パーキンソン病の症状 対策 対処法 解消 改善    オルゴール療法

パーキンソン病の症状 対策 対処法 解消 改善   オルゴール療法

オルゴール療法で今凄いことが起こっている!

3曲144弁 「アンボイナ」

オルゴールの響きの中に私たちの脳の血流を回復 する力があり神経とホルモンの分泌を正常にして自 然治癒力で心身を根本から改善の自然療法です。 どのような異常にでも何らかの改善が見られ、根本 から改善された心身は生活習慣や環境などから来 るストレスに対して抵抗力があり新たな症状をひき 起こさない優れた健康法です。

 パーキンソン病を改善 オルゴール療法

症例1 パーキンソン病と5年前に診断されました

「5年前まではゴルフが好きで、あちこちとよく通いました。至って元気で身体のことで家族に迷惑を掛けた ことはありません。ゴルフをしているときに、手にしびれがきて、軽い腰痛もあり、膝の関節がおかしくなり、 医院で典型的なパーキンソン病と診断されました。

知らぬうちに次第に前傾姿勢となり、歩く歩幅も小さくなりました。 ゴルフどころではなく、医者通いの身となりました。低血圧で90−65と低く体温は35.8℃と低い方だと 思っています。家族の知り合いに橋本病を治した方がいて、身体を根本から治すと原理を聞かされて、 パーキンソン病にも効果があるかも知れないと思って10月からオルゴール療法を始めました。

■ パーキンソン病へコメント:
この60歳代の男性のパーキンソン病にオルゴール療法を取り組まれる症例を早い段階から検証して行きますので その過程をご覧になって下さい。
<1回目>「療法が終わって身体があついくらいです」2003/11/16
<2回目>「身体が極端に温かいのに気が付きました。血圧95−69でした」
<3回目>「血圧が114−78になっていて驚きました。数値が三桁になったのはこの何年間の記憶 にないのです」

<4回目>「身体があったかいです。血圧108−74でした」
<5回目>「腰の関節が温かいのです。療法の前後で身体全体の暖かさが確実に違っています」

<6回目>「今日は血圧が107−74でした。身体が温かく、足も温かいです。体温測定で36.2℃でした。 昨日は腰痛があったのに、今日は腰痛がなくなっています!疲れなくなりました」

<7回目>「血圧110−83」
<8回目>「手の震えが止まり、握力が出て来て文字がちゃんと書けるようになりました」

「体重が3.5キログラム増えて少し困っています。体力が戻ったように感じて、昨日からオルゴール療法に 電車で来れるようになりました。少し疲れましたが」

<9回目>「身体は温かいです。103−74です」

<10回目>「2003/10/28は、家族に車で送ってもらいましたが、車が混んでいて自宅からオルゴール館まで2時間、 車の中で座り放しで疲れて調子が悪いです」

<11回目>「10/29、「久しぶりに車を運転したくなり、自分で運転してきました。少し疲れました」 療法で疲れは取れました。今まで車はとても無理でしたが、何か力が出て来たようで、気持ちが しっかりして来たようで有り難いです」

<12回目>「腰の痛みが止まりました。有り難いです。血圧110−78」
<13回目>「腰痛が本当に取れました。真っ直ぐ立てているように感じます。2日前に大阪から岡山まで自分で 車を運転して来ました。今まで100km以上はとても無理でしたが、ちゃんと往復200kmを運転できました。11/1」

<14回目>「昨日は暖かかったので犬の散歩に1キロ歩きました。引きずられて倒れましたが直ぐに立ち上がれました」

<15回目>「車を運転してきました。身体がしゃんとしている感じです。子犬の散歩で1キロほど歩きました。 パーキンソン病が快方に向かっている感じです」

<16回目>「犬の散歩で上り坂がまだきついです」
<17回目>「肩が極端に軽くなりました」
<18回目>「初めて動悸がしました。血圧136−106でした。指の震えは全くありません」

<19回目>「電車で来ました。2時間かかりますが、地下鉄の20分間立ったので疲れました。昨日医院で血圧を計ったら 126−79で医者が驚いていました。ずっと90台でしたから」

<20回目>「体重は3.5キロ上がって、体力が着いた感じです。犬の散歩しました。今日は2時間かけて電車で来ました。 昨日療法会館の急な階段を手すりを持たずに降りられました。びっくりです」

<21回目>「頭から音楽が入って来る感じがしました血圧105−79です」
<22回目>「肩と首のこりがなくなりました。腰が曲がっているのをMRIで検査して判りました。腰椎の4番と5番 に異常があることが判りました。昨日バスが来たので初めて走りました。とにかく嬉しいですね。5年間も不自由し ましたから。血圧105−70も3桁で定着しましたし。パーキンソン病が治っていくのを実感しています」 2003/11/22

<23回目>「血圧115−81です」
<24回目>「風邪気味です血圧107-81」
<25回目>「不思議ですが、風邪が治りました。血圧107-81」
<26回目>「身体が暖かです。療法終了後に体温が36.7℃。になっていてびっくりしました」

<27回目>「肩こり、頭痛がなくなっています 血圧117−80です」
<28回目>「血圧118−77でした。薬は副作用があるので一切飲んでいません」
<29回目>1ヶ月半の44日目です。血圧は医者がびっくりする程正常になり、体力もつき、 体重が3.5キロも増えて血色も良くなり、腰痛も肩こりも取れました。なによりも手の震えが止まって 手紙が書けるようになったのが嬉しいです。パーキンソン病を薬も使わずここまで治して頂いて有り難い です。オルゴール療法のお陰です」 2003/12/28 

コメント:

以前より真っ直ぐ立っておられるので、無理して 立っていますか?とお尋ねしたら、『何も無理していません』とお答えです。パーキンソン病へオルゴール療法の 初めての試みとして、快復の過程を見て頂きました。この方は手の震えがとまり、文字が書ける ようになられました。車の運転も出来るようになり、血圧があがり、お顔の血色が見違えるようになって 喜ばれました。

35℃台の体温が36.2℃に上がっています。少しですが、身体が真っ直ぐに伸びて きています。体力が出てきたことも、快復の証でしょう。同時に気力も出て、良い方に循環していますので 益々お元気になられましょう。血圧を自然上昇して、血流を促進し、体温を上げることが、如何に重要 かをこの検証は示していると思います。

薬は副作用があるので飲まないと云われました。そのことも快復を 早めていると思います。交感神経を高める薬は、益々筋肉を硬直させて、病状を悪くすることがあると 最近の医学が薬の多用を戒めています。自然治癒力を引き出すオルゴール療法の優れた効果としてご参考に して下さい。

症例12 昨年4月からのパーキンソン病が少しづつ良くなっていくのです

「昨年の4月に強い50肩の痛みを感じ、肩がこわばっていて整形外科を訪ねました。 そのときに、膝が震える症状があり、MRIの検査を受けパーキンソン病と診断されました。 現在右手が不自由で、字がうまく書けません。お箸が上手に使えず、無理すると手が痛みます。 パソコンのマウスが思ったところで止まらず、時折震戦があり、膝に違和感を感じますが、 階段の上がり降りも問題なく、山登りが趣味で、ジョギングもします。薬を出来るだけ使い たくないので服用しないでいます」 2004/4/8

「オルゴール療法を自宅で始めて1週間が過ぎました。 右手の親指と人差し指の間がじわっと自然に広がったように感じて、最近はずっと左手で 掴んでいたパソコンのマウスがパッとつかめました。マウスの移動は左手を添えない とまだスムーズには動きませんが。布巾で皿を拭くことが楽になりました。手帳に小さな 文字が書けるようになりました。今までほとんど左手でやっていた食器を棚にしまったり、 ドアの開け閉めや歯ブラシを持つことなどを勇気を出して右手でやってみようという気持 ちになりました。

まだスムーズではなく右手も重いのですが。 頭がすっきりしています。翌日会った友人に『今日はしゃきっとしているね』と云われました。 明るい気分で過ごせます。からだ全体がほぐれて、こわばりが少し 取れたような感じです。歩く時のひざの違和感がなくなりました。五十肩の右腕がまだ固まって いますので歩き方は、まだギクシャクしています。2004/4/27

次々起こる好転反応に、喜んだり戸惑ったりしています。朝起きたら元に戻っているのではと 心配になったり、不安になったりです。『この世にオルゴールがあることに感謝したくなる』と 研究所から云われましたが、まさに今そんな気持ちになっています。初めて味わう不思議な感覚です」 2004/4/27

「今日の午後たっぷりオルゴールを聴くことが出来ました。体温を計ってみたら、なんと36.5度も ありました。今までは35.9度どまりでした。身体全体がほかほか と隅々まで血が行き届いている実感です。肩がほぐれ、右手が温かいのです。

午前中、友達が来て3回オルゴールを枕にして聴いてもらいました。風邪気味でのどが痛くタンが詰 まっていたのが、1回目でのどに絡まり2回目で消えてなくなった と驚いていました。 オルゴール療法の原理を読み直してみて”なるほど”と納得しています。人の体の中で おきていく変化を実感しています」 2004/5/12 

「昨日寝床の中で、オルゴールに触っていた右手から振動が直接伝わって来て、身体の中に 入って来るのを実感しました。朝目覚めた時に右腕がとても軽く感じました。食後お皿を拭いた時に あまりに自然に手が動いたので、パーキンソン病が治ったのかと思うほどでした。まだ両手の肩も 肘も手首もこわばっていて少し痛みます。バランスも悪いのが歩いて見て判りました。

でも一度出来た動きは、元に戻らなくなりました。今までは、次第に動きが悪くなっていたのに 今は、少しづつ動きが良くなっていくのです。パーキンソン病で薬が合わず、同じような思いで苦しんで いる方達にオルゴール療法をして欲しい、心地良い音色のオルゴールを聞きながら、こんなに 楽をして、良くなってしまって良いのかと思います。オルゴール療法に出会えて本当に感謝しています」  2004/5/21 50歳代女性 焼津市

症例3 パーキンソン病の進行が止まり回復のきざしが見えて来て嬉しい 

「2年ほど前に仕事をやめた後、症状が出だしたように思います。ちょうど地域での問題や親戚の死去などもあって緊張状態が続いておりました。全身的な筋肉の硬直、やや前傾姿勢、すり足、ときどき突進しそうになる、ときどき手の振るえ、方向転換がしにくいです。

 9月初めに医師に相談したところ、精神的なものだということでドグマチールという薬が処方されました。服用したところ、翌朝トイレでまったく動けなくなり、大学病院に紹介されてドグマチールはすぐに中止し、点滴を受けました。動けない状態が一週間ほど続き、いっきに症状が悪化しました。MRIと甲状腺の検査では、異常はなくパーキンソン病かどうかも、はっきりしないままでしたが、ネオドパストンという薬が処方されました。 現在は自立歩行もできますが、ドグマチール服用前には戻っていません。又動けなくなるのではないかという不安でいっぱいです。

 10月6日に主人と一緒に個別療法を受けました。2回目の27日に身体が温まり、すっきりして翌朝まで足が温かでした。

 10月13日、パーキンソン病の薬をやめて1週間が過ぎました。すごく調子が悪く、足のふとももに力が入らない状態です。

 11月になって5回療法に参加しました。未だ右足から肩にかけて痛みがあります。肩に負荷が掛かると手が震えます。11月薬をやめて1ヵ月になります。『良く薬をやめられたね』と言われました。涙目で、体温は平均36.2度です。

 11月18日、手の震えがほとんどありません。腰と背中が痛みます。
 12月21日、寒くなって足の調子も悪いです。背中が少し楽になりました。足は動きやすくなりました。

 1月6日、最近足腰が強くなったように感じます。歩き方が違って来ました。公園を散歩するのになかなか足が前に出なかったのに昨日は、歩いて見たくなり、主人と話しをしながら歩けました。以前は気持ちを集中させる為に話しなど出来なかったのです。9月の初め頃は、洋服を主人に着せてもらっていたのが、自分で着られるようになり、ズボンも片足立ちで、はけるまでになりました。進歩が嬉しいです。以前は足が硬直してパンパンになっていたのに、今は筋肉がやわらくなっています。オルゴール療法をすると筋肉がピクピクしてその後柔らかくなるようです。

 息子は薬の専門ですが、もっと自然な治療法があるに違いないと、オルゴール療法に出会い、教えてくれました。医師は『病状の進行を止める薬ではありません。一時的に押さえる薬です』と教えてくれました。 トイレで足の力が抜けて辛い思いをしましたので、まだトイレの戸が閉められない程の、気持ちの上でつらい後遺症がありますが、身体がしっかりして歩くのも楽になりました。オルゴール療法の研究所に何度もお電話して励まして頂いたのも、とても良かったと思います。 2006/1/8  50歳代女性 奈良市

コメント:パーキンソン病 改善

パーキンソン病のクスリをやめると一時的に調子が悪くなります。クスリで押さえていた症状が自然の治癒力で元に戻ろうとする一種の好転反応ですが、幸いこの方はクスリで身動き出来なくなったこと、クスリに対する疑問、息子さんがクスリの副作用について熟知されていたこと、医師もクスリは一時的に押さえるものだと親切に教えて下さったことで早い時期に改善が見られるようになりました。

ご主人の協力も見逃せません。表情が明るくなり、感謝の気持ちなどご本人の性格にも助けられています。症状回復には波があって、冬の寒さや低気圧も大きく影響されるでしょうが、温かくなるまでにかなりの改善がみられるでしょう。

パーキンソン病とオルゴール療法

オルゴール療法は豊富な底・高周波を持つスイス製のオルゴールの響きで 脳を刺激、血流を促すことで、心身の恒常性を取り戻す優れた健康法です。 日本で初めて開発された療法です。脳を正すことで、自律神経とホルモンの分泌を正常にし、様々の疾患を同時に治癒し て行く療法です。

疾患を対処的に治すのではないのです。それは大変重要な意味を 持っています。ほとんどの症状は、自律神経とホルモンの分泌の異常 から起こり、血液の循環を悪くし、体温を下げ、白血球が正しく稼働せず、 免疫力を失い、一番弱い処に症状として現れます。これが病気です。

現代医療では、 それを治す為に一つ一つに処方されます。薬や手術の功罪があって、副作用に苦し み、生活の悪環境も手伝い、身体を元に戻す力を失っています。 オルゴール療法は脳が正しくなれば、身体は良くなるという原理に基づ いています。ここに上げる50を超える症例の全てに優れた効果をもたらし ていることを観て、オルゴール療法の真の姿を理解して頂きたいのです。

1病名毎では治癒例は少ないですが、殆どの方が4つ、5つの疾患から解放され ている事実を見て下さい。ご自分の一番関心のある症状を個々に理解 されて後、全体をご覧になって下さい。その効果の大きさに、オルゴール療法の 力をお感じになれるでしょう。そして本来身体に備わっている 自然の治癒力のすごい力も大切であることを理解して下さい。

ご自分にも当てはまると思っ て下さい。気がつかない病気までも良くしていく素晴らしいオルゴール療法がこの世に 生まれたことを喜んで下さい。感動の記録もお読みになって参考になさって下さい。 勇気を出して取り組まれることを希望しています。 パーキンソン病 参考 ● 複合疾患を改善した感動の記録

○ 健康月刊雑誌「はつらつ元気・7月号」にオルゴール療法紹介
「耳鳴りやめまいが次々に治るオルゴール療法」として6ページで特別レポートされました。 体験談として「耳鳴りや偏頭痛の解消、肩と首のこり改善、動悸とめまいが解消」 など高血圧や糖尿、リュウマチの改善されている現状が記事になっています。  2004/6月2日発売、芸分社、124ページに掲載

○ テレビ放映 「からだ元気科」 日本医師会後援 製作・日本テレビ
5月27日(金)11時〜11時25分 全国放送  日本テレビ 「からだ元気科」 日本医師会後援   毎週テーマを1つ取りあげ専門医の解説を加え  その予防・治療を紹介する医療専門の番組です。
 今回は「頭痛」の原因とされる「ストレス」の対処改善法の一つとして当療法が取りあげられました。

○ 大阪府医師会報掲載 「Vol.322平成14年9月号」 
大阪府医師会報にご掲載頂きました。オルゴール療法の概略と橋本病、鬱病、筋無力症、リウマチ症状、 口内炎など5つの症例を上げました。涌井耳鼻咽喉科の院長先生は「通常では有効な治療法が確立 されていない、難病やそれに類する症例に対しても確実な臨床的成果を上げられつつあります。ストレス時代に おいて、ますます需要を増大させている心身医学における 無視できない手法のひとつとして今後の発展が期待されます」とご紹介を頂きました。

パーキンソン病の原因

身体のバランスや運動ををコントロールする脳幹の黒質線状体の異常によって起こる病状です。神経間の 情報伝達物質・ドーパミンを作る黒質神経細胞の変質から脳血管障害や脳腫瘍や薬剤などから生じるとされています。

パーキンソン病改善へのしくみ

第1番目にに先ず自律神経を正常にします。
第2番目交感神経の優位から全身の血行を良くし全身を温めます。
第3番目に胃腸など消化器系を正しくして栄養摂取をします。
第4番目にホルモンの分泌を正しくして心身の自然の治癒力を引き出します。

動物は神経の中枢である脳幹から全身の神経へ伝達されて、心身の機能が正常に 働くように本来出来ているのです。この仕組みが壊れた状態で多くの疾病が起こ ります。即ち自律神経系の異常が大きな原因とされています。大きなストレスや ショックや心の負担は自律神経の恒常性を壊して、心身に異常を来たします。

その結果 神経系の異常や血行障害やホルモンの分泌の異常を訴えるようになるとみられています。 パーキンソン病は上の症例にも見られるように、体温が低く、筋肉が硬直して行く 疾患です。自律神経を正常にして、血行を良くし、体温を上げ、筋肉を柔らかく することでパーキンソン病を改善できると考えています。

オルゴール療法の原理とパーキンソン病改善

オルゴール療法では、3.75ヘルツの超低周波から100キロヘルツを超える超高周波までを豊富に持つ オルゴールを聴き脳幹の血流を促進します。
@ 先ず交感神経を大きく刺激して血液の循環を活発にします。 心肺機能を高め酸素と栄養素を血管に送り込み、細胞の活性を行います。オルゴール療法が、脳幹を 刺激する療法であり、脳幹の異常から起こるパーキンソン病は、大いに期待出来る療法だと思われます。

A 次に徹底的なリラクセーションから副交感神経の優位を導きます。気持ちの良いとき 末梢神経から血液中にアセチルコリンという化学物質が流れ血管の壁を柔らかくして 栄養と酸素を運ぶ赤血球を末梢血管にまで運びます。リンパ球を沢山造ります。 緊張しすぎて硬直するパーキンソン病にリラクセーションは特に大切です。

B 真のリラクセーションは成長ホルモンを豊富にし、その結果、細胞を新しくします。 脳幹は全身の主立った30種類を超えるホルモンの分泌が正しく行われているかを監督・ 調整をします。自律神経の正常とホルモン分泌もパーキンソン病改善に欠かすことが 出来ません。

C オルゴールの響きにある高・低周波は脳幹を刺激し、血流を促進し、神経系、 ホルモンの分泌を正しくし、全身の機能の調節を行います。従って脳幹を正しく することが大切であることが判って来ました。その原理を基にした オルゴール療法でパーキンソン病のような病気が快方に向かっています。 上に上げた症例を、今私達は、注意深く見守っています。薬を使わないオルゴール 療法の試みが確実に治癒例を広げています。期待出来る療法となりましょう。

オルゴール療法の特性とパーキンソン病改善

高・低周波の響きと、楽しい音楽と、美しい音色です。オルゴール療法は恒常的な心身を つくることを目的とします。脳を正常にすることで、心身の恒常性を保つ、 根本の療法と云えましょう。予防医学の面からも優れた効果の期待できる 真の健康法と云えると思います。パーキンソン病や血管性の痴呆症にも 大きな成果が期待出来と信じます。

オルゴール療法の取り組み方

■ 「オルゴールは脳に効く」CD付1,680円を書店へ注文しましょう

 なぜこれ程にオルゴールの響きが効果があるのか?良くこれだけの疾患が改善している!その原理と改善例を上げて 詳細にしかも解りやすく解説してあります。

 ご認識を深める為に貴重な本です。療法に使用するオルゴールの曲をCDで9曲聞くことができます。迫力ある録音 です。オルゴールの生の凄い響きをご想像してください。 ●オルゴール療法の本

■ 次にメールでパーキンソン病の症状を研究所まで送って下さい。

『オルゴールでパーキンソン病が改善されるの?』と不安を お持ちでしょう。お信じになれないのは無理もありません。 当研究所へお尋ねになると、疑問や不安を軽くすることに役立ちます。研究所から簡単な パーキンソン病へのご返事をします。又お電話で研究所に相談下さい。

●お問い合せフォームへ
●オルゴール療法研究所 大阪市北区梅田1ー1ー3 大阪駅前第3ビル21階
 電  話: 06−6342−0015 FAX:06−6342−5757
 

■ このホームページのオルゴール療法のQ&Aを読んでみましょう。

オルゴール療法への疑問を解いて、低周波や高周波と脳幹の関係やパーキンソン病と オルゴール療法のことをもっと深く理解しましょう。     ●よくあるご質問

■ オルゴール療法会員にご入会下さい。

<療法会員の特典>
1:電話やメールでパーキンソン病への療法の指導が受けられます。
2:オルゴール療法の実践に会費半額で参加出来ます。
オルゴール療法特別会員の年会費は12,000円です。

■ オルゴール療法会員になり、電話やメールでパーキンソン病のご相談下さい。

研究所からアドバイスします。又遠隔地の方も、ご自宅でオルゴール療法をなさって下さい。 療法の方法を詳しくご指導致します。

■ 大阪・梅田の「オルゴール療法の実践」に参加、首都圏は
   横浜・元町に連絡しましょう。

「オルゴール療法の実践」に3日間続けてお通いになることを、お勧め します。続けて受療されると、ご自身で好転反応を確認出来ましょう。遠い方も一度は体験され、 原理を習得されてのちに、ご自宅でパーキンソン病に療法を実践しましょう。効果的な オルゴール療法の方法をお教えします。

■ 個別相談・療法のお奨め 

初めにオルゴール療法の個別相談・療法に参加して下さい。パーキンソン病改善には もっと効果的な聞き方が必要です。それをご理解されるために、初めに個別相談と療法を 受けられてから午前の療法に参加しましょう。個別に効果を実感して頂きます。お付添いの方の ご同伴可能ですので、お気軽にお尋ねください。 月曜日を除く(祝祭日開館)毎日の午後2時と4時から各1時間半、お一人5,000円 お付添いは無料。 ※お早めにご予約下さい。  ●療法の開催スケジュール

■ オルゴール個別療法もグループ療法も予約が必要です。

月曜を除く(祝祭日開館) 毎日午前10時30分から12時までの1時間半、グループ療法を実践 します。当日広い目で厚手のタオルをご持参下さい。

○大阪梅田のオルゴール療法に参加 地図:行き方
○横浜元町のスケジュール
  ○横浜元町の地図

■ オルゴール療法用のオルゴールと専用の共鳴箱の購入
パーキンソン病 対策 対処法 改善の為のスイス製72弁オルゴールと共鳴箱

 当研究所で手に入るオルゴール療法用のオルゴールは、スイスに特注される特殊なオルゴールです。 さらに当調整室にて、摩耗の激しいダンパーを全量張り替えるなど療法用に再調整されるものです。 専用の共鳴箱を使用することで響き(デシベル)を強くして効果を上げています。
 世界で市販されているオルゴールとは響き、音色が大きく異なると思って下さい。 『療法用に再調整されたオルゴールがこんなにも響きも音色も違うもの!』と多くの方が驚かれます。 大阪や横浜の当研究所で聞き比べられると良いのですが。その違いが良くお判りになり、効果を確信出来ると思います。

 当研究所でこの数年間で効果の上がった500症例の疾患と疾患名のつかない症状2000症例は 主にこのローズREー5650を使用した方々のものです。パーキンソン病の症状を改善するために 効果のあるオルゴールを選んでいただきたいと思います。 大阪府医師会報にも取り上げられました。またある国立の大病院の総長先生が 『当病院で取り上げたい』と言われる程の優れた療法です。
 パーキンソン病など症状に効果のある療法を取り入れて頂きたいと思います。改善された方々が 『研究所のスイスオルゴールを手に入れて良かった。オルゴールは凄い。一生お付き合いします』と述懐されています。

■ オルゴールをいつも身近に置いて下さい。パーキンソン病にも、胃の痛む時も、 風邪の予防にも、自律神経が異常になりかかったら、オルゴールを枕にして聴きましょう。い くら聴いても、効き過ぎることはありません。悪い副作用もリバウンドもありません。美しい 音色と響きでパーキンソン病を改善され、真の健康を身に付けましょう。

■ 更にパーキンソン病の解消・改善に効果の強いオルゴールは

アンティークのシリンダー型のオルゴールや現代最高の響きと音色を持つ ポーター社のディスクオルゴールをお勧めします。
 オルゴール療法を実践するヒーリングルームで使用するように、大型のアンティークの オルゴールです。音の強さで交感神経を強く刺激して大きな効果を上げています。 オルゴール療法研究所にお尋ね下さい。

■ 少しでもパーキンソン病の症状が軽くなり、お気持ちが楽になって頂きたいと思っています。 何かお役に立つことがあるかも知れません。ご遠慮なく連絡してみて下さい。

 ○ フリーコール:0120-700-704 電話料が無料です
 ○ I P 電 話:050−3386−5291(OCNドットフォン)
  (同じOCNグループからのお電話は電話料が無料です) (無料接続プロバイダ一覧)

 ○ 電話:06−6342−0015  ○ FAX:06−6342−5757
 ○ お問い合せフォームはこちらへ     オルゴール療法研究所
            大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21階

TOP |  このページのトップへ
  
いろいろな疾患・症例の分類     オルゴール療法      
呼吸器 気道 肺

循環器・心臓

消化器

脳・脊髄・神経

心・身 環境

心・身 環境 2

血 液

ホルモン・代謝

アレルギー 免疫

運動器・外傷

運動器・外傷 2

皮 膚

泌尿器

目・耳・鼻

口腔・のど・歯あご

胎児・乳・幼児

女性 美容と健康

が ん

複合疾患 改善


犬猫ペットの症例


 back
copy right (c)日本オルゴール療法研究所 1991 . all rights reserved.