パニック障害のオルゴール療法による改善症例

パニック障害症状をオルゴール療法で改善

症例1 パニック障害で起きあがれないのをオルゴールで助けられました

パニック障害といわれ、近くに歩いて出向くことは出来ますが、車やそのほかの乗り物で外出は出来ませんでした。電車の中で苦しくなり、息が止まりそうになって、失神状態から病院に救急車で運ばれパニック障害と診断されました。

それ以来乗り物に乗ることは出来なくなり歩くことが唯一の移動手段になりました。何年も前にオルゴールコンサートに出かけて、オルゴールを聴いたとき涙が止まりませんでした。何か堰を切ったように泣けて仕方がなかったのです。

あのときオルゴールが自律神経失調に良いと聴いたのを思い出して一心に聴きました。何か張りつめたものが和らぐ感じです。スーと深いところへ落ちて行く感じで空中に浮いているような感じです。未だ恐怖心はありますが、仕事が続けられているのはオルゴールのお陰だと感謝しています。」 2002/7/25 30歳代の女性  
パニック障害症状 関連症例 ● 自律神経失調へ 

症例2 パニック障害と診断されました

「地下鉄で急に息が苦しくなり、次の駅で降り、地上に出るまでどのくらい長い時間だったでしょうか。一刻も早くと苦しさと全身に汗をかきながらでした。壁につたわりながらやっと外に出てほっとしました。

タクシーで救急病院に運んでもらいました。自律神経失調からパニック障害をひきおこしています。しばらく乗り物は控えて下さい。ご家族を呼びましょうと云ってくださいました。普通の乗り物はだめですが、主人の車には乗れるのです。

オルゴールコンサートに連れて行ってもらいました。それからオルゴールを手に入れて寝る前に聞きました。とても楽になります。比較的軽い症状だったのでしょうか、お陰様で今はパニック障害から解放され、なんともなくなりました。

こうしてお友達とコンサートに来られるようになりました。オルゴールに出会えて良かったと思っています」40歳代の女性

症3 職場のストレスからパニック障害になり不安で夜も眠れませんでした

「職場のストレスが原因で自律神経失調からパニック障害・不安神経となり、落ち着かず夜も眠られない状態で、15年間精神安定剤を服用しています。

仕事が続けられず、職場を辞めましたが、又働きたい気持ちの反面非常に不安です。オルゴール療法5日目くらいから手足が温かくなり、眠れるようになりました。夜も一回も目が覚めないのです。夢を見ます。不眠は治りました。胸の動悸もなくなりました。

パニック障害から解放されつつあるのを感じます。服用している精神安定剤を飲まないで済むように、そしてオルゴールを自宅でも沢山聞いて職場復帰したい気持ちです。

症4 パニック障害・鬱病になり息をするのも苦しい

朝起きると息をするのが苦しく、ハアハアと息を継ぎます。動悸が激しく、外出すると疲れてしばらく横になります。主人の車で横浜のルヴィーブルのオルゴールコンサートに参加しました。みなとみらいホールのクリスマスコンサートにも参加してみました。

オルゴールを12月13日から聞き始めて、これは凄い力だと思いました。振動が何とも云えないのです。いきなり頭の奥に突き上げてくるような感じでした。1週間過ぎた時に、体温は37.3℃〜37.5℃まで上がり心配しまして研究所に尋ねましたら、『身体を正常にして、抵抗力をつけるために体温が必要です。少し高いですが様子を見ましょう』といわれました。

ところが1ヶ月経った今、調子が凄く良くなったのです。今まで、深い息が全く出来ませんでしたが、ゆっくりと深く息をしているのに驚きました。それに動悸が全然、全くと云っていいほどありません。今までのあの強い動悸が何だったのかと思います。

このままだとパニック障害を忘れてしまいそうです。鬱もまだありますが、以前よりうんと動けます。この9年間パニック障害に苦しみ、リボトリール錠剤を、苦しい時には、1日20錠も飲んでいました。身体は鉛のように重たく、薬は良くないと知りつつ、飲まずには、苦しくって家事も出来ない状態だったのです。

いろいろと療法に通い、良いと勧められる器械も、合わせて600万円も使って、それでも治らなかったのです。今、オルゴールのお陰で病気から立ち直って行ける感じがしています。ほんとうに凄い力です。今、オルゴールなくしては生きて行けません。

それから24時間痛みのあった肩が全く痛くありません。不思議な力としか云いようがありません。医師から『この肩では寝たきりになるよ』と云われていたのに今はなんともないのです」 横浜市在住 20歳代の女性 2004/1/9 

コメント:パニック障害

この方のパニック障害が完治したわけではありませんが、パニック障害や鬱病などに関わりのある方の励みになればと掲載させて頂きました。経過を追ってご報告させて頂きます。電磁波過敏からパニック障害を引き起こしている症例がありますのでそちらもご覧下さい。
  パニック障害症状 関連症例 ● 電磁波過敏 症例2へ

2月1日「パニック障害がすっかり良くなって喜んでいたのに、10年も前に苦しんで治ったはずの過食が2月始めからぶり返したのです。食べるとすぐに、嘔吐を繰り返して、2週間が過ぎました。身体が重くなり、瞼が落ちそうなくらいになって、鬱病の安定剤を1錠服用し、どっと寝込みました。

2月14日の夕方にオルゴール療法研究所に電話で助けを求めました。オルゴールの聴き方を、あらためて教わりました。云われる通りにオルゴールを聞いた、次の日に全く嘘のように過食が止まったのです。奇跡が起こったと思いました。オルゴールの聴き方があるとは思いもよらなかったのです。早く電話をすれば良かったと後悔しました。『自律神経の異常からです。強く聞きすぎたせいでしょう』と云われました。あの苦しみからたった1日で解放されたことが、とても嬉しいです」 2004/2/15 

コメント:パニック障害

まだ自律神経が正常でないために、オルゴールの音を強く聞きすぎた為です。パニック障害に対してあまりに早い効果があったので、信じて強く聞き過ぎました。逆に自律神経失調を起こしたことが考えられます。抵抗力が付くまで今しばらく日数が要りましょう」

2月16日「昼間動悸が少しあったので、すぐオルゴールを胸に当てて聞きました。不思議と動悸が治まっています。身体も次第にかるくなりました」2004/2/16

2月23日「昨日は、横浜の繁華街を3時間歩きました。人混みに出てもなんともありません。鬱も感じません。快適です。安定剤も飲まないようにしています。夜はオルゴールを足に付けて寝ます。2回ほどゼンマイを巻き上げて1時間近く聞きますと、いつも冷たくて眠れないでいるのに、足がほかほかと暖まって寝付けます」 2004/2/23

症5 難聴で救急車の音が聞こえず不安でパニック障害に

「12月始めに、突発性難聴と耳鳴り、メヌエル病を引き起こして、耳鼻科でステロイド系の薬を頂きました。右の耳が難聴で、キーンという耳鳴りが四六時中起こりました。ある日車を運転しているときに、救急車のサイレン音が聞こえなかったので、びっくりして、それ以来こわくて一人では外出が出来なくなりました。

動悸が激しく、心療内科で自律神経失調からパニック障害と診断されました。外出しょうとすると、動悸が激しくなり、心臓がバクバクして、何度も、このまま死ぬのではないかと思いました。

オルゴール療法に通い始めて3回目です、パニック障害が極端に良くなりました。動悸が遠くへ行った感じです。今動悸は全くありません。少し不安感はありますが。食事が全然出来なかったのに、昨日からごはんがおいしくなりました。背中の痛みも大分取れています。いつも腰から、背中、肩胛骨と肩胛骨の間の痛みが始まって、パニック障害が起こります。

動悸が始まり、次に手に脂汗をべっとりとかきます。どうしようかと不安になり、鬱を起こす毎日でした。それが今、嘘のように楽になりました。パニックは1日に1回も出ていません。初回の療法では、身体が冷えていて、体温は34.9℃だったのに、昨日は36.2℃に上がっていました。この3ヶ月間、夜中には、歯を噛みしめて、パニック障害が起こらないように、不安の中で過ごしました。

2月28日の第一回の療法から今日まで1回もパニック障害は起きていません。不思議なくらい楽になりました。オルゴールが傍にあると思うだけで安心出来ます。パニック障害だったことを忘れそうです。とても有り難いです。 2004/3/25 50歳代 女性

症6 パニック障害の全身の脱力感を解放    2008/02/11

「平成7年4月15日、1回目 会社へ行くとき息苦しく、休んで薬を飲み安静にしていましたが、1日経って夜中に苦しくなり救急車で行きました。それから調子が悪く、心療内科で受診して「パニック障害です」と言われました。頭痛・吐き気・食欲が細い・手足の冷え・生理痛・肩・首のこり・1日中寝ていたい等の症状がありました。

薬は飲んでいました。今日は会社を休みましたがふだんは休憩がなく、昼食も摂れないときもありしんどかったです。偏頭痛の検査のため入院「血管が細くなってる」と言われ薬が出ましたが、身体に合わず近所の内科医と相談して中止しました。

 今まで家で安静にしていて療法に来るため急に歩き出したためか両足の下腿筋の筋肉痛がひどくなったので、72弁のオルゴールを膝下に入れて15分ほど聴かせてもらったところ痛みが解消しました。

 今日療法に来るときはお母さんに抱きかかえられるようにして、よちよち歩きで来ました。1回目の療法だったんですが、帰りは1人で手助け無く歩くことが出来ました。顔色も良く手足が温かくなり、表情が明かるくなりました。

4月17日 2回目 今日はお父さんと来ました。歩き方も早くなっています。風邪をひいたのか寝付きが悪く頭痛があります。頭痛は高校時代からあります。顔の血色は良くスッキリしています。背中がしっかりした感じです。付き添いのお父さんもお母さんも肩こりが取れました。

4月21日 4回目 顔の引きつりが無くなって左の頭痛が取れ、右の痛みが始まりました。首・肩・顔に吹き出物が出ています。療法が終わると足が温かいです。

4月22日 5回目 眠れません。電車に乗ると気持ちが悪いです。

5月2日  9回目 体調が悪いです。足のふらつきは取れています。

5月5日 12回目 うとうとしました。家でも熟睡していません。天候に影響を受けます。

5月12日14回目 前より早く歩けるようになり、お母さんが驚いていました。

5月16日16回目 家の回りの散歩が出来ました。これは以前から楽しみにしていたことでこの日の来るのを夢見ていました。お腹が張って苦しいです。

5月20日18回目 顔色が良く立ち方が良くなりました。少しずつ外出しています。

6月30日29回目 初めて一人で来ました。

7月29日37回目 歩くのがしんどくないです、途中休憩無しで来られるようになりました。ふらつきもありません。この間から帰りも1人で帰っています。

8月26日42回目 頭が痛かったですがひどくはなく、オルゴールを頭に付けて聴くと痛みがなくなりました。

9月2日 43回目 歩き方がしっかりしていて、歩くのがしんどくなくなりました。近所は時々散歩出来るようになりました。

コメント:パニック障害    2008/02/11

 4月に初めて療法に来られたときには、お母さんに抱きかかえられるようにして、頭をお母さんの方へもたせ掛けるようにして、よちよち歩きで来られたのです。

 ところが、お帰えりになるときは、1人で手助け無くスタスタという感じて歩かれたのです。スタッフ一同顔を見合わせるほどでした。多分ご本人はお気づきでないことでしょうが、手足が温かくなられたそうです。顔色も良く表情がとても明かるくなられました。

 9月には、見違えるほどになられて、よそ目にもお元気になられました。研究所では、パニック障害は電磁波障害からの血流不足からの一つの症状ではないかと思うほどになりました。わけの判らないさまざまの症状をお持ちの方は、一度電磁波過敏症を疑って見て頂きたいと思います。

○次の 次へ 個別療法参加 へ

ホームトップ実践

症例

症状1 パニック障害で起きあがれない状態でした
症状2 パニック障害と診断されました!
症状3 職場のストレスからパニック障害になり不安で不眠に
症状4 パニック障害・鬱病になり息をするのも苦しい
症状5 難聴で救急車の音が聞こえず不安でパニック障害に
症状6 パニック障害の全身の脱力感を解放


 少しでも症状が軽くなり、お気持ちが楽になって頂きたい
 と思っています。療法や症状を、ご遠慮なくご相談下さい。
 電話 フリーダイヤル: 0120-700-704
 電話 I P:050-3386-5291(OCNドットフォン)
   (OCNグループからの電話料が無料です) (無料プロバイダ一覧)

 電話 06-6342-0015 FAX:06-6342-5757
 矢 お問い合せフォーム はこちらへ
  オルゴール療法研究所_________________________
     大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21階


 このページのトップへ
症状と原因 | 症例 | 療法の実践

いろいろな疾患・症例の分類     オルゴール療法      
呼吸器 気道 肺


循環器・心臓


消化器


脳・脊髄・神経

脳・脊髄・神経 2

心・身 環境


心・身 環境 2


血 液


ホルモン・代謝


アレルギー 免疫


運動器・外傷


運動器・外傷 2


皮 膚


泌尿器


目・耳・鼻


口腔・のど・歯あご


胎児・乳・幼児


女性 美容と健康


が ん


複合疾患 改善


犬猫ペットの症例


 back
copy right (c)日本オルゴール療法研究所 1991 . all rights reserved.