脳挫傷のオルゴール療法による改善症例

脳挫傷がオルゴール療法で快方へ

症例1 交通事故から脳挫傷に

交通事故で脳挫傷を引きおこされました。脳幹が異常になり、リハビリテーション専門の病院に入院しました。26歳の男性の方の症例です。手術を施されましたが、全身不随となり、リハビリテーションを続けて1年半が経ちました。

辛うじて右手が動き握手が出来る程度です。オルゴール療法を看護師さんが知り、オルゴール療法研究所にお電話を頂きました。「26歳の若さであまりに不憫です。何とかして上げたい気持ちで、鍼灸の先生にご相談したらオルゴール療法のことを教わりました」

すぐにリハビリ専門の病院に入院中の病棟に出かけました。オルゴールの「カノン」をヒーリングボックス(共鳴箱)に載せて、頭の側で、毎日出来るだけ多くの時間を聴いて下さい。その記録を取って置いて頂くように依頼しました。

2週間後の朝早くに看護師さんからお電話を頂きました。「あの子が初めて声を出して笑ったのです。1年半あまり進展が見られなかったのに、それから何度も声を立てて笑うのです」と云うことでした。

脳挫傷は脳幹の異常と聞いていました。意識の回復の無い方も多くあるように聞き、脳外科ではこれ以上の治療が望めない部位で、何年間も意識が戻らず、寝たきりで過ごされているのだそうですが、オルゴールの低・高周波が脳幹に何らかの影響を与え、少しでも快復するかも知れないと期待はしていましたが、思わぬ進展に当研究所も驚きました。

それから1か月程して「何やらしゃべり始めました」と次のご報告がありました。奇跡的なと表現しても良いほどに効果をみました。そして2年半後に「職業訓練所に入れようかと思っています」との報告にオルゴールの響きの力とその凄い効果を改めて見直しました。

脳梗塞から視床痛を起こされ快復した症例も信じられないことですが、脳挫傷にも大きく寄与することが出来ると確信を持てた1臨床例です。

少しでも早くオルゴールを聞かせて上げられると良いと思います。低酸素脳症の方が「オルゴールを聞くと気持ち良さそうに目を開けているのです」との報告もあります。オルゴールの美しい生の響きに不思議な力を感じています。

脳挫傷に対するコメント:

この症例は、日本音楽療法学会と日本ホリスティック医学協会で発表しました。脳幹の異常からおこる症状を改善出来たことで「オルゴール療法」がお役に立ちました。オルゴール療法の優れた分野です。「将来科学的に検証された時にこれは優れた症例として貴重なものになるだろう」と複数のドクターから驚きと励ましのお言葉を頂戴しました。

始め脳挫傷と聞かされたとき、オルゴールの低・高周波が脳幹を正常にする力があるのなら何らかの反応があっていいと思いました。脳挫傷が少しでも快復するならとかすかに期待をかけました。脳に近づけて聴くこと、出来るだけ沢山聴くことをお母さんに勧めましたが、見事に反応が有りオルゴールの威力は凄いと実感しました。

オルゴールが脳挫傷まで影響を与えていることを科学的にも解明出来る日がきっと来ると信じますが、「脳の末梢血管が活発になると脳細胞を新たに蘇らせることも理論上では考えられないことはない。現に多くの脳が蘇る例もあり、又別の脳が代替することも無いではない」とドクターのご意見です。ご期待に添えると良いのですが。

症2 交通事故で脳挫傷、左大腿部骨折、多動性障害を起こしました

「孫が平成14年3月29日に交通事故に会い、脳挫傷と左大腿部骨折で、3ヶ月間弱入院しました。現在はハイハイはしますが、知能の遅れと、四肢の麻痺のため、歩行が出来ません。現在3歳2ヶ月の女児です。命が3回も危ないと言われ、ハイハイしている事が、奇跡だと言われました」

脳の萎縮が痙攣のため少し残っています。ハイハイで生活して、とにかくよく動いて落ち着きがありません。理解力は少しは有りますが、物を口に入れて遊んでいます。お歌が大好きです。家族が望んでいることは集中して、少し落ち着き、歩けるようになったらいいなと思っています。

保育園に通っています。11月に七五三をしたいので立っているだけでも良いのですが、でもこれは希望的観測です。いつも落ち着きがなく、注意多動と言われました。テレビを見ている時は、大変大人しくしているのです。食事の時に、いつもテーブルの上に上がって来てしまいます。

オルゴール療法のあることを知って嬉しくて、これはきっと治療に効果が出ると信じました。レンタルのオルゴールが7月7日の夜に届きまして、早速オルゴールをかけました。余分のことですが、弟も一緒に、オルゴールを聞きました。それで次の日、保育園に行った時、偶然かと思いますが、昨日まで、保育園に着くと,大泣きしてそれも気が触れるほど泣いていたのに、今日は保育園に着くとニコニコして先生に抱っこされて、私にニコニコして手を振っていたのにはビックリしました。 考えてみれば4ヶ月間毎日泣いていたのにです。不思議です。夜鳴きで困っていたのですが、その日は朝までぐっすりと眠りました.

「スイスに頼んでいたオルゴールが研究所から朝一番で届きました。有り難うございました。実は8月6日に股関節が脱臼しかかっていて、寝かせて足を上に持ち上げると筋肉が張って硬いので、医院から手術を勧めたいと言われました。12日にもう一度レントゲンを取ってその結果で決まりますが、とにかくリハビリとオルゴール療法でなんとか手術をしない方向に持って行きたかったので一日も早くオルゴールが欲しかったのです」

「今日テレビの前でつかまり立ちをしている姿を見て驚きました。腰と膝でバランスをとって立っているのです。いつもは膝が内に入り、足が反りつっぱるようになり、足首も硬く、かかとも、よく着かないのにいつもと違うしっかりした立ち方で驚きました」 2004/8/16

「ここ幾日か前より言葉がハッキリして来たなとは思っていましたが、今日は、今まで本が好きでよく読んでいましたが、ストーリーをハッキリと口に出して言いますので、ビックリしました。それから、お歌ですが、これもハッキリして来ました。薄皮をはがすようにと言いますが、始めて体験しました。有り難うございます。

朝、起きたら大きいオルゴールを聴かせます。夕方の食事まで大きいオルゴールを聴かせ、8時30分ごろ72弁のオルゴールを、共鳴箱の中に入れ、共鳴箱に敷布団を突っ込むように入れるようにしています。そのお陰でしょうか、あまりにも寝相が良いのです。良い方向にどんどん向いていっている気がします。いつの日か知能の遅れも戻って、普通の子になっていってくれるかも知れないと思ってしまいました。オルゴールに出会えたことは幸せです。嬉しくて、このオルゴールは奇跡のオルゴールだと思います」

「足が硬いせいでオムツの交換がしずらいのですが、今日は、リハビリの後、自宅へもどった時にオムツ交換をすると、足が以前よりも、すこし大きく開けたので、嬉しくなりました」 2004/8/27

「孫が2日前に『立ちたい』と言った時はビックリしました。それからは一日に2回ほど、思いついたときに、周りに何も無いところで、何もつかまらずに、一人で立とうとします。両手が、おへそのところまでいって、腰は少し曲がっていますが、1,2秒ほど立ちました」 200/8/30

「孫が今、3部屋をカタカタを押しながら歩きました。今までは立ってもすぐにグズグズとくずれていたのにです。ビックリしました。有り難うございます。カタカタですが、昨日よりも、足が少しあがって歩いているように見えます。昨日、保育園の方から、マイの進級について話があり、『現在、下から2番目のクラスですが、上に上げたいので、市の障害担当の監査を受けても良いですか』と打診がありました。私たちは、良いことだと思い承諾しました」

「立ちたいと言ったり、眠たいと言ったり、オルゴール療法を始めてからいろいろなことが起こっています。『叫声を上げなくなり多動性が少なくなりました。気が触れる程に忙しいのが次第に落ち着いています』と脳神経科の先生が言われました。昨日保育所で、孫が30秒間ひとりで立ったのを見て、先生方がびっくりして固まってしまったそうです。それを見てみんなで拍手をしたそうです。ハイハイばかりでしたのに、2ヵ月間のオルゴール療法でここまで来ました。命が助かれば良いと言われ、障害者1級の孫がひとりで立つことが出来たのです」  2004/10/3 

「ここのところ1人で1、2分立っていることがあります。一つのおもちゃに何分も遊べるようにりました。遊ぶといっても、いじっているだけですが、以前ならただ触っては投げるだけの繰り返しでしたから嬉しかったのです」 2004/11/12 

「孫が朝おしっこしたいと言いましたのでビックリしてトイレに連れて行きましたら、ちゃんと用を足すことが出来ました。ここ2、3日言葉に力が出てきたように思います。それからお歌は歌っていましたが、体を揺らしたり、腕全体、時々、指も使って表現するようになりました。こんな何でもないことが、出来るようになって感動と感謝で一杯です」 2004/11/22 栃木県 

脳挫傷に対するコメント:

脳挫傷の後遺症から改善して行く様が見えて興味深いですが、ご家族が『日に日に新しい発見があって、初めの頃の状態を忘れそうだ』と言われます。勿論ここまでには、リハビリの先生を初め、励まされて来られた先生方の努力の賜物でしょう。そして希望を持って目を輝かせているご家族の努力が大きいと思います。

骨盤の傾きや骨盤のずれを矯正したり、脳卒中の固まった手が開いたり、手術後33年ぶりに手が拡がったり、オルゴール療法は奇跡と言われる程の症例が上がっています。この方の股関節の脱臼前で正常に維持出来て、手術をしないで済むようにと願っています。希望を持って見守って行きたいと思います。

脳挫傷の症状 関連症例 ● 脳卒中/脳梗塞へ

脳挫傷の症状 関連症例 ● 骨盤矯正・脚矯正へ

脳挫傷の症状 関連症例 ● 術後手指の神経回復へ


 少しでも症状が軽くなり、お気持ちが楽になって頂きたい
 と思っています。療法や症状を、ご遠慮なくご相談下さい。

 脳挫傷の症状 電話マーク フリーダイヤル: 0120-700-704
 脳挫傷の症状 電話マーク I P:050-3386-5291(OCNドットフォン)
   (OCNグループからの電話料が無料です) (無料プロバイダ一覧)

 脳挫傷の症状 電話マーク 06-6342-0015 FAX:06-6342-5757
 脳挫傷の症状 電話マーク お問い合せフォーム はこちらへ
  オルゴール療法研究所_________________________
     大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21階

 このページのトップへ

症状と原因 | 症例 | 療法の実践 |

いろいろな疾患・症例の分類     オルゴール療法      
呼吸器 気道 肺


循環器・心臓


消化器


脳・脊髄・神経

脳・脊髄・神経 2

心・身 環境


心・身 環境 2


血 液


ホルモン・代謝


アレルギー 免疫


運動器・外傷


運動器・外傷 2


皮 膚


泌尿器


目・耳・鼻


口腔・のど・歯あご


胎児・乳・幼児


女性 美容と健康


が ん


複合疾患 改善


犬猫ペットの症例


 back
copy right (c)日本オルゴール療法研究所 1991 . all rights reserved.