耳鳴り・難聴改善のご相談はオルゴール療法へ

耳鳴り,難聴,突発性難聴 解消 改善 オルゴール療法

高・低周波が脳幹の機能を改善して恒常性を回復

オルゴールの響きに脳の血流を回復する力があり 神経とホルモンの分泌を正常にして自然治癒力で心身を根本から 改善する療法です。耳鳴り,難聴,突発性難聴に顕著な改善が見られ、 改善された心身はストレスに対して抵抗力があり、新たな症状をひき起こさない副作用のない優れた療法です。


オルゴール療法は心身の恒常性を取り戻す健康法です。脳を正すことで、自律神経とホルモンの分泌を正常にし、様々の疾患を同時に治癒して行く療法です。「一つ一つの疾患を対処的に治すのではない」と云う言葉は重要な意味を持っています。ほとんどの症状は、自律神経とホルモンの分泌の異常から起こり、血液の循環を悪くし、体温を下げ、白血球が正しく稼働せず、免疫力を失い、一番弱い処に症状として現れます。

これが病気です。現代医療では、それを治す為に一つ一つに処方されます。薬や手術の功罪があって、副作用に苦しみ、生活の悪環境も手伝い、身体を元に戻す力を失っています。オルゴール療法は脳が正しくなれば、身体は良くなるという原理に基づいています。ここに上げる200を超える症例の全てに優れた効果をもたらしていることを観て、オルゴール療法の真の姿を理解して頂きたいのです。

殆どの方が4つ、5つの疾患から解放されている事実を見て下さい。ご自分の一番関心のある症状を個々に理解されて後、全体をご覧になって下さい。その効果の大きさに、オルゴール療法の力をお感じになれるでしょう。そして本来の自然の治癒力のすごい力も大切であることが判ります。ご自分にも当てはまると思って下さい。気がつかない疾患までも良くしていく素晴らしいオルゴール療法がこの世に生まれたことを喜んで下さい。感動の記録もお読みになって参考にされると良いと思います。勇気を出して取り組んで下さい。きっと得るものがあります。
耳鳴り症状,難聴症状,突発性難聴症状 参考 ● 複合疾患を改善した感動の記録

健康月刊雑誌[はつらつ元気7月号]に紹介

「耳鳴りやめまいが次々に治るオルゴール療法」として6ページで特別レポートされました。体験談として「耳鳴りや偏頭痛の解消、肩と首のこり改善、動悸とめまいが解消」など高血圧や糖尿、リュウマチの改善されている現状が記事になっています。 2004/6月2日発売、芸分社、124ページに掲載

テレビ放映[からだ元気科]日本医師会後援・日本テレビ

5月27日(金)11時〜11時25分 全国放送  日本テレビ 「からだ元気科」 日本医師会後援   毎週テーマを1つ取りあげ専門医の解説を加えその予防・治療を紹介する医療専門の番組です。
 今回は「頭痛」の原因とされる「ストレス」の対処改善法の一つとして当療法が取りあげられました。

大阪府医師会報「Vol.322平成14年9月号」に掲載

大阪府医師会報にご掲載頂きました。オルゴール療法の概略と橋本病、鬱病、筋無力症、リウマチ症状、口内炎など5つの症例を上げました。涌井耳鼻咽喉科の院長先生は「通常では有効な治療法が確立されていない、難病やそれに類する症例に対しても確実な臨床的成果を上げられつつあります。ストレス時代において、ますます需要を増大させている心身医学における無視できない手法のひとつとして今後の発展が期待されます」とご紹介を頂きました。

耳鳴りの症状、原因

 耳鳴りには低音性のものや高音性のもの、風や虫の声まで、凡そ140種類もあると云われています。心理的なストレスや疲労からの原因や身体の異常から起こるもの、薬の副作用も原因とされていますが、ほとんどは耳の病気が原因とされています。

脳神経系や低血圧・高血圧、血液・リンパ系や糖尿まで影響すると云われ、その原因を特定することが難しい病気です。

難聴 突発性難聴の症状、原因

 難聴は厚生労働省が指定する123の難病の一つに上げられています。難聴には破裂音などから起こる音響外傷、工場などで起こる騒音性難聴、一般的な突発性難聴がある。

 突発性難聴は、急激な聴力が悪化して、片方の耳が突然聞こえなくなる、あるいは聞き取りにくくなる症状です。耳鳴りを伴うことが多く遺伝性はないと見られています。

 難聴 突発性難聴の原因は、ウイルス感染、内耳循環障害の2つの説が有力です。内耳循環障害は血液の循環不良から酸素、栄養素が潤沢に運ばれない状態から機能を低下させていると考えられています。

 当研究所での多くの症例の中で、電磁波や化学物質の障害から血液の循環不良を起こして、神経とホルモンの分泌のバランスを崩した状態で、人間関係や冷えなどのストレスが発症の引き金になっていると考えるに至りました。

耳鳴り,難聴,突発性難聴の治療法

 ストレスなど心理的な原因のものは、ストレス解消から、また内臓疾患から来るものは、その疾患の治療を行うことですが、原因の特定が難しい疾患ですから、即効性がなく長くかかる耳鳴りが多いと云われています。

 強いストレス、長引く交感神経の緊張が聴覚の血流を止め、神経細胞を衰退させているのですから、血流を促進して、酸素と栄養を届けることが大切です。

一方、ストレスが強すぎると云う身体の合図でもあるのですから、耳鳴り・難聴の治療には、リラックスが基本の要因であり、身体をあっためて血流を促進することと心得なければならないと思います。

 薬に頼る前に自然の治癒力を活かすことを根底に考えましょう。 

耳鳴り,難聴,突発性難聴の解消・改善のしくみ

第1番目にに先ず自律神経失調を正常にすること。
第2番目に交感神経の優位から全身の血行を良くすること。
第3番目に副交感神経の働きを良くして真のリラクセーションを、そして末梢血管までの循環を良くすることです。
第4番目にホルモンの分泌を正しくして心身の自然の治癒力を引き出すことです。

全身から発する異常信号は、脳の視床下部で感知して、神経の中枢である脳幹から全身の神経へ伝達され、フィードバックされ機能を正常にするように働きます。この仕組みが壊れた状態で多くの疾病が起こります。即ち自律神経系の異常が大きな原因とされています。大きなストレスやショックや人生での心の負担は自律神経の恒常性を壊して、心身に異常を来たします。その結果心身に大きな影響を受けて変調します。

耳鳴り,難聴,突発性難聴の解消・改善とオルゴール療法

@ オルゴール療法では、低周波・高周波の豊富なオルゴールを聴くことで、交感神経を大きく刺激して血液の循環を活発にします。心肺機能を高め酸素と栄養素を末梢血管の送り込み、細胞の活性を行います。耳鳴り,難聴,突発性難聴解消に大切な体温の上昇をみましょう。

A 次に徹底的なリラクセーションから副交感神経の優位を導きます。気持ちの良いとき末梢神経から血液中にアセチルコリンという化学物質が流れ血管の壁を柔らかくして栄養と酸素を運ぶ赤血球を末梢血管にまで運びます。耳鳴り・難聴解消には末梢血管の活性が欠かせません。

B 真のリラクセーションは成長ホルモンを豊富にし、全身の細胞を新しくします。組織や神経や骨の細胞を新しくするために大切なホルモンです。耳鳴り・難聴解消にリラクセーションが重要視されていい原因です。

C オルゴールの響きにある高・低周波は脳幹を刺激し、血流を促進し、自律神経を正しくする為のコントロールを行います。ホルモンの分泌が正しく行われているかどうかを監督し全身の調節を行います。従って生命を維持する脳幹を正しくすることが大切なのです。
一方半強制的な心地よさを誘うオルゴールの響きは、真のリラクセーションをもたらします。神経の働きとホルモンの分泌が正常になっていきます。耳鳴り、難聴のような原因の特定の難しい疾患には、耳の疾患に直接働きかけて快復する一方で全身の機能をも回復してゆくオルゴール療法は誠に好都合な療法と云えます。

耳鳴り 難聴の解消 改善 療法の特性

高・低周波の響きと、楽しい音楽と、美しい音色です。オルゴール療法は恒常的な心身をつくることを目的とします。脳を正常にすることで、心身の恒常性を保つ、根本の療法と云えましょう。予防医学の面からも優れた効果の期待できる真の健康法と云えると思います。耳鳴りや難聴や自律神経失調や血行不良など多くの疾患に是非お試しになって下さい。良い効果が期待出来ましょう。
耳鳴り症状,難聴症状,突発性難聴症状 関連症例 ● 血行不良へ

つづきの症例 forest 症例1.2.3. ひどい耳鳴りで夜がとてもつらい へ

ホームトップ実践

症例

症例1.2.3. ひどい耳鳴りで夜がとてもつらい
症例4.5.6.難聴と耳鳴りは親譲りの持病です
症例7.8.9. 難聴は子供のときから1年半前から耳鳴りの始まり
症例10 突発性難聴が回復して驚きました
症11 オルゴール療法で耳鳴りが突然小さくなりました
症12 手,足,腰がひどく冷え難聴が回復しました
症13 耳鳴りが改善、聴力が70〜80%回復
症14 2年前からの”キーン”の耳鳴りが消えました
症15 耳鳴り、突発性の感音性難聴が消えました 症16 もう耳鳴りや難聴を我慢しなくていいの?


 少しでも症状が軽くなり、お気持ちが楽になって頂きたい
 と思っています。療法や症状を、ご遠慮なくご相談下さい。
 電話 フリーダイヤル: 0120-700-704
 電話 I P:050-3386-5291(OCNドットフォン)
   (OCNグループからの電話料が無料です) (無料プロバイダ一覧)

 電話 06-6342-0015 FAX:06-6342-5757
 矢 お問い合せフォーム はこちらへ
  オルゴール療法研究所_________________________
     大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21階


 このページのトップへ
症状と原因 | 症例 | 療法の実践

いろいろな疾患・症例の分類     オルゴール療法      
呼吸器 気道 肺


循環器・心臓


消化器


脳・脊髄・神経

脳・脊髄・神経 2

心・身 環境


心・身 環境 2


血 液


ホルモン・代謝


アレルギー 免疫


運動器・外傷


運動器・外傷 2


皮 膚


泌尿器


目・耳・鼻


口腔・のど・歯あご


胎児・乳・幼児


女性 美容と健康


が ん


複合疾患 改善


犬猫ペットの症例


 back
copy right (c)日本オルゴール療法研究所 1991 . all rights reserved.