食欲不振 食欲減退 対策 対処法 解消 改善   オルゴール療法  

食物アレルギー 対策 対処法 解消 改善   オルゴール療法

オルゴールの高・低周波が脳幹の機能を改善して恒常性を回復

3曲144弁 「アンボイナ」

オルゴールの響きの中に私たちの脳の血流を回復 する力があり神経とホルモンの分泌を正常にして自 然治癒力で心身を根本から改善の自然療法です。 どのような異常にでも何らかの改善が見られ、根本 から改善された心身は生活習慣や環境などから来 るストレスに対して抵抗力があり新たな症状をひき 起こさない優れた健康法です。

食欲不振・食欲減退を オルゴール療法で改善

仕事のストレスから食欲不振を起こしました。  

「仕事のストレスから食欲不振を起こしました。身体はやせて行き、力がでません。仕事は何とか続けていますが、 胃のむかむか感が取れず、その内胃潰瘍の診断を受け、2003年の4月に10日間の入院をして胃潰瘍の手術をしました。

胃酸の分泌が異常に多く、胃壁を痛め胃潰瘍を起こしていると診断されました。低血圧もあり、8月からオルゴール療法に 参加することになりました。8月の末に2回目の療法で2時間近くオルゴールの響きがとても気持ち良く、身体が温かくなり、 途中からお腹がごろごろと鳴り、終わって、極端にお腹が空きました。

療法に通う度に、日頃はお腹などゴロゴロ鳴ることもないのに、ゴロゴロ鳴り、胃腸が動いている感じなのです。胃の調子が とても良く、むかむかしなくなりました。毎日の胃薬が減りました。療法に参加する度に、お腹が空き、食欲が出ます。 『早く太って元気になりたい一心です』胃痛がなくなり、食欲不振から抜け出せたらと、そればかり考えます」 R.I. 20代の女性 2003/10 

食欲不振に陥り、橋本病と診断され、肉も脂物もだめでした

 「何故こんなに食べられないのかふしぎでした。お肉は全然胃が受け付けてくれず、まして油っこいものは一切だめで した。身体が日増しに衰えていくのが自分でも判りました。 オルゴール療法に通い始めて、1ヶ月ほど経ったときに、胃の調子が極端にスッキリ してきました。ステーキを食べてもフライドチキンをたらふく食べてもなんともありません。「橋本病は、一生こんな状態です」 と云われて一日泣き明かしたのが嘘のようです。オルゴール療法に感謝しています。

食欲不振から解放され、胃の調子が良く、その上、体重が6キロやせました

「血行不良と疲労から食欲不振に陥り食欲があまり有りませんでした。オルゴール療法に通う内に食欲が戻り ました。身体の血液の循環がとても良くなったせいか汗をかくようになりました。そして体重が6キロ近くやせました。 身体が軽い感じなのです。食事は贅沢をしていません。なにも食事の内容は変えていないのに、身体がとても 軽くなりました。とても嬉しいです。

手術後の食欲不振から解放され、胃の調子が良くなりました  

 「甲状腺の手術をしましたが、食欲不振が取れず、いつも胃の調子がおかしいのです。疲れやすく、 下痢と便秘もあります。オルゴール療法はお友達のご紹介です。療法の終わり頃にいつもお腹がゴロゴロ鳴って 恥ずかしい思いをしておりましたが、何回目かくらいから、胃がすっきりした感じになりました。そしてあれだけ 食欲不振だったのに、食事が美味しくなりました。お腹の調子が良くなり、便秘も下痢も気にならなくなりました。 とにかく、オルゴール療法は 全身があったかくなって、来る度に気持ちがいいです」 60才代の女性 S.K. 2003/10/11

食欲不振・食欲減退へコメント:

この1年間のオルゴール療法を受けた多くのクライアントは、決まって『お腹がゴロゴロ鳴る』『お腹がすっきりした』、 『お腹が空いた』『食欲が出た』『食事がおいしい』『身体があったかい、眠たい』と表現しています。これは消化器系が 恒常性を取り戻し ている結果だと考えられます。即ち食道や胃や小腸や大腸の消化管は神経的な影響を受けやすく、ストレスとリラクセー ションは、消化管と直結して影響を与えているからです。

オルゴール療法の脳幹を刺激して自律神経系とホルモンの分泌 を正すことが消化管に強く働きかけています。交感神経の優位は血液の循環を助け老廃物を排出し、更に副交感神経の優位で、 真のリラクセーション引き出し、成長ホルモンを助長して、細胞の活性化を促し、血液の流れを末梢まで運び、酸素と栄養を 体内に潤沢にして、身体を暖めています。リラクセーションは、体内の血液を消化器系に集め、消化と吸収を助けています。

日本人は、世界で最も胃腸の弱い国民だと云われています。古くから農耕民族で肉食を得意としていないからでしょうか?
その体質に合わせて自然の恵みから日本料理が作り出され、世界最高のダイエット食事となりました。近年日本人の本来の 体質が考慮されず、食事の量も増え、西洋並みに甘い物が身近にあり、お肉や脂で炒めたたものも多くなり、胃腸の負担は 益々過剰になりました。

その上環境の悪化は生体の抵抗力を弱め、日々のストレスからも胃腸を痛めて 消化不良を起こします。自律神経系を司る脳幹は許容限度を超えて、食欲不振の合図を送ります。食欲減退を起こして、栄養が 取れず、体重の減少から、疲れやすくなり、元気が出ません。健康補助食品で補おうとしますが、肝心の消化器系が不調で 充分な摂取が出来ない状態です。食欲不振・食欲減退の悪循環は更に別の病気を引き起こしています。

食欲不振 食欲減退と オルゴール療法

− 優れたオルゴール療法 −

オルゴール療法は心身の恒常性を取り戻す優れた健康法です。脳を正 すことで、自律神経とホルモンの分泌を正常にし、様々の疾患を同時に治癒し て行く療法です。疾患を対処的に治すのではないのです。それは大変重要な意味を 持っています。ほとんどの症状は、自律神経とホルモンの分泌の異常 から起こり、血液の循環を悪くし、体温を下げ、白血球が正しく稼働せず、 免疫力を失い、一番弱い処に症状として現れます。これが病気です。

現代医療では、 それを治す為に一つ一つに処方されます。薬や手術の功罪があって、副作用に苦し み、生活の悪環境も手伝い、身体を元に戻す力を失っています。

オルゴール療法は脳が正しくなれば、身体は良くなるという原理に基づ いています。ここに上げる500を超える症例の全てに優れた効果をもたらし ていることを観て、オルゴール療法の真の姿を理解して頂きたいのです。 1病名毎では治癒例は少ないですが、殆どの方が4つ、5つの疾患から解放され ている事実を見て下さい。ご自分の一番関心のある症状を個々に理解 されてのちに、全体をご覧になって下さい。その効果の大きさに、オルゴール療法の 力をお感じになれるでしょう。そして本来身体に備わっている 自然の治癒力のすごい力も大切であることを理解して下さい。

ご自分にも当てはまると思っ て下さい。気がつかない、検査に掛からない病気までも良くしていく素晴らしい オルゴール療法がこの世に生まれたことを喜んで下さい。

お気持ちを明るくすることもご指導します。血液に流れる物質の違いから 症状を早く改善します。又感動の記録もお読みになって参考になさって下さい。 希望を持って取り組まれることをお勧めします。療法に参加されている方は、 とても明るく取り組まれています。安心してご参加下さい。改善された方や その途上の方からの貴重なアドバイスもお役にたちましょう。 食欲不振 食欲減退 参考 ● 複合疾患を改善した感動の記録

○ 健康月刊雑誌「はつらつ元気・7月号」にオルゴール療法紹介
「耳鳴りやめまいが次々に治るオルゴール療法」として6ページで特別レポートされました。 体験談として「耳鳴りや偏頭痛の解消、肩と首のこり改善、動悸とめまいが解消」 など高血圧や糖尿、リュウマチの改善されている現状が記事になっています。  2004/6月2日発売、芸分社、124ページに掲載

○ テレビ放映 「からだ元気科」 日本医師会後援 製作・日本テレビ
5月27日(金)11時〜11時25分 全国放送  日本テレビ 「からだ元気科」 日本医師会後援   毎週テーマを1つ取りあげ専門医の解説を加え  その予防・治療を紹介する医療専門の番組です。
 今回は「頭痛」の原因とされる「ストレス」の対処改善法の一つとして当療法が取りあげられました。

○ 大阪府医師会報掲載 「Vol.322平成14年9月号」 
大阪府医師会報にご掲載頂きました。オルゴール療法の概略と橋本病、鬱病、筋無力症、リウマチ症状、 口内炎など5つの症例を上げました。涌井耳鼻咽喉科の院長先生は「通常では有効な治療法が確立 されていない、難病やそれに類する症例に対しても確実な臨床的成果を上げられつつあります。ストレス時代に おいて、ますます需要を増大させている心身医学における 無視できない手法のひとつとして今後の発展が期待されます」とご紹介を頂きました。

<食欲不振・食欲減退を起こす原因>


満腹感や空腹感は脳の視床下部で認知し、神経の中枢、脳幹から全身の神経へ伝達され、胃腸への自然調節 機能が働きます。食欲不振などでは、この仕組みが壊れた状態で起こります。即ち自律神経系の異常が大きな原因とされてい ます。大きなストレスやショックや人生での心の負担は自律神経の正常性を壊して、心身に異常を来たします。その結果 最も精神的な影響を受けやすい胃腸が変調します。食欲不振になり、過食・拒食など摂食障害を起こし、長年苦しまれる ようになります。胃が満腹感を起こしたり、食欲不振から消化と吸収がうまく出来ず、血色の悪い状態になります。

<食欲不振・食欲減退をなくす為の方向付け>

第1番目にに先ず自律神経失調を正常にすること。
第2番目交感神経の優位から全身の血行を良くし全身を温めます。
第3番目に副交感神経を優位にした、胃腸を正しくして栄養摂取をします。
第4番目に脳幹への刺激はホルモンの分泌を正しくします。
第5番目に心身の自然の治癒力を引き出します。

<食欲不振・食欲減退へオルゴール療法の効果>


オルゴール療法では、強い響きのオルゴールを聴くことで先ず交感神経を大きく刺激して血液の循環を活発に します。心肺機能を高め酸素と栄養素を末梢血管の送り込み、細胞の活性を行います。胃の壁の細胞は3日に一度の早い サイクルで生まれ変わる必要があります。

次に徹底的なリラクセーションから副交感神経の優位を導きます。気持ちの良いとき末梢神経から血液中にアセチルコリン という化学物質が流れ血管の壁を柔らかくします。真のリラクセーションは成長ホルモンを豊富にし、その結果、細胞を新しくする働きが あります。オルゴールの響きにある高・低周波は脳幹を刺激し、血流を促進し、体内の波動を整え、自律神経を正しく作動する為の コントロールを行います。ホルモンの分泌が正しく行われているかどうかを監督し、全身の調節を行います。従って 脳幹を正しくすることが最も大切なことだと言えましょう。

一方で半強制的ない心地よさを誘うオルゴールの響きは、 深く、真のリラクセーションをもたらします。その結果、「胃がゴロゴロ鳴る」「お腹のムカムカが取れた。胃がスッキリした」 「良く寝てお腹が空いた」「食欲が出た。早く食事が食べたい」「脂物が食べられるようになった」「6キロもやせて 身体が軽くなって調子がいい」となります。このことは自律神経の恒常性から消化器系を正常にしていると思われます。 食欲不振・食欲減退・食べられないなどに大きく関わり効果を上げています。

<オルゴール療法の手法>

食後20分間フローリングの上にに大きなバスタオルを敷き横になります。オルゴールを載せた共鳴箱の中に専用の木の枕を入れます。 または、ご自分の枕の3分の1を共鳴箱に突っ込むようにして入れ、枕に頭を載せてオルゴールの方を向き横になります。 オルゴールの響きが全身と、特に頭を刺激して、振動を起こし、とても気持ちの良い状態をつくります。 身体を休めることから全身に廻っている血液を胃腸に集めて、胃腸の働きを優位にし、消化を助けます。
オルゴール療法の特性は、高・低周波の響きと、楽しい音楽と、美しい音色です。音楽の持つ楽しい気分も 豊かさも、美しいと感じる感情も脳の関知するところです。心身を正常にする重要な働きをします。 食欲不振・食欲減退にも、精神的なストレスから起こる、神経性食欲不振症に対してもオルゴール音楽療法は大きな役目を果たします。お試しになって下さい。
食欲不振 食欲減退 関連症例 ● 便秘・下痢症状へ  

オルゴール療法の取り組み方

■ 先ずこのホームページのオルゴール療法のQ&Aを読んでみましょう。

オルゴール療法への疑問を解いて、低周波や高周波と脳幹の関係や病状と オルゴール療法のことをもっと深く理解しましょう。     ●よくあるご質問

■ 次にメールであなたの病状を研究所まで送ってみませんか?

『オルゴールで私の病気が治るの?』と不安を お持ちでしょう。お信じになれないのは無理もありません。 当研究所へお尋ねになると、疑問や不安を軽くすることに役立ちます。食欲不振・食欲減退へ研究所から簡単な ご返事をします。研究所と信頼関係がとても大切です。

■ 一方で、オルゴール療法の新刊本「オルゴールは脳に効く CD付」を書店に注文しましょう。

 何故これ程にオルゴールの響きが効果があるのか?良くこれだけの疾患が改善している!その原理と改善例を上げて詳細に しかも解りやすく解説してあります。

 ご認識を深める為に貴重な本です。療法に使用するオルゴールの曲をCDで9曲聞くことができます。迫力ある録音です。オルゴールの生 の凄い響きをご想像してください。 坐骨神経痛の改善にきっとお役に立ちます。
●「オルゴールは脳に効くCD付」

■ 大阪・梅田の「オルゴール療法の実践」に参加、首都圏は
   横浜・元町に連絡しましょう。

「オルゴール療法の実践」に3日間続けてお通いになることを、お勧め します。続けて受療されると、ご自身で好転反応を確認出来ましょう。遠い方も一度は体験され、 原理を習得されてのちに、ご自宅でオルゴール療法を実践しましょう。効果的な オルゴール療法の方法をお教えします。常に身体を正常に戻す為に、出来るだけ多くオルゴールを 聴きましょう。横浜元町の「癒しのコンサート」も優れた効果があります。

■ 個別相談・療法のお奨め 

オルゴール療法に個別相談・療法を設けました。初めにオルゴール療法の 個別相談・療法に参加して下さい。食欲不振・食欲減退には もっと効果的な聞き方が必要です。それをご理解されるために、初めに個別相談と療法を 受けられてから午前の療法に参加しましょう。個別に効果を実感して頂きます。お付添いの方の ご同伴可能ですので、お気軽にお尋ねください。

月曜日を除く(祝祭日開館)毎日の午後2時と4時から各1時間半、お一人5,000円 お付添いは無料。 ※お早めにご予約下さい。
●療法の開催スケジュール

■ オルゴール個別療法もグループ療法も予約が必要です。

月曜を除く(祝祭日開館) 毎日午前10時30分から12時までの1時間半、グループ療法を実践 します。当日広い目で厚手のタオルをご持参下さい。

○大阪梅田のオルゴール療法に参加 地図:行き方
○横浜元町のスケジュール
  ○横浜元町の地図

■ オルゴール療法に参加出来ない方は、オルゴール療法会員になり、電話やメールでご相談下さい。

研究所からアドバイスします。又遠隔地の方も、ご自宅でオルゴール療法をなさって下さい。 療法の効果的な方法を詳しくご指導致します。 お電話でもお尋ね頂けるオルゴール療法の会員になると特典もありお得です。

■ オルゴール療法会員にご入会下さい。

オルゴール療法を受けられる方は、年会費は12,000円です。
<療法会員の特典>
1:電話やメールで療法の指導が受けられます。
2:オルゴール療法の実践に会費半額で参加出来ます。

■ オルゴール療法用のオルゴールと専用の共鳴箱の購入
スイス製72弁オルゴールと共鳴箱

 当研究所で手に入るオルゴール療法用のオルゴールは、スイスに特注される特殊なオルゴールです。 さらに当調整室にて、摩耗の激しいダンパーを全量張り替えるなど療法用に再調整されるものです。 専用の共鳴箱を使用することで響き(デシベル)を強くして効果を上げています。
 世界で市販されているオルゴールとは響き、音色が大きく異なると思って下さい。 『療法用に再調整されたオルゴールがこんなにも響きも音色も違うもの!』と多くの方が驚かれます。 大阪や横浜の当研究所で聞き比べられると良いのですが。その違いが良くお判りになり、効果を確信出来ると思います。

 当研究所でこの数年間で効果の上がった500症例の疾患と疾患名のつかない症状2000症例は 主にこのローズREー5650を使用した方々のものです。食欲不振・食欲減退の症状を改善するために 効果のあるオルゴールを選んでいただきたいと思います。 大阪府医師会報にも取り上げられました。またある国立の大病院の総長先生が 『当病院で取り上げたい』と言われる程の優れた療法です。
食欲不振・食欲減退など症状に効果のある療法を取り入れて頂きたいと思います。改善された方々が 『研究所のスイスオルゴールを手に入れて良かった。オルゴールは凄い。一生お付き合いします』と述懐されています。

■ 更に食欲不振・食欲減退に効果の強いオルゴールには

アンティークのシリンダー型のオルゴールや現代最高の響きと音色を持つ ポーター社のディスクオルゴールをお勧めします。
 オルゴール療法を実践するヒーリングルームで使用するのは、大型のアンティークの オルゴールです。音の強さで交感神経を強く刺激して大きな効果を上げています。 アンティークオルゴール購入については、オルゴール療法研究所にお尋ね下さい。

■ オルゴールをいつも身近に置いて下さい。食欲不振や胃の痛む時も、風邪の予防にも、自律神経が 異常になりかかったら、オルゴールを枕にして聴きましょう。いくら聴いても、効き過ぎることは ありません。悪い副作用もリバウンドもありません。美しい音色と響きで真の健康法を身に付けましょう。

  ■ 少しでも食欲不振 食欲減退の症状が軽くなり、お気持ちが楽になって頂きたいと思っています。 何かお役に立つことがあるかも知れません。ご遠慮なく連絡してみて下さい。

 ○ フリーコール:0120-700-704 電話料が無料です
 ○ I P 電 話:050−3386−5291(OCNドットフォン)
  (同じOCNグループからのお電話は電話料が無料です) (無料接続プロバイダ一覧)

 ○ 電話:06−6342−0015  ○ FAX:06−6342−5757
 ○ お問い合せフォームはこちらへ     オルゴール療法研究所
            大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21階

TOP |  このページのトップへ
  
いろいろな疾患・症例の分類     オルゴール療法      
呼吸器 気道 肺

循環器・心臓

消化器

脳・脊髄・神経

心・身 環境

心・身 環境 2

血 液

ホルモン・代謝

アレルギー 免疫

運動器・外傷

運動器・外傷 2

皮 膚

泌尿器

目・耳・鼻

口腔・のど・歯あご

胎児・乳・幼児

女性 美容と健康

が ん

複合疾患 改善


犬猫ペットの症例


 back
copy right (c)日本オルゴール療法研究所 1991 . all rights reserved.