痛風改善のご相談はオルゴール療法へ

痛風・痛風発作 解消 改善 オルゴール療法

高・低周波が脳幹の機能を改善して恒常性を回復

オルゴールの響きの中に私たちの脳の血流を回復する力があり神経とホルモンの分泌を正常にして自然治癒力で心身を根本から改善する自然療法です。どのような異常にでも何らかの改善が見られ、根本から改善された心身は生活習慣や環境などから来るストレスに対して抵抗力があり、新たな症状をひき起こさない優れた健康法です。


オルゴール療法は心身の恒常性を取り戻す優れた健康法です。脳を正すことで、自律神経とホルモンの分泌を正常にし、様々の疾患を同時に治癒して行く療法です。疾患を対処的に治すのではないのです。それは大変重要な意味を持っています。ほとんどの症状は、自律神経とホルモンの分泌の異常から起こり、血液の循環を悪くし、体温を下げ、白血球が正しく稼働せず、免疫力を失い、一番弱い処に症状として現れます。これが病気です。

それを治す為に一つ一つに処方されます。薬や手術の功罪があって、副作用に苦しみ、生活の悪環境も手伝い、身体を元に戻す力を失っています。
オルゴール療法は「脳脳幹を正しくすれば疾患は解消する」という原理に基づいています。ここに上げる500を超える症例の全てに優れた効果をもたらしていることを観て、オルゴール療法の真の姿を理解して頂きたいのです。

殆どの方が4つ、5つ、多い方は15の疾患から解放されている事実を見て下さい。ご自分の一番関心のある症状を個々に理解されてのちに、全体をご覧になって下さい。その効果の大きさに、オルゴール療法の力をお感じになれるでしょう。そして本来身体に備わっている自然の治癒力を理解して下さい。ご自分にも当てはまると思って下さい。気がつかない、検査に掛からない疾患までも改善して行くオルゴール療法がこの世に出たことを喜んで下さい。

お気持ちを明るくすることもご指導します。血液に流れる物質の違いから症状を早く改善します。又感動の記録もお読みになってご自分に当てはめてみて下さい。 全ての症例は直接・間接に深く関わりを持っています。希望を持って取り組まれることをお勧めします。

療法に参加されている方は、とても明るく取り組まれています。安心してご参加下さい。改善された方やその途上の方からの貴重なアドバイスもお役にたちましょう。  痛風症状・痛風発作の症状 参考 ● 複合疾患を改善した感動の記録

痛風・痛風発作の症状

発作の症状は半数以上が、親指の付け根に激しい痛みが起こり、その後赤く腫れが起こります。この痛風発作が反復して起こり、1,2週間で痛みはなくなります。痛風結節は尿酸塩の為に起こります。血液中の尿酸値が高くなります。進行すると骨に異常が見られるようになります。

痛風・痛風発作の起こる原因

尿酸値が高くなると起こる痛風は、細胞が新しく生まれ変わる時に、即ち、細胞の新陳代謝によって出される老廃物の一つです。この体内の尿酸は腎臓を通して尿中に出されて体外に排泄されます。

このバランスが崩れて尿酸が多く体内にたまることで高尿酸結晶を起こし、尿酸が関節や、その周辺に尿酸結晶として沈着して、その為に痛風発作を起こします。これが痛風です。高尿酸結晶は痛風他の合併症としては尿路結石、腎障害、血管障害、心筋障害などです。

痛風・痛風発作に対するオルゴールの優れた働き

第1番目に先ず自律神経を正常にすること。交感神経は血行を良くします。
第2番目に副交感神経を優位にしてリラクセーションから末梢血管に酸素と栄養を運びます。
第3番目にホルモンの分泌を正しくして心身のバランスを正します。     ● オルゴール療法の原理・オルゴールと病気へ

痛風・痛風発作とオルゴール療法の特質

1.オルゴール療法では、脳幹に届く低・高周波の豊富な響きを持つオルゴールを聴くことで先ず交感神経を大きく刺激して血液の循環を活発にします。心肺機能を高め酸素と栄養素を末梢血管に送り込み、細胞の活性化を行います。血流とリンパの流れを良くして余分の皮下脂肪を取り、正常な皮膚にして行きます。

2.次に脳幹を正しくして自律神経と体性神経を正常にして、体内の筋力、臓器の力を強くします。

3.真のリラクセーションは成長ホルモンを豊富にして体内の余分のタンパク質や脂質を燃焼させる大切な働きを持っています。又成長ホルモンは細胞を新しくして臓器を活発にします。神経細胞や筋肉や皮膚や骨の細胞にも深く関わります。

4.オルゴールの響きにある高・低周波は脳幹を刺激し、血流を促進し、自律神経を正しくする為のコントロールを行います。ホルモンの分泌が正しく行われているかどうかを監督し全身の調節を行います。従って生命を維持する脳、心身のバランスをとる脳幹を正しくすることが痛風・痛風発作や膝関節や腰痛を治す為に最も大切です。
            ● 原理:脳幹の働きへ

5.これは良い方の副作用ですが、オルゴールを聴くと痛みが無くなることが多く検出されています。視床痛や肺ガン末期症状や歯痛など当研究所で実証されています。脳内ホルモン・ベータエンドルフィンは、鎮痛の役目をすることが医学界で発表されています。オルゴールの持っている強烈な響きと音楽がこの役目を持っていると考えられます。

オルゴール療法の特性

高・低周波の響きと、楽しい音楽と、美しい音色です。オルゴール療法は恒常的な心身をつくることを目的とします。脳を正常にすることで、心身の恒常性を保つ、根本の療法と云えましょう。予防医学の面からも優れた効果の期待できる真の健康法と云えると思います。通風が出なくなるまで毎日お休みにオルゴールを15分間聴き、免疫力を強くして下さい。安眠も出来て、痛風・痛風発作にも良い効果が期待出来ましょう。


 オルゴール療法や 痛風症状・痛風発作の症状作の症状について何でもご相談下さい。
 電話マーク フリーダイヤル: 0120-700-704
 電話マーク I P 電 話:050-3386-5291(OCNドットフォン)
   (OCNグループからの電話料が無料です)(無料プロバイダ一覧)

 電話マーク 06-6342-0015   FAX:06-6342-5757
 電話マーク お問い合せフォーム はこちらへ
  オルゴール療法研究所_________________________
    大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21階

 このページのトップへ

痛風 痛風発作  症状と原因 症例実践
いろいろな疾患・症例の分類     オルゴール療法      
呼吸器 気道 肺


循環器・心臓


消化器


脳・脊髄・神経

脳・脊髄・神経 2

心・身 環境


心・身 環境 2


血 液


ホルモン・代謝


アレルギー 免疫


運動器・外傷


運動器・外傷 2


皮 膚


泌尿器


目・耳・鼻


口腔・のど・歯あご


胎児・乳・幼児


女性 美容と健康


が ん


複合疾患 改善


犬猫ペットの症例


 back
copy right (c)日本オルゴール療法研究所 1991 . all rights reserved.