんどん孤立し、コミュニケーションを取りたくても取れない状況になります。また、放っておかれると、自分の存在を否定する考えをおこすので観察していないといけません。

家族の役割は、鬱・うつ病患者を観察しつづけ、自主的に活動しようとする気持ちのときに手を差し伸べてあげることです。決して批判と押し付けの提案はしてはなりません。

○次を見る次へ 症状1 鬱病を解消してへ

ホームトップ実践

症例

症状1 鬱病を解消して
症状2 鬱病の抗欝剤が不要になりオルゴールが楽しい
症状3 仕事のストレスから鬱病になりました
症状4 鬱病と診断されて5年が立ちました
症状5 鬱病が始まって3ヶ月間、毎日死の淵にいました
症状6 パソコンで設計図を作る仕事柄鬱病になり休職
症状7 鬱病を解消、趣味のパッチワーク出来るまでに
症状8 鬱病のあせりからパニック障害になりました
症状9 鬱病から脱却して 体験手記
症状10 鬱病を改善して
症状11 つらい看病から笑顔の看病へ
症状12 介護疲れ リウマチ うつ 脱毛 膝関節痛が改善
症状13 あれだけ沈んだ気持ちだったのに


 少しでも症状が軽くなり、お気持ちが楽になって頂きたい
 と思っています。療法や症状を、ご遠慮なくご相談下さい。
 電話 フリーダイヤル: 0120-700-704
 電話 I P:050-3386-5291(OCNドットフォン)
   (OCNグループからの電話料が無料です) (無料プロバイダ一覧)

 電話 06-6342-0015 FAX:06-6342-5757
 矢 お問い合せフォーム はこちらへ
  オルゴール療法研究所_________________________
     大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21階


 このページのトップへ
症状と原因 | 症例 | 療法の実践

いろいろな疾患・症例の分類     オルゴール療法      
呼吸器 気道 肺


循環器・心臓


消化器


脳・脊髄・神経

脳・脊髄・神経 2

心・身 環境


心・身 環境 2


血 液


ホルモン・代謝


アレルギー 免疫


運動器・外傷


運動器・外傷 2


皮 膚


泌尿器


目・耳・鼻


口腔・のど・歯あご


胎児・乳・幼児


女性 美容と健康


が ん


複合疾患 改善


犬猫ペットの症例


 back
copy right (c)日本オルゴール療法研究所 1991 . all rights reserved.