小児アトピー性皮膚炎の症状 対策 対処法 解消 改善 オルゴール療法  

小児アトピー性皮膚炎の症状 対策 対処法 解消 改善 オルゴール療法

オルゴールの高・低周波が脳幹の機能を改善して恒常性を回復

3曲144弁 「アンボイナ」

オルゴールの響きの中に私たちの脳の血流を回復 する力があり神経とホルモンの分泌を正常にして自 然治癒力で心身を根本から改善の自然療法です。 どのような異常にでも何らかの改善が見られ、根本 から改善された心身は生活習慣や環境などから来 るストレスに対して抵抗力があり新たな症状をひき 起こさない優れた健康法です。

小児アトピーアトピー性皮膚炎をオルゴール療法で改善

症例1 小学6年生の息子はひどいアトピー性皮膚炎でした

 「去年の10月からアトピー性皮膚炎がひどく、足の裏と肘の内側が真っ赤に 腫れています。特に足の裏は象の皮膚のようで、痒さを通り超して、とても痛 がります。お風呂に入った時は特にひどい状態で真っ赤になっていて、痛がり、 可哀想でなんとかしてやりたいと思い、背中の貼り薬と飲み薬を頂いていました。

オルゴールが自律神経を正しくしてくれると 聞いて、初め、私のパニック障害に取り入れましたました。3週間ほどで、私のパニ ック障害の動悸が、全くなくなったのには驚きました。それで息子のアトピー 性皮膚炎にも、きっと効果があるに違いないと思って、食卓の上にオルゴールを 置いて、食事中も鳴らすことにしました。リビングで、マンガを見ているとき も、いつも部屋中にオルゴールのカノンをかけ放していました。

3日くらい経ったとき、あれっ!と気が付いたのです。あれほど痛がって、 泣きそうなほど痛がっていたのに、一切痛いと言わなくなって、真っ赤な腫れがひいて、皮膚もきれいにな っています。息子のアトピー性皮膚炎がぴったりと止まったのです。あの状況 からしたら、劇的にと云うほどにです。しばらく信じられなかったのですが、 オルゴールしか考えられません。

すぐに研究所に 報告しました。『部屋を閉め切り、暖房を入れ、身体が過保護になりすぎて、 アレルギー性の体質が増えているのです。自律神経を正常にすれば、ほとんど の子供のアレルギー性の皮膚炎も、ぜん息も解消されるのです』と言われました。 そう言えば、息子は風邪を引いたときは、いつもぜーぜーと、ぜん息が始まります ので、それも治ってくれれば有り難いと思っています。

みんな病気を解消して くれればこれほど嬉しいことはありません。オルゴールを今とても 有り難いと思っています。他の人が、薬も使わず、オルゴールで病気を治してい ると聞かされても、すぐには信じられなかったのですが、今は、その有り 難さに、感謝でいっぱいです。」  2004/2/20  横浜市在住の女性から

 「あれ以来、子供の足を見ても何にもありません。なんにもないよ!って感じです。 すべすべしてきれいです。10月以来の真っ赤な肌が嘘のようにひいています。 医院に連れて行きましたが、『どこにアトピー性皮膚炎が出ていたの?』と探す ほどに何にもないのです。ステロイド薬だとこんなにきれいになることは今まで なかったですから、嬉しさいっぱいです。」 T.T. 2004/2/23 

   「子供は『オルゴールを聞くと身体が熱いもんね、良く効くんだ』と云って 自分からオルゴールを抱えて聞くようになりました。長男が分かってくれたことが とても嬉しいです。子供は素直に、きれいに脳に伝わるのかも、赤ちゃんなら もっと早いのかも知れないと思います」 2004/3/14

「あれだけきれいに治っていたと思っていたこどものアトピー性皮膚炎が又、 少しですが、腕の内側に出て来てあわてました。そう言えば、オルゴールを聞く のを少しやめていたからかと思い、すぐに子供のいる傍で聞かせました。翌日 には、何もなくなりました。研究所の云われるように体質が変わるまで続ける のが良いのでしょうか?それにしてもどうしてこんなにオルゴールを聞くだけ できれいに退いていくのでしょうか?不思議でなりません」 2004/3/26

  コメント 「喘息もアトピー性皮膚炎も症状は違いますが、共通の根源を持っています。即ちアレルギー性の 体質です。今の内に自律神経を正しくして、免疫力を正常にしておけば、大人になって まで引きずらなくて済みましょう。

お風呂は塩素が強く、赤ちゃんや子供を一番にせず、大人が 先に入ると中和するそうですが、昔から云われている通り、新しい湯を使うと身体か ら脂が出て行くので子供にはきつく、大人から入る習慣がありましたが、最近は赤ちゃんから きれいなお湯を使う為に、一番風呂を赤ちゃんが使うことが多くなりました。小児アトピー・こどものアトピ ー性皮膚炎が急増している現在では、昔に戻す必要があるように思います」

「乳幼児期のアトピー性皮膚炎は早い時期に収束するのが一般的ですが、3歳になっても脱却 出来ず、小学生にまで長引かせます。この年代のアトピー性皮膚炎は、赤ちゃんの小児アトピーアトピー 性皮膚炎とは、本質的に違うのではないかと見ています。即ち、お風呂を使った後で真っ赤に なったり、閉室の強い冷暖房などにより、一時的に真っ赤になるだけのアトピー性皮膚炎 より、小学生の年齢で発症しているこどものアトピー性皮膚炎は、症状がひどい場合が多い と感じています。

上の症例でも解りますが、『足の裏はぞうさんのようにごわごわ』だと報告されて います。このアトピー性皮膚炎が大人にまで引きずる性質のものだと思います。一時的に症状が 収まっても体質として、内在し、大人になって発症、見え隠れしています。

大人のアトピー性皮膚炎でも触れましたが、オルゴール療法で早い時期に症状は消えますが、 体質を変える必要性から、半年、1年と療法を続けることが大切だと思います。

 小児アトピーアトピー性皮膚炎が急増していますので、一般のアトピー性皮膚炎のサイトから 小児アトピー・こどものアトピー性皮膚炎を独立させて経過報告をします。

例2 生後7ヵ月の娘は顔にひどいアトピー性皮膚炎で痛がりました

「新生児の頃に顔に湿疹が出ました。3ヶ月頃から湿疹がひどくなり、小児科に 掛かりましたが、益々ひどくなり6ヵ月頃から頬から黄色い汁が出てただれ、夜も 1時間毎にかゆがって泣くようになりました。

ステロイドも使いたくなかったのですが、 小児科で処方され、塗り始めましたが、しばらくすると、すぐにひどくなりましたので、 大学病院の皮膚科に行きましたが、そこでもステロイド処方でした。湿疹は更に拡がり 1ヵ月になります。かゆみも相変わらずでしきりにこすり痛がりますので、頬に薬を 塗布してネットをかぶせています。生まれた時から手足が冷たく気になっていました。

ホームページで小児アトピーの症例をみて、これは効くかもしれないと直感しました。 オルゴールは高価でしたが、申し込んで、オルゴール療法を4月5日から始めました。 しかし1ヵ月経っても何の変化もなく、不安になって研究所に尋ねました「個人差もあります ので、根気よく続けるように」と励まされました。

2ヵ月経った6月の初め頃から症状が 極端に良くなってきて、掻くと血だらけになっていたのが少なくなりました。

7月からぐっと良くなりました。頭や頬に掛けていた薬を塗ってかぶせていたネットが 要らなくなりました。すっきりしました。今首のところに少しかゆみが残っている程度で、 あのひどいほっぺたの症状が全くなくなりました。研究所が言われたように、どこに アトピーが有ったのかと思う程にきれいになりました。嬉しくて、研究所にお礼の電話を かけました。

オルゴール療法を始めて1ヵ月目に不安になってホントに治るのかと思い 他の人はすぐに快復に向かい、信じられないとか、奇跡的とか言われて喜んでおられる のは、娘には効果がないのかと心配しましたが、今嘘のようです。やっぱり凄い療法だった と喜んでいます。アトピー性だと思いますが、アデノイド肥大と診断されて強いいびきをかいて いましたが、それも同じ時期に治まっています。薬も飲まず、何もしていませんからオルゴール のお陰だと思います。オルゴールを聞くだけであのひどい子供のアトピーが治って とても感謝しています。 2004/8/24 

コメント  本当に嬉しいお電話でした。症例1のこども・小児アトピーが3日間で跡形もなく 治ってしまったことも驚きですが、この方の小児アトピー性皮膚炎も3ヵ月で解消したと 聞かされて、安堵とオルゴール療法の凄さを改めて実感したことでした。この方は、 また口蓋扁桃・アデノイド肥大で強いいびきに苦しまれました。関連性がありますので 参考症例をご参考にして下さい。 小児アトピー性皮膚炎 関連症例 ● 口蓋扁桃・アデノイド肥大

 アトピー性皮膚炎に対するオルゴール療法

 ● 小児アトピー 新ページへ

− 優れたオルゴール療法 −

オルゴール療法は心身の恒常性を取り戻す健康法です。薬を使わず、脳を正 すことで、自律神経とホルモンの分泌を正常にし、様々の疾患を同時に治癒し て行く療法です。「一つ一つの疾患を対処的に治すのではない」と云う言葉は 重要な意味を持っています。ほとんどの症状は、自律神経とホルモンの分泌の異常 から起こり、血液の循環を悪くし、体温を下げ、白血球が正しく稼働せず、 免疫力を失い、一番弱い処に症状として現れます。これが病気です。

現代医療では、 それを治す為に一つ一つに処方されます。薬や手術の功罪があって、副作用に苦し み、生活の悪環境も手伝い、身体を元に戻す力を失っています。 オルゴール療法は脳が正しくなれば、身体は良くなるという原理に基づ いています。ここに上げる500を超える症例の全てに優れた効果をもたらし ていることを見て、オルゴール療法の真の姿を理解して頂きたいのです。

1病名毎では治癒例は少ないですが、殆どの方が4つ、5つの疾患から解放され ている事実をご覧になって下さい。ご自分の一番関心のある症状を個々に理解 されて後、全体をご覧になってみて下さい。その大きさに、広さに、本来身体に備わっている 自然の治癒力をお感じになれるでしょう。ご自分にも当てはまると思っ て下さい。気の付かない病気までも改善する優れたオルゴール療法です。
             小児アトピー性皮膚炎 参考 ● 複合疾患を改善した感動の記録

○ 健康月刊雑誌「はつらつ元気・7月号」にオルゴール療法紹介
「耳鳴りやめまいが次々に治るオルゴール療法」として6ページで特別レポートされました。 体験談として「耳鳴りや偏頭痛の解消、肩と首のこり改善、動悸とめまいが解消」 など高血圧や糖尿、リュウマチの改善されている現状が記事になっています。  2004/6月2日発売、芸分社、124ページに掲載

○ テレビ放映 「からだ元気科」 日本医師会後援 製作・日本テレビ
5月27日(金)11時〜11時25分 全国放送  日本テレビ 「からだ元気科」 日本医師会後援   毎週テーマを1つ取りあげ専門医の解説を加え  その予防・治療を紹介する医療専門の番組です。
 今回は「頭痛」の原因とされる「ストレス」の対処改善法の一つとして当療法が取りあげられました。

○ 大阪府医師会報掲載 「Vol.322平成14年9月号」 
大阪府医師会報にご掲載頂きました。オルゴール療法の概略と橋本病、鬱病、筋無力症、リウマチ症状、 口内炎など5つの症例を上げました。涌井耳鼻咽喉科の院長先生は「通常では有効な治療法が確立 されていない、難病やそれに類する症例に対しても確実な臨床的成果を上げられつつあります。ストレス時代に おいて、ますます需要を増大させている心身医学における 無視できない手法のひとつとして今後の発展が期待されます」とご紹介を頂きました。

療法1 小児アトピー・こどものアトピー性皮膚炎とは

<アトピー性皮膚炎の原因>
外部から身体に入って来る細菌やウイルスを排除して身体を守る働きを免疫と呼んでいます。 この免疫が過剰に反応して、呼吸器や皮膚に異常を起こす病気をアレルギー又はアトピーと 云います。遺伝的な体質とも呼ばれ、悪い環境から多く原因として引き起こされ、小児から 喘息やアトピー性皮膚炎を大人にまで長引かせています。

オルゴール療法は、オルゴールの低・高周波が主に自律神経系やホルモンの分泌を正しくする脳幹の血流を促して生体の 本来の姿に戻していく課程で、アトピー性皮膚炎などの発疹や皮膚の異常を解いているようです。 オルゴール療法を始めると、直ぐに好転反応を見て喜ばれますが、体質を改善する必要からおよそ6ヶ月を掛けて、 ほぼ本来の姿になり、用心の為に約1年を掛けて 療法を続けることをお勧めしています。

完治された後は、快適に過ごされています。検証が遅々として進みませんが、脳を正しく することで心身全体を本来の体質に改善していくと考えています。副作用もリバウンドもない、自宅で継続出来る優れた治療法だと 喜ばれています。症例がご参考になると思います。

<小児・こどものアトピー性皮膚炎が正常になる課程>
脳幹がホルモンの分泌を正しくして、皮膚に潤いを与え、皮膜を作ってかゆみを取ります。オルゴール療法は体温を上げ、 全身の血行を良くするために血色がよくなり一時的にかゆみを感じること がありますが、これも次第に取れて行きます。身体を自然に戻していくオルゴール療法は、自然治癒療法なのです。  ● オルゴールと病気

療法2 小児アトピー・こどものアトピー性皮膚炎に対する方向付け

第1番目に先ず自律神経失調を正常にすること。
第2番目交感神経の優位から全身の血行を良くします。
第3番目に胃腸など消化器系を正しくして栄養摂取をします。
第4番目にホルモンの分泌を正しくし、心身の自然の治癒力を引き出します。

身体に受けた信号は、脳の視床下部で感知して、神経の中枢である脳幹から全身の神経へ伝達されて、 心身の機能が正常に働くように本来出来ています。この仕組みが壊れた状態で多くの疾病が起こります。即ち自律神経系の 異常が大きな原因とされています。大きなストレスやショックや人生での心の負担は自律神経の恒常性を壊して、 心身に異常を来たします。その結果血行障害やホルモンの分泌の異常を訴えるようになると云われています。 アレルギー性結膜炎や鼻炎も同じように、アトピー性皮膚炎も免疫性の異常から来る疾患とされています。  ● 脳波に及ぼす影響

療法3 小児アトピー・こどものアトピー性皮膚炎とオルゴール療法

オルゴール療法では、強い響きのオルゴールを聴くことで先ず交感神経を大きく刺激して血液の循環を活発に します。心肺機能を高め酸素と栄養を全身に送り、細胞の活性を行います。

次に徹底的なリラクセーションから副交感神経の優位を導きます。気持ちの良いとき末梢神経から血液中にアセチルコリン という化学物質が流れ血管の壁を柔らかくして栄養と酸素を運ぶ赤血球を末梢血管に運びます。リンパ球を沢山造り、 流れを良くします。

真のリラクセーションは成長ホルモンを豊富にします。脳幹は全身の主立った30種類を超える ホルモンの分泌が正しく行われているかどうかを監督する重要な働きをします。
オルゴールの響きにある高・低周波は脳幹を刺激し、血流を促進し、自律神経を正しくする為の コントロールを行います。ホルモンの分泌が正しく行われているかどうかを監督し全身の調節を行います。従って脳幹を 正しくすることがとても大切であることが判って来ました。その原理を基にしたオルゴール療法でアトピー性皮膚炎 のような病気を治しています。  ● 優れたオルゴール療法

療法5 小児アトピー・こどものアトピー性皮膚炎とオルゴール療法の特性

高・低周波の響きと、楽しい音楽と、美しい音色です。オルゴール療法は恒常的な心身を つくることを目的とします。脳を正常にすることで、心身の恒常性を保つ、根本の療法と云えましょう。予防医学の面からも 優れた効果の期待できる真の健康法と云えると思います。アトピー性皮膚炎は勿論ですが、 慢性関節リュウマチや膠原病などにもお試しになって下さい。良い効果が期待出来ましょう。 小児アトピー性皮膚炎 関連症例 ● 慢性関節リュウマチへ  小児アトピー性皮膚炎 関連症例 ● アレルギー性鼻炎へ

 

小児アトピー・こどものアトピー性皮膚炎・オルゴール療法の実践

それでは、オルゴール療法をご一緒に進めて行きましょう。これ以上 小児アトピー・こどものアトピー性皮膚炎で苦しむのを終わりにして、薬や手術に頼らずに 小児アトピー・こどものアトピー性皮膚炎から脱却出来ることを夢見て下さい。 オルゴール療法に出会えたことを感謝する日がきっと来ましょう。

オルゴールが今の苦しみをすくってくれるのだろうか? 「音楽で病気が癒える、音楽を聴くと気持ちがいい!と解るが、 オルゴールでそれ以上のことが出来るのだろうか? そんな夢のような療法があるのだろうか? 

 オルゴール療法では、自律神経を正しくして血流を上げること、 生活環境から起こる不必要な悩みや、ストレスを乗り越えることです。 恒常性を取り戻す為にご一緒に進めて行きましょう。

■ 始めに、 オルゴール療法のQ&Aを読んでみましょう。

オルゴール療法への初歩的な疑問を少し解いて頂くために、低周波や高周波と 脳幹の関係や小児アトピー・こどものアトピー性皮膚炎とオルゴール療法とをもっと深く理解されることが必要です。 ●よくあるご質問

■ メールで小児アトピー・こどものアトピー性皮膚炎の症状を送って下さい

「オルゴール小児アトピー・こどものアトピー性皮膚炎が治るの?」と不安をお持ちでしょう。 お信じになれないのは無理もありません。当研究所へお尋ねになると、 疑問や不安を軽くすることに役立ちます。 小児アトピー・こどものアトピー性皮膚炎へのご返事をします。又お電話で研究所に相談下さるのも良いです。

■ 「オルゴールは脳に効くCD付」1,680円 実業の日本社刊をお近くの書店に注文しましょう。なぜこれ程にオルゴールの響きが効果があるのか?良くこれだけの疾患が改善している!その原理と改善例を上げて 詳細にしかも解りやすく解説してあります。

 ご認識を深める為に貴重な本です。療法に使用するオルゴールの曲をCDで9曲聞くことができます。迫力ある録音です。オルゴールの生の凄い響きをご想像してください。 小児アトピー・こどものアトピー性皮膚炎の改善にきっとお役に立ちます。   ●「オルゴールは脳に効くCD付」

■ 大阪・梅田の「オルゴール療法の実践」に参加しましょう。
  首都圏は横浜・元町の実践に参加しましょう。予約をしてください。

「オルゴール療法の実践」に参加されることを、お勧めします。
続けて受療されると、ご自身で好転反応を確認出来ましょう。遠い方も一度は体験され、 原理を習得されてのちに、ご自宅で小児アトピー・こどものアトピー性皮膚炎の改善の為に療法を実践しましょう。効果的な オルゴール療法をお教えします。

■ 個別相談・療法をお奨めします 

初めにオルゴール療法の個別療法に参加して下さい。小児アトピー・こどものアトピー性皮膚炎改善には もっと効果的な聞き方が必要です。それをご理解されるために、初めに個別相談と療法を 受けられてから後に、午前のグループ療法に参加しましょう。カウンセリング(秘密厳守)と療法を体感して頂きます。 ご同伴可能です。


月曜日を除く(祝祭日開館)毎日の午後2時と4時から各1時間半、お一人5,000円 お付添いは無料。 ※お早めにご予約下さい。
●療法の開催スケジュール

■ オルゴール個別療法もグループ療法も予約が必要です。

月曜を除く(祝祭日開館) 毎日午前10時30分から12時までの1時間半、グループ療法を実践 します。当日広い目で厚手のタオルをご持参下さい。

○大阪梅田のオルゴール療法に参加 地図:行き方
○横浜元町のスケジュール
  ○横浜元町の地図

■ オルゴール療法用のオルゴールと専用の共鳴箱の購入
スイス製72弁オルゴールと共鳴箱

 当研究所で手に入るオルゴール療法用のオルゴールは、スイスに特注される特殊なオルゴールです。 さらに当調整室にて、摩耗の激しいダンパーを全量張り替えるなど療法用に再調整されるものです。 専用の共鳴箱を使用することで響き(デシベル)を強くして効果を上げています。
 世界で市販されているオルゴールとは響き、音色が大きく異なると思って下さい。 『療法用に再調整されたオルゴールがこんなにも響きも音色も違うもの!』と多くの方が驚かれます。 大阪や横浜の当研究所で聞き比べられると良いのですが。その違いが良くお判りになり、効果を確信出来ると思います。

 当研究所でこの数年間で効果の上がった500症例の疾患と疾患名のつかない症状2000症例は 主にこのローズREー5650を使用した方々のものです。小児アトピー・こどものアトピー性皮膚炎の症状を改善するために 効果のあるオルゴールを選んでいただきたいと思います。 大阪府医師会報にも取り上げられました。またある国立の大病院の総長先生が 『当病院で取り上げたい』と言われる程の優れた療法です。
小児アトピー・こどものアトピー性皮膚炎など症状に効果のある療法を取り入れて頂きたいと思います。改善された方々が 『研究所のスイスオルゴールを手に入れて良かった。オルゴールは凄い。一生お付き合いします』と述懐されています。

■ オルゴールをいつも身近に置かれると良いと思います。小児アトピー・こどものアトピー性皮膚炎に、 食欲の無いときも、胃の痛む時も、風邪の予防にも、がんの再発予防にも、自律神経が異常に なる前に、いつもオルゴール療法を思い出して下さい。身体がどんどん良くなって行く ときの感覚を思い出して下さい。

オルゴール療法は副作用もリバウンドもありません。 美しい音色と響きで小児アトピー・こどものアトピー性皮膚炎の苦しみを解き、真の健康を思って下さい。 きっとオルゴールがこの世にあって良かったと思えるようになりましょう。 高価な為にお手に入れにくいと思います。又手に入りにくいですが、療法の為に 再調整される貴重なオルゴールです。希望を持って下さい。    参照 ● 療法にお勧めのオルゴール

■ 少しでも小児アトピー性皮膚炎の症状が軽くなり、お気持ちが楽になって頂きたいと思っています。 何かお役に立つことがあるかも知れません。ご遠慮なく連絡してみて下さい。

 ○ フリーコール:0120-700-704 電話料が無料です
 ○ I P 電 話:050−3386−5291(OCNドットフォン)
  (同じOCNグループからのお電話は電話料が無料です) (無料接続プロバイダ一覧)

 ○ 電話:06−6342−0015  ○ FAX:06−6342−5757
 ○ お問い合せフォームはこちらへ     オルゴール療法研究所
            大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21階

TOP |  このページのトップへ

東京:0800-800-2512
大阪:0120-700-704
横浜:045-663-1527
福岡:092-409-2700

いろいろな 改善 症例 分類   (2カラム)    オルゴール療法      
呼吸器 気道 肺

循環器・心臓

消化器

脳・脊髄・神経

心・身 環境

心・身 環境 2

血 液

ホルモン・代謝

アレルギー 免疫

運動器・外傷

運動器・外傷 2

皮 膚

泌尿器

目・耳・鼻

口腔・のど・歯あご

胎児・乳・幼児

女性 美容と健康

が ん

複合疾患 改善

Copy Right (C)日本オルゴール療法研究所 1991 . All Rights reserved.