狭心症,心筋梗塞改善のオルゴール療法による改善症例

狭心症 心筋梗塞がオルゴール療法で快復

仕事上のストレスから狭心症となり不安な毎日でした

「2002年の5月頃から仕事からのストレスがたまっていると感じていました。少し体重が増え胃の周りに余分の脂肪がついたなと感じ初めていた頃でした. ある日朝の布団の中で、突然、胸が苦しくなり、しばらく息を詰めて我慢しました。その後何ともないので、ほっておいたのです。しばらくして、この胸の苦しさが 頻繁にやって来て、目の奥が針を刺したように傷み始めたのです。

これはただ事でないとあわてました。国立循環器病センターで狭心症と診断され、薬にニトログリセリンを頂戴した時は、心中穏やかでは有りませんでした。自分がニトロを常備して持ち歩くことなど想像もしませんでした。いつ発作で倒れるか分からない程の病気だとは思いたくなかったのです。

以前から知っていたオルゴール療法に毎日通う日が続きました。病院では、様々の検査を受けました。自宅では血圧を計る毎日でした。苦しくなると人知れず、ニトロを舐めて、苦しさを凌ぎました。

オルゴール療法は、大層気持ちの良いものでした。初めオルゴールで狭心症が治るとは思いませんでしたが、ストレスを取るには最適と思ったので、自宅でも努めて聞きました。一ヶ月も経たない中に、いつの間にか、狭心症の発作がなくなっていました。不思議なほど安定しています。ニトロは1年も財布の中で眠ったままです。Y.S. 60歳代の男性

症2 ストレスから神経性の狭心症となりました

「8年ほど前からストレスと不眠による神経性の狭心症に悩まされ、苦しんできました。神経性の狭心症と診断されてから、いろいろな健康食品や、療法も数多くやってきました。食事療法は現在も行っております。よく眠れると、狭心症の症状も軽くなるのですが、冬の営業がきつくなるとまた、不眠が現れ、胸が苦しくなってくるのです。

ストレスが不眠を起こし、不眠からの狭心症だそうですが、眠れないというのは、本当につらいものです。睡眠誘導剤も試していますが、気分のいい日が訪れず、明日こそはと思いつつ毎日を送っています。ホームページの狭心症を探していてオルゴール療法に出会いました。これで狭心症が治るかもしれないと直感したのです」

「オルゴールが4月の1日に我が家に届きました。うれしくなり感動が広がり、箱を開けるのが怖いような気持ちになりました。一回目は不思議な気持ちで15分間聞き入りました。2回、3回と聞くうちになんとも言えないカノンの曲の魅力が全身にしみてくるのを体感しました。何度も何度も聞くことによって、体がオルゴールを求めているんだと気がつきました。スウーと眠気に誘われそうになり、やっと2ヶ月ぶりに眠れるのかなあーと思っています」 2004/4/1

「オルゴールが届いて1ヶ月が経ちました。カノンが魂の奥まで響いてくるような美しいメロディーに感じるようになりました。20日くらい経った頃から、不思議なことが起こりました。毎日6時間、途中で目も覚めず、ぐっすり眠れるようになったのです。そして、胸の苦しさがほとんど感じられなくなっています。神経が普通になり、眠れるようになって自然に狭心症が解消されたのでしょうか?本当に信じがたい程の効果に驚いています。

田んぼの作業やぶどうの手入れなど農業の重労働も苦にならず、以前より疲れが軽くなりました。夜の会合も不眠と胸の苦しさでもがくほどの狭心症の苦痛が楽になりました。オルゴール療法を続ければ治るんだと本当に確信出来るようになっています」 2004/5/13 

「睡眠と狭心症は深い関係にあるのですね。オルゴールを聴いて50日ほどですが、睡眠が5時間くらいの時でも、疲れ切っていても、狭心症の、あの胸の苦しさが感じられなくなっています。10年前の自分に戻ったような嬉しさがこみ上げています。脳幹を刺激することが、身体的にも、精神的にもブレが少なくなってくるのですね。恒常性というか、安定してきているのが感じられます。寝る時は、もう離せないですね。しっかり治してゆきたいと思っています」 2004/5/21 山形県 50歳代 男性

狭心症・心筋梗塞へ研究所からコメント

多くストレスが原因で自律神経の異常をきたして、食生活も脂肪分の多く、過食と睡眠不足は様々の疾患を引き起こしています。生命を維持する脳幹はこれに抗しきれず、心臓にも正しい指令がくだされなくなり、循環器系がうまく作動せず、血液はドロドロになり、新陳代謝が悪く老廃物は溜まる一方となります。

それでも男性は強く、日々の忙しい仕事に埋没しています。狭心症・心筋梗塞は現代の生活習慣から循環器系の異常から起こる疾患です。これが窓口でいろいろの心臓疾患や脳血管の疾病になります。

狭心症・心筋梗塞への方向付け

オルゴール療法は
第1番目にに先ず自律神経失調を正常にします。
第2番目交感神経の優位から全身の血行を良くし全身を温めます。
第3番目に副交感神経の優位から真のリラクセーションをもたらします。
第4番目に胃腸など消化器系を正しくして栄養摂取をします。
第5番目にホルモンの分泌を正しくして
弟6番目に心身の自然の治癒力を引き出し全身を改善していきます。

動物は本来、神経の中枢である脳幹からの指令が全身の神経へ伝達されて、心身の機能が正常に働くように出来ています。この仕組みが壊れた状態で多くの疾病が起こります。即ち自律神経系の異常が大きな原因とされています。大きなストレスやショックや心の負担は自律神経の恒常性を壊して、心身に異常を来たします。その結果血行不良や血行障害やホルモンの分泌の異常を訴えるようになると云われています。
狭心症の症状,心筋梗塞の症状 関連症例 ● 血行障害へ

狭心症・心筋梗塞とオルゴール療法

オルゴール療法では、強い響きのオルゴールを聴くことで先ず交感神経を大きく刺激して血液の循環を活発にします。心肺機能を高め酸素と栄養素を末梢血管の送り込み、細胞の活性を行います。細胞を日々に新しくすることが老化防止の第1です。血液の良好な循環は狭心症に良い効果をもたらします。

次に徹底的なリラクセーションから副交感神経の優位を導きます。気持ちの良いとき末梢神経から血液中にアセチルコリンという化学物質が流れ血管の壁を柔らかくして栄養と酸素を運ぶ赤血球を末梢血管に運びます。白血球の流れを良くします。血液をサラサラにすることが狭心症に良い結果をもたらします。

真のリラクセーションは成長ホルモンを豊富にし、その結果、細胞を新しくします。脳幹は全身の主立った30種類を超えるホルモンの分泌が正しく行われているかを監督する重要な働きをします。狭心症を治すのは脳幹の働きを正すことが近道です。

オルゴールの響きにある高・低周波は脳幹を刺激し、血流を促進し、自律神経を正しくする為のコントロールを行います。ホルモンの分泌が正しく行われているかどうかを監督し全身の調節を行います。従って脳幹を正しくすることがとても大切であることが判って来ました。その原理を基礎にしたオルゴール療法で狭心症 のような病気が治り、療法の効果に驚かれています。

狭心症・心筋梗塞 オルゴール療法の特性

高・低周波の響きと、楽しい音楽と、美しい音色です。オルゴール療法は恒常的な心身をつくることを目的とします。脳を正常にすることで、心身の恒常性を保つ、根本の療法と云えましょう。予防医学の面からも優れた効果の期待できる真の健康法と云えると思います。狭心症に是非お試しになって下さい。良い効果が期待出来ましょう。

 少しでも症状が軽くなり、お気持ちが楽になって頂きたい
 と思っています。療法や症状を、ご遠慮なくご相談下さい。

 狭心症の症状,心筋梗塞の症状 電話マーク フリーダイヤル: 0120-700-704
 狭心症の症状,心筋梗塞の症状 電話マーク I P:050-3386-5291(OCNドットフォン)
   (OCNグループからの電話料が無料です) (無料プロバイダ一覧)

 狭心症の症状,心筋梗塞の症状 電話マーク 06-6342-0015 FAX:06-6342-5757
 狭心症の症状,心筋梗塞の症状 電話マーク お問い合せフォーム はこちらへ
  オルゴール療法研究所_________________________
     大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21階

 このページのトップへ

症状と原因 | 症例 | 療法の実践 |

いろいろな疾患・症例の分類     オルゴール療法      
呼吸器 気道 肺


循環器・心臓


消化器


脳・脊髄・神経

脳・脊髄・神経 2

心・身 環境


心・身 環境 2


血 液


ホルモン・代謝


アレルギー 免疫


運動器・外傷


運動器・外傷 2


皮 膚


泌尿器


目・耳・鼻


口腔・のど・歯あご


胎児・乳・幼児


女性 美容と健康


が ん


複合疾患 改善


犬猫ペットの症例


 back
copy right (c)日本オルゴール療法研究所 1991 . all rights reserved.