耳鳴り,難聴のオルゴール療法による改善症例10

耳鳴り,難聴,突発性難聴に優れた効果を検証

症例10 突発性難聴が回復して驚きました

「18年3月の始め、目覚めると右の耳鳴りに気付きました。払いのけても払いのけても日増しに耳鳴りが強くなってゆきました。耳に水が入った様な圧迫感が有りました。

3月中旬に耳鼻咽喉科を受診し、医師から『低周波が聞き取れていない難聴です』と言われて驚きました。私は、耳鳴りに気を取られていて、難聴には気付いていませんでした。左右の耳を順番にふさいでみると聞こえ方が違っていることが分かりました。薬を処方されて服用しましたが、耳鳴りと難聴は続きました。それからは電話を左の耳で聞くように努め外出も家族に付き添ってもらうようにしました。

3月末にオルゴール療法に出会いました。オルゴールを聞いて又驚きました。左右順番にオルゴールに耳を近づけてみると左の耳は色々きれいな音がたくさん聞こえるのに右の耳はそれが無いのです。毎日、右、左と試しながらオルゴールを聞きました。オルゴール療法の原理(脳の働きを正常にすることで様々の疾患を治してゆく)に納得出来ましたので、耳鳴りと難聴は続いていましたが、処方された薬が無くなったことを機に服用を中止しました。

オルゴール療法に家族付き添いで毎日の様に通いました。丁度1週間目のことです。療法所でオルゴールを聞き終わると、『湯あたり』状態になり、ソファーで横になってから帰宅の途につきましたが、車内でも、あくびがしきりに出ました。昼食を早々に済ませて、昼寝をしました。夕方、目覚めると、耳鳴りが消えていました。とてもうれしかったです。

そして、それから4日後には、右の耳が、左と同じ様に、きれいなオルゴールの音が聞こえるようになりました。信じられずに何度も試しましたが、やはり聞こえるのです。早い回復に、私自身驚きました。それ以来、難聴は治り、家族に『聞こえ過ぎてるよ』と言われる程に良く聞こえる様になりました。

オルゴールを聞いて先ず感じたのは、身体が芯から温かくなってゆくのが分かったことです。そして全身の力が抜けてゆく様なリラックス感が有り、きれいな音楽を聞くだけで身体が良くなってゆくのが実感出来て、幸せ感が伴っていることが有り難いです。

現在も毎日、自宅でオルゴールを聞くと共に、療法所にも出来るだけ通って大きなオルゴールを聞くようにしています。」50歳代 女性 兵庫県 

この方の顕著な症例がテレビワイド番組 「ミヤネ屋・クリニック 『突発性難聴』で放映。
2006年10月3日(火)15時55分〜18時

つづきの症例 forest 症11 オルゴール療法で耳鳴りが突然小さく へ

ホームトップ実践

症例

症例1.2.3. ひどい耳鳴りで夜がとてもつらい
症例4.5.6.難聴と耳鳴りは親譲りの持病です
症例7.8.9. 難聴は子供のときから1年半前から耳鳴りの始まり
症例10 突発性難聴が回復して驚きました
症11 オルゴール療法で耳鳴りが突然小さくなりました
症12 手,足,腰がひどく冷え難聴が回復しました
症13 耳鳴りが改善、聴力が70〜80%回復
症14 2年前からの”キーン”の耳鳴りが消えました
症15 耳鳴り、突発性の感音性難聴が消えました 症16 もう耳鳴りや難聴を我慢しなくていいの?


 少しでも症状が軽くなり、お気持ちが楽になって頂きたい
 と思っています。療法や症状を、ご遠慮なくご相談下さい。
電話 フリーダイヤル: 0120-700-704
電話 I P:050-3386-5291(OCNドットフォン)
(OCNグループからの電話料が無料です) (無料プロバイダ一覧)

電話 06-6342-0015 FAX:06-6342-5757
矢 お問い合せフォーム はこちらへ
オルゴール療法研究所_________________________
     大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21階


 このページのトップへ
症状と原因 | 症例 | 療法の実践

いろいろな疾患・症例の分類     オルゴール療法      
呼吸器 気道 肺


循環器・心臓


消化器


脳・脊髄・神経

脳・脊髄・神経 2

心・身 環境


心・身 環境 2


血 液


ホルモン・代謝


アレルギー 免疫


運動器・外傷


運動器・外傷 2


皮 膚


泌尿器


目・耳・鼻


口腔・のど・歯あご


胎児・乳・幼児


女性 美容と健康


が ん


複合疾患 改善


犬猫ペットの症例


 back
copy right (c)日本オルゴール療法研究所 1991 . all rights reserved.