リウマチのオルゴール療法による改善症例8

関節リウマチ,リウマチ症状がオルゴール療法で解消

症例1  症例2  症例3  症例4  症例5  症例6
症例7  症例8  症例9  症例10 症例11 症例12
症例13 症例14 症例15 症例16 

症8 関節リウマチと診断両の膝と足と手首が痛みます

「2003年の11月に関節リウマチと診断されました。11月24日から12月9日まで検査の為に入院し、レントゲン、MRI、尿検査をして頂き、関節リウマチの初期と 診断されましたが、両膝と両足と手首も対照的に症状が出て、痛みが次第に強くなっています。歩くことに不自由で、外出はいつも主人の車で出かけます。

2004年の3月に手の節に腱鞘炎を起こし、整骨医で治して頂きました。4月に両肩に痛みが始まり、手が挙がらなくなり、お湯で温めて軟らかくするようにしています。手首が痛みますのでいつも包帯が離せません。関節リウマチの薬は痛み止めのロキソニンを昨年の10月から飲み始めました。痛みだけは我慢が出来ず、生活にも支障があるために夕食後1回服用しています。父は大層厳しく常にこわい存在で、おばあちゃんとも合わず、家庭の環境もストレスの原因になっていると思っています。

12月の11日に初めてオルゴール療法に参加したときに、3日間続けて受けるように勧められて1月の8,9,10と療法の実践に参加しました。2日目の夜、痛み止めの薬を飲むと胸焼けがひどく、めまいと吐き気と下痢を3回もして寝不足になりました。次の日も同じ状態になり、身体がしんどく初めての体験をしました。オルゴール療法で身体正常になり、薬を受け付けなくなっているのではないかと思いました。薬の服用をやめて3日目になりますが、カイロやお風呂で身体を温め、痛みに対抗しています。体温は初日36.2度でしたが、3回目の終わりには36.8度まで上がりました。

5回目のオルゴール療法が終わって、昼食時に迂闊にも重たいスプーンの要るカツカレーを注文してしまいました。ところが普段持てないスプーンがなんなく持てたのです。スプーンを口に運ぶ角度もいつもは痛くてとても無理だったのに出来たのです。とても嬉しくて思わず叫んでしまいました。右手はは握力がゼロに近く、いつもスプーンは軽いプラスチック使います。左手の親指も手首も痛いので、缶コーヒーも雑誌も両手でゆっくり持つようにしていました。

それがいきなり重いスプーンが右手で持てたのです。うれしくて、うれしくてすぐに研究所に手紙を書きました。それに「カノン」の聴き方を教わってから寝付きが良く、自然に眠れるようになりました。今はとても安らかに睡眠が取れます。カノンは最高です」

「昨日握力を測りましたら、今まで0に近かったのに50になっていて驚きました。昨日階段をひとりで足を交互に出して上がれるようになりました。今までは主人の手を借りて一足ずつ揃えて上がっていたのです。言葉に言えないくらい嬉しいです」 2004/1/21 

「2月に入って左の指の第3関節がひどく痛みました。関節リウマチの痛みです。11日から3日間療法を受けました。2日目にはほとんど痛みがなくなり、2月20日の今日まで痛みを感じません。12月には両手、両足、両肩など6カ所に関節リウマチの症状が出て痛かったのに11回目にテーブルにうつ伏せても首は痛く感じません。関節がやわらくなったのを感じます」

「昨日検査を受けました。関節リウマチの痛みの数値CRPが1月24日は1.3だったのが2月23日に0.91に下がっていました。嬉しいです。昨日の療法で始めて身体がポカポカと温かくなったのを実感しました。人が言っていたポカポカがやっと解りました。昨日の療法で涙が止まりませんでした。

現在は主人の手を借り無くても衣服とか靴下など自分のぺ一スで着用出来る様になりましたのもオルゴールに出会えたお陰です。この痛みがまだ骨の破壊にまで進んでいないので今から充分気をっけるように病院からいわれてます。現在、痛み止めの薬は2月11日を最後に服用してませんし、勿論抗関節リウマチ 剤も一度も手をつけていません。とても嬉しい限りです。何とも言えないオルゴールの美しい音色と響きに感謝で一杯です」  2005/2/24 

「3月26日に関節リウマチの検査を受けました。関節リウマチの痛みの数値CRPがなんと0.58になっていました。、療法を初めてから薬も飲まずに数値が下がっています。まだ少し痛みは感じますがこわばりもなくなっています」
関節リュウマチの炎症の経過を見る為の数値 CRP
3ヵ月の間に1.3の数値が0.58まで下がっています。

図

「右手の関節が冷たく、未だ良くなりませんが、それでも握力は始めに0だったのが55になりました。右手で包丁が持てるようになりましたがまだ冷えるのでカイロが要ります。先週、ワラビを右手で取れるようになり、嬉しくて少し無理をしました。徐々にですが右手が良くなっています。左手の手首は痛みがきれいに取れました。親指の付け根は未だ痛みが残っています。花粉症の季節は終わりましたが、ブタクサの影響を感じます」 2005/6/11 

「炎症の経過を見る為の数値のCRPは0.4に下がりました。身体は非常に軽い感じです。右手の握力は以前0だったのが8月9日には60になりました。右手の痛みが未だ残っていて、夜中も痛みますのでカイロが手放せないでいます。少しずつですが、良くなっていると感じています。2005/8/16 50歳代女性 愛知県 M.W
● 関節リウマチ 闘病記「私の関節リウマチ改善」手記

関節リウマチ,リウマチ症状に対するコメント

この方の関節リウマチは初期と言いながら、歩くことも不自由でした。手の痛さも相当なものです。それが早い時期に改善の兆候が出ました。血液の循環が良くなり、身体が温かくなると出来るだけ早く、身体を芯から冷やす消炎鎮痛剤から解放されると良いのですが。睡眠が深く取れるようになりましたから、潤沢な酸素と栄養素が身体の隅々にまで運ばれる段階でどんどん改善されて行きましょう。握力がこれだけ出たことで痛みもかなりやわらいでいるとお見受けします。

○次を見る マーク 症例9 関節リウマチでタオルも包丁もだめ足のひどい痛みから!

ホームトップ実践

症例

 症状1 関節リウマチの痛みのないのがなにより嬉しい
 症状2 関節リウマチの痛みが不思議に取れました
 症状3 9年間のリウマチで苦しみました
 症状4 9ヶ月前に関節リウマチと診断され激痛!
 症状5 15年間の関節リウマチで治らないと言われました
 症状6 リウマチで手がパンパンに腫れ関節が痛みました
 症状7 関節リウマチで手の中指が太くなり曲がりました
 症状8 関節リウマチと診断両の膝と足と手首が痛みます
 症状9 関節リウマチでタオル絞れず包丁持てず足激痛
 症状10 関節リウマチで両手首と肩と膝の痛みが改善
 症状11 両手足に関節リウマチの症状が起こりました
 症状12 5年前から関節リウマチでくるぶしが痛みました
 症状13 手がこわばり関節リウマチ因子、節々の痛み
 症状14 関節リウマチのひどい痛みで眠れませんでした
 症状15 関節リウマチの首が自由に回るようになり驚き!
 症状16 関節リウマチを脱して家事も仕事も出来るまでに
 症状17 関節リウマチの手首が動く!これは凄い!


 少しでも症状が軽くなり、お気持ちが楽になって頂きたい
 と思っています。療法や症状を、ご遠慮なくご相談下さい。
 電話 フリーダイヤル: 0120-700-704
 電話 I P:050-3386-5291(OCNドットフォン)
   (OCNグループからの電話料が無料です) (無料プロバイダ一覧)

 電話 06-6342-0015 FAX:06-6342-5757
 矢 お問い合せフォーム はこちらへ
  オルゴール療法研究所_________________________
     大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21階


 このページのトップへ
症状と原因 | 症例 | 療法の実践

いろいろな疾患・症例の分類     オルゴール療法      
呼吸器 気道 肺


循環器・心臓


消化器


脳・脊髄・神経

脳・脊髄・神経 2

心・身 環境


心・身 環境 2


血 液


ホルモン・代謝


アレルギー 免疫


運動器・外傷


運動器・外傷 2


皮 膚


泌尿器


目・耳・鼻


口腔・のど・歯あご


胎児・乳・幼児


女性 美容と健康


が ん


複合疾患 改善


犬猫ペットの症例


 back
copy right (c)日本オルゴール療法研究所 1991 . all rights reserved.