耳鳴り,難聴のオルゴール療法による改善症例7〜9

耳鳴り,難聴,突発性難聴に優れた効果を検証

症7 難聴は子供のときから1年半前から耳鳴りが始まりました

「右耳に耳鳴りが1年半前から始まり寝られません。両耳とも子供の時から難聴で低い人の声はほとんど聞こえません。血圧も150-120です。朝夕に降圧剤を服用しています。

オルゴール療法に9月初めから参加しました。初回の体温は35.1度でした。
2回目、療法後の体温は、35.1度、血圧108-71です。3回目、耳鳴りが少し小さくなりました。体温が36.9になって驚きました。4回目、汗を全身びっしょりとかきました。血圧127-78です。5回目、耳鳴りの調子が良く、今までになく静かです。体温36.4度、血圧は113-78でした。

6回目、男性の低い声がはっきり聞こえるのです。近くで何度も繰り返してでないと聞こえなかったのに、離れた所の男性の声が聞こえます。耳鳴りはまだ少しありますが。昨日から顔の血色が極端に良くなり、お化粧乗りが良くなった感じです」2004/8/12 40歳代女性 M.M. 豊中市

コメント:耳鳴り,難聴,突発性難聴

療法後の体温が35.1度から36.8度まで改善され、お顔の血色が極端に良くなられました。聴覚を管轄する脳神経に潤沢な酸素と栄養素が運ばれ、聴覚神経の一部が改善され低い声が聞き取れるようになりました。

小さい時からの難聴がおしゃべりを不便にされていますが、次第にこれも改善されて行くと思われます。早い改善例として症例に上げて経過報告します。

症例8 インフルエンザから耳鳴りが始まりました

「インフルエンザにかかり39度近い熱が出ました。2日目で熱が下がる頃に左の耳鳴りが強く感じられ、ジーンという音がとても気になりました。風邪の為に取れた3日間の休息は有り難く、元気になり始めたので、テレビを何時間も寝たまま見続けたのです。食事時に妻に左目が真っ赤に充血していることを指摘され、左を下にしてテレビを見続けたせいだと反省しましたが、同時に左耳の耳鳴りが大きくなっていることに気づきこれは、一時的な血行不良により起こっていると思いました。

オルゴールを直ぐに聞き始め、約45分間耳鳴りは極端に少なくなり全く気にならなくなりました。目の充血もきれいに取れていました。多くの疾患が血行不良 から起こるとされ、今回でも納得しましたが、インフルエンザのような高熱から起こる耳鳴りを奇しくも体験することになりました。

体内の異常を外部に知らせるシグナルとして起こる耳鳴りや難聴の初期を体験出来て長い耳鳴りや難聴が、ごく初期の血行不良から神経細胞の働きを弱めて長期の疾患にしていることが分かります。オルゴールが身近にあることの幸せを感じました」 2004/2/9 この項 研究所より

コメント:耳鳴り,難聴,突発性難聴

「耳鳴り難聴に処方するオルゴール療法は、悪い方の耳をオルゴールに近づけるだけでなく、血行不良を避ける為に両サイドからの処方が良いと思います」

症例9 電磁波過敏からの耳鳴りだと解りました

「平成5年に自宅を新築して引っ越して来ました。その頃から2階の台所に立つと頭痛、鼻詰まり、目の疲れがありシックハウスだと思いました。 後で分かったのですが、家の西側に変電所があり、高圧電線の鉄塔が立っていてこの電磁波による症状だと判ったのです。

自動車のセンサーの音で眠られず、めまいが起こり、過換気症候群と診断され、スーパーに行くとめまいがし、クーラーに当たると身体が小刻みに震えるようになりました。内科、眼科、脳外科、外科、婦人科、耳鼻科、脳神経外科と回りましたが、いずれも異常なしと診断されました。その後、耳鳴りがあり、低周波が聞き取れていない、メニエールと耳鼻咽喉科で診断されたのです。

この日から電気製品がまるでダメで照明器具も便座も使えなくなりました。レストランやスーパーもこわく、食欲も落ちました。

息子がホームページを開いてオルゴール療法を探し当てました。3月25日から29日、30日、31日、と通う内に身体が温かくなり、安息感を覚え、 深く眠れるようになりました。

4月1日 昼ねの後で耳鳴りがしていないのに気がつきました。『耳鳴りがしていない!』と気がつき嬉しくなりました。4月2日も耳鳴りなしで過ごせています。嬉しくて研究所にファックスでご報告しました。」

コメント:耳鳴り,難聴,突発性難聴

最近、耳鳴り,難聴,突発性難聴、めまいや動悸など様々な症状で来館されますが、その多くが電磁波からの影響であることに気付かされました。この方のように明からに電磁波から起こる症状と、他のストレスから抵抗力を失い、発症して後に電磁波の影響を受けられる場合がありますが、いずれにしても電磁波から大きな影響を受けています。耳鳴り,難聴,突発性難聴もこの電磁波過敏を取り除くことで、取れていますので一度個別療法をお受けになることをお奨めします。シックハウスを起こす要因など様々でしょうが、パソコンや携帯電話など電化が進む現在の環境が大きな要因になっている と思われます。     
耳鳴り症状,難聴症状,突発性難聴症状 関連症例 
● 電磁波過敏・症候群

つづきの症例 forest 症例10 突発性難聴が回復して驚きました へ

ホームトップ実践

症例

症例1.2.3. ひどい耳鳴りで夜がとてもつらい
症例4.5.6.難聴と耳鳴りは親譲りの持病です
症例7.8.9. 難聴は子供のときから1年半前から耳鳴りの始まり
症例10 突発性難聴が回復して驚きました
症11 オルゴール療法で耳鳴りが突然小さくなりました
症12 手,足,腰がひどく冷え難聴が回復しました
症13 耳鳴りが改善、聴力が70〜80%回復
症14 2年前からの”キーン”の耳鳴りが消えました
症15 耳鳴り、突発性の感音性難聴が消えました


 少しでも症状が軽くなり、お気持ちが楽になって頂きたい
 と思っています。療法や症状を、ご遠慮なくご相談下さい。
 電話 フリーダイヤル: 0120-700-704
電話 I P:050-3386-5291(OCNドットフォン)
(OCNグループからの電話料が無料です) (無料プロバイダ一覧)

電話 06-6342-0015 FAX:06-6342-5757
矢 お問い合せフォーム はこちらへ
オルゴール療法研究所_________________________
     大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21階


 このページのトップへ
症状と原因 | 症例 | 療法の実践

いろいろな疾患・症例の分類     オルゴール療法      
呼吸器 気道 肺


循環器・心臓


消化器


脳・脊髄・神経

脳・脊髄・神経 2

心・身 環境


心・身 環境 2


血 液


ホルモン・代謝


アレルギー 免疫


運動器・外傷


運動器・外傷 2


皮 膚


泌尿器


目・耳・鼻


口腔・のど・歯あご


胎児・乳・幼児


女性 美容と健康


が ん


複合疾患 改善


犬猫ペットの症例


 back
copy right (c)日本オルゴール療法研究所 1991 . all rights reserved.