鬱 うつ病 鬱病改善のご相談はオルゴール療法へ

鬱症状 うつ病 鬱病症状 解消 改善 オルゴール療法

高・低周波が脳幹の機能を改善して恒常性を回復

オルゴールの響きに脳の血流を回復する力があり神経とホルモンの分泌を正常にして自然治癒力で心身を根本から改善する自然療法です。鬱症状 うつ病に顕著な改善が見られ、改善された心身はストレスに対して抵抗力があり、新たな症状をひき起こさない副作用のない優れた療法です。


うつ 鬱病の症状を楽にしているオルゴール療法とは

オルゴール療法は心身の恒常性を取り戻す健康法です。脳を正すことで、自律神経とホルモンの分泌を正常にし、様々の疾患を同時に治癒して行く療法です。「一つ一つの疾患を対処的に治すのではない」と云う言葉は重要な意味を持っています。ほとんどの症状は、自律神経とホルモンの分泌の異常から起こり、血液の循環を悪くし、体温を下げ、白血球が正しく稼働せず、免疫力を失い、一番弱い処に症状として現れます。これが病気です。

それを治す為に一つ一つに処方されます。薬や手術の功罪があって、副作用に苦しみ、生活の悪環境も手伝い、身体を元に戻す力を失っています。オルゴール療法は脳が正しくなれば、身体は良くなるという原理に基づいています。ここに上げる300を超える症例に優れた効果をもたらしていることをみて、オルゴール療法の真の姿を理解して頂きたいのです。

殆どの方が4つ、5つの疾患から解放されている事実を見て下さい。ご自分の一番関心のある症状を個々に理解されて後、全体をご覧になって下さい。その効果の大きさに、オルゴール療法の力をお感じになれるでしょう。そうして本来身体に備わっている自然の治癒力のすごい力も大切であることが判ります。ご自分にも当てはまると思って下さい。気がつかない病気までも良くしていく素晴らしいオルゴール療法がこの世に生まれたことを喜んで下さい。感動の記録もお読みになって勇気を出して取り組んで下さい。 鬱症状,うつ病の症状,参考●複合疾患を改善した感動の記録

鬱病とは

自律神経失調からやる気のホルモンと呼ばれるセロトニン、ノルアドレナリンの分泌の調節が難しくなり、躁・鬱病やパニック障害が引き起こされると云われています。セロトニン、ノルアドレナリンの分泌が多いと躁やパニック症害となり、少ないと鬱病、無表情になる。感情がうまくコントロールされない状態です。

鬱病の症状

夜眠れない。物事の集中力をなくす。記憶出来ない。思い出せない。
食欲がない。肩こり首筋のこり。肩胛骨間の痛み。身体がだるく動きたくない
体重減少。自信をなくし生きていることが無意味に感じる。自殺願望の出現。身体の動きがますます悪くなる。
身体が全く動かなくなる。

鬱病の原因

職場や家庭や地域での長い悩みや不安や不満やトラブルから過度のストレスが感情を支配する脳の異常を引き起こします。又過度のストレスは様々の疾患を起こし、脳幹の異常は自律神経の不調をきたして心身の恒常性を壊し気分障害・鬱病をもたらします。次のようなあらゆる物事が過度のストレスに繋がります。

@家族の不和、家庭内暴力など家庭内トラブル
A子供の通う学校への不登校・登校拒否の悩みから
B担任の先生とうまく行かない。又学級でのいじめから
C引っ越し先の住民とうまく行かない。都会の水と合わない
D村の古いしきたりに適合しない。村や町内のいじめ。
E職場でのトラブル、配置転換からの無理、人間関係のこじれ
F職場の将来性の不安、失業不安、リストラ対象、
G電磁波過敏や化学物質症候群などの体調不振から
Hパニック障害や不安神経や強迫性障害など心的障害から
Iその他の内臓疾患から

自律神経系を正常にして、真のリラクセーションを早いタイミングで起こして、鬱病を克服して下さい。オルゴール療法は鬱病やパニック障害に有効な手段だと思います。オルゴール療法の要素は響きと音楽と美しさです。オルゴール療法を実践してみて下さい。 鬱症状,うつの症状,関連●パニック障害へ

鬱病の解消のしくみと療法の効果

第1番目に先ず自律神経失調を正常にします。
第2番目に交感神経の優位から全身の血行を良くし温めます。
第3番目に胃腸など消化器系を正しくし栄養摂取をします。
第4番目にホルモンの分泌を正しくします。

身体に受けた信号は、脳の視床下部で感知して、神経の中枢である脳幹から全身の神経へ伝達されて、心身の機能が正常に働くように本来出来ています。この仕組みが壊れた状態で多くの疾病が起こります。即ち自律神経系の異常が大きな原因とされています。大きなストレスやショックや人生での心の負担は自律神経の恒常性を壊して、心身に異常を来たします。その結果血行障害やホルモンの分泌の異常を訴えるようになると云われています。鬱病は自律神経失調とホルモンの分泌の異常から起こる疾病と云えるでしょう。

鬱病の解消とオルゴール療法

オルゴール療法では、低・高周波の豊富なオルゴールを聴くことで先ず交感神経を大きく刺激して血液の循環を活発にします。心肺機能を高め酸素と栄養を全身に送り、細胞の活性を行います。

次に徹底的なリラクセーションから副交感神経の優位を導きます。気持ちの良いとき末梢神経から血液中にアセチルコリンという化学物質が流れ血管の壁を柔らかくして栄養と酸素を運ぶ赤血球を末梢血管に運びます。リンパ球を沢山造り、リンパの流れを良くします。老廃物を送り出し、血液をサラサラにし血流を見違える程にします。血液のよどみの解消が心身を爽快にする為に大切です。

真のリラクセーションは成長ホルモンを豊富にします。脳幹は全身の主立った30種類を超えるホルモンの分泌が正しく行われているかどうかを監督する重要な働きをします。

オルゴールの響きにある高・低周波は脳幹を刺激し、血流を促進し、自律神経を正しくする為のコントロールを行います。ホルモンの分泌が正しく行われているかどうかを監督し全身の調節を行います。従って脳幹を正しくすることが重要であることが判ります。その原理を基にしたオルゴール療法が沢山の症状を改善しています。

鬱病の解消とオルゴール療法の特性

高・低周波の響きと、楽しい音楽と、美しい音色です。オルゴール療法は恒常的な心身をつくることを目的とします。脳を正常にすることで、心身の恒常性を保つ、根本の療法と云えましょう。予防医学の面からも優れた効果の期待できる真の健康法と云えると思います。鬱病は勿論ですが、パニック障害や様々の精神性の負担から起こる疾病などにもお試しになって下さい。良い効果が期待出来ましょう。 鬱うつ症状,関連●自律神経失調へ

○次を見る 次へ  症状1 鬱病を解消してへ

ホームトップ実践

症例

症状1 鬱病を解消して
症状2 鬱病の抗欝剤が不要になりオルゴールが楽しい
症状3 仕事のストレスから鬱病になりました
症状4 鬱病と診断されて5年が立ちました
症状5 鬱病が始まって3ヶ月間、毎日死の淵にいました
症状6 パソコンで設計図を作る仕事柄鬱病になり休職
症状7 鬱病を解消、趣味のパッチワーク出来るまでに
症状8 鬱病のあせりからパニック障害になりました
症状9 鬱病から脱却して 体験手記
症状10 鬱病を改善して
症状11 つらい看病から笑顔の看病へ
症状12 介護疲れ リウマチ うつ 脱毛 膝関節痛が改善
症状13 あれだけ沈んだ気持ちだったのに
症状14 今までの不調が信じられないくらい良く眠れるように

 少しでも症状が軽くなり、お気持ちが楽になって頂きたい
 と思っています。療法や症状を、ご遠慮なくご相談下さい。
 電話 フリーダイヤル: 0120-700-704
 電話 I P:050-3386-5291(OCNドットフォン)
   (OCNグループからの電話料が無料です) (無料プロバイダ一覧)

 電話 06-6342-0015 FAX:06-6342-5757
 矢 お問い合せフォーム はこちらへ
  オルゴール療法研究所_________________________
     大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21階


 このページのトップへ
症状と原因 | 症例 | 療法の実践

いろいろな疾患・症例の分類     オルゴール療法      
呼吸器 気道 肺


循環器・心臓


消化器


脳・脊髄・神経

脳・脊髄・神経 2

心・身 環境


心・身 環境 2


血 液


ホルモン・代謝


アレルギー 免疫


運動器・外傷


運動器・外傷 2


皮 膚


泌尿器


目・耳・鼻


口腔・のど・歯あご


胎児・乳・幼児


女性 美容と健康


が ん


複合疾患 改善


犬猫ペットの症例


 back
copy right (c)日本オルゴール療法研究所 1991 . all rights reserved.