耳鳴り,難聴のオルゴール療法による改善症例4〜6

耳鳴り,難聴,突発性難聴に優れた効果を検証

症例4 難聴と耳鳴りは親譲りの持病です

「たばこを吸うと耳鳴りが始まります10年来の耳鳴りです。難聴は20年前からです。合わせて親父も兄も難聴なので遺伝のせいだと思っています。難聴は人の声がはっきりせず、両耳に補聴器を掛けて生活しています。療法に参加して3回目ですが、難聴の調子が良いのです。補聴器の切り替え音が良く聞こえるようになったのと、男性の低い声がはっきり聞こえるようなっています。検査で−30が−20になっています。今日は8割くらい聞こえている感じです。補聴器をはずしても低い声が聞こえています。難聴への療法の効果を感じています。」2003/10/10

症5 左の耳鳴りがひどく飛行機のキーンという音です。

「2月の初回の療法で耳鳴りの音が小さくなりました。4回目の頃には耳鳴りの音が気にならないことが多いことに気が付きました。6回目、何故か涙が止まりませんでした。療法中いつも頭が温かく、頭が揺らぐことがあります。何回目かで脳が引っ張られるような感じがしました。耳鳴りが突然止まることがあります。 13回目耳鳴りが止まっています。こんなに長く止まっているのは初めてです。嬉しいですね」 M.K.  2003/5/1  50歳代の女性

コメント:耳鳴り,難聴,突発性難聴

この症例は聴覚器官が正常になる段階をよく顕していると思います。多くの検証が待たれますが、症例があるならどんどん利用されてはいかがか?と思うのです。生命を維持する為に大切な脳幹は聴覚神経を正常にしていくと思われます。オルゴール療法を大阪府医師会報に掲載、推奨して頂いた涌井耳鼻咽喉科院長の涌井先生は「末梢血管が正常に働くと聴覚神経が新たに再生され、難聴といえども希望が持てるのではないか?」と言われています。難聴は神経がよみがえらないから無理だ」ということが現時点での常識ですが、これがオルゴール療法でくつがえる日が来るかもしれないと希望を持っています。

症6 耳詰まり,耳鳴りが始まり身体が冷え不眠になりました。

「耳詰まりが始めでした。耳鼻咽喉科で中耳炎と診断され、投薬しましたが、薬が効かず、耳鳴りが始まりました。眠れなくなり、1時間で目が覚めるようになりました。身体が冷えて戻りません。心配になって心臓がドキドキし始め、2回目に風邪をひいたときに身体がガタガタになり、自律神経失調となりました。

いろいろ療法をしましたが、何か芯が取れない感じでした。お腹が詰まると耳が詰まるのです。耳鳴りが取れず、2002年の9月にオルゴール療法に足を運びました。これはいいと感じて通い始めました。

療法の4回目の時、手足がびりびり、じんじんしました。次に肩こりがやはりびりびりと感じるのです。10回目で自律神経が良くなった感じでぐっすり眠れるようになりました。カノンやアルビーノニのアダージオを聞くと涙が出ました。最近身体が暖かくなり食事が普通に出来るようになりました。

オルゴールが9月に届いてから毎日自宅で聞けるようなり極端に身体が良くなりました。耳の詰まりも耳鳴りが全くなくなりました。朝の目覚めがとても良く『顔に元気が出ている』と云われます。何か気持ちが晴れ晴れとしています。2004/6/4 M.S. 大阪市女性 

つづきのforest 症7 難聴は子供から1年半前から耳鳴りが始まり へ

ホームトップ実践

症例

症例1.2.3. ひどい耳鳴りで夜がとてもつらい
症例4.5.6.難聴と耳鳴りは親譲りの持病です
症例7.8.9. 難聴は子供のときから1年半前から耳鳴りの始まり
症例10 突発性難聴が回復して驚きました
症11 オルゴール療法で耳鳴りが突然小さくなりました
症12 手,足,腰がひどく冷え難聴が回復しました
症13 耳鳴りが改善、聴力が70〜80%回復
症14 2年前からの”キーン”の耳鳴りが消えました
症15 耳鳴り、突発性の感音性難聴が消えました


 少しでも症状が軽くなり、お気持ちが楽になって頂きたい
 と思っています。療法や症状を、ご遠慮なくご相談下さい。
 電話 フリーダイヤル: 0120-700-704
 電話 I P:050-3386-5291(OCNドットフォン)
   (OCNグループからの電話料が無料です) (無料プロバイダ一覧)

 電話 06-6342-0015 FAX:06-6342-5757
 矢 お問い合せフォーム はこちらへ
  オルゴール療法研究所_________________________
     大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21階


 このページのトップへ
症状と原因 | 症例 | 療法の実践

いろいろな疾患・症例の分類     オルゴール療法      
呼吸器 気道 肺


循環器・心臓


消化器


脳・脊髄・神経

脳・脊髄・神経 2

心・身 環境


心・身 環境 2


血 液


ホルモン・代謝


アレルギー 免疫


運動器・外傷


運動器・外傷 2


皮 膚


泌尿器


目・耳・鼻


口腔・のど・歯あご


胎児・乳・幼児


女性 美容と健康


が ん


複合疾患 改善


犬猫ペットの症例


 back
copy right (c)日本オルゴール療法研究所 1991 . all rights reserved.