口内炎改善のオルゴール療法による改善症例

症例1 口内炎がすっかりよくなりました

「ストレスからホルモンの分泌のバランスを崩し、ビタミン不足や貧血からいつも口内炎で苦しみました。アレルギー性の体質もあり、口の中の粘膜に炎症が起こって痛みが起こるのだそうです。皮膚科で副腎皮質ホルモン系の軟膏を頂き、口内炎になるとそれを塗って治していましたが、又すぐに口内炎に戻ります。体質で起きるならしょうがないかなと半ばあきらめていました。

オルゴール療法を受けるようになってから、全身、特に顔の血色が良くなり、身体全体に汗をかくようになりました。それからこの口内炎が3日程で薬も付けず治るようになりました。今はもう全く口角炎の症状は起こらなくなりました。口内の皮膚炎で痛み、なかなか治らずに何かと不便でしたが、どうしてオルゴールをオルゴール療法で体質が改善された為と思います。」 40歳代女性 大阪市 西田幸子さん 口内炎症状 アレルギー性口内炎症状 関連症例 ● 口角炎へ

【2008年2月9日】 その後の経過も良好だそうです。半年で12の疾患を次々改善され喜ばれました。アレルギー性口内炎は体質改善が必要ですから抵抗力を付ける為にオルゴール療法を続けるようにお勧めしました。グループ療法にも続けてご参加されていて、『現在6年を過ぎましたが口内炎は全くなく毎日気持ちがいいです』とご報告でした。

口内炎を完治された西田幸子さんの写真

はじめに鬱の症状で来館されました。1ヶ月でほぼ鬱の症状が改善されてから口内炎、口角炎を始め12の疾患を次々に解消された被爆二世の方です。

元々冷え性でしたが、現在は体温は36度8分を維持され血色が見違えるほどになられました。

半年の間に13年間苦しまれた12の疾患を次々に改善され、オルゴール療法が根本の療法で潮が退くようにお元気になられた典型的な症例です。お写真もお名前もご了解頂いて掲載させて頂きました。2008年2月9日現在のお元気な西田幸子さん。


症2 アレルギー性の口内炎と口角炎が同時によくなり驚いています

「更年期の症状からです。身体のバランスをくずして、口内炎と口角炎を起こしいつまでもよくなりません。アレルギー性の体質でしょうか目も何となく悪くなり難渋していました。橋本病をオルゴール療法で治した方から聴いて2回ほどオルゴール療法に参加しました。

その後は自宅でオルゴール療法を続けました。 出来るだけ多く聴くように指導されて1日3時間もオルゴールを聴きました。1ヶ月できれいに治ってもう薬も使っていません。少し聞き過ぎたせいか頭が痛くなりましたが、とにかく長年の口内炎が簡単に治って驚いています」2003/10/23

口内炎に対するコメント   2003/10/23

脳幹の刺激は交感神経を優位にして肺と心臓の機能を高め血行を良くします。副交感神経の優位は真のリラクセーションをもたらします。血管を柔らかくし、血液の循環をよくし末梢血管まで酸素と栄養を運びます。リンパの流れを良くすることで体内に入る細菌やウイルスをやっつけます。血液の良好な循環は傷口を癒す血小板を多く運びます。一方ホルモンの分泌を正しくして身体を整えます。体質を改善することで様々の症状から解放されていますが、口内炎や口角炎やアレルギー性結膜炎や鼻炎なども、脳を正すことで心身を正常にするオルゴール療法原理から潮が引いたように良くなる特質を良く顕している例としてご参考にして下さい。


症3 口内炎良くなり、腰痛までなくなりました

 「口内炎をインターネットで検索しましたらオルゴール療法が出ました。改善例を見てまさか?と思いましたが半信半疑で実践に参加しました。

 2回目の療法で口内炎が治ったので『ホントやった』と思いました。口内炎が良くなったので、これでもうやめようかと思いましたが、アルツハイマー病を治した男性の症例をみて、将来の呆け予防の為に続けようと思いました。

 その後、交通事故で腰椎の圧迫骨折があり、1年くらいオルゴール療法を休んでいたのですが、腰にも効くかも知れないと思い、続けたら腰も良くなりました。 2008年2月/16日 大阪府 40歳代女性 Y.K.さん


症例4 口内で下唇の内側がめくれて痛みました

 「会社に勤め出してから夏になると下くちびるの内側が白く腫れて、それが薄くなってめくれると痛みました

 何かストレスを感じると出るように感じていました。口内の皮膚がめくれると痛くなり、食欲がなくなり、味にも影響して、食べられずうっとうしく、しゃべるのも気になっていました。

 糖尿のことばかり気になって、口内炎を忘れていましたが、オルゴール療法に通うようになって2ヶ月のうちに口内炎がなくなっています。いつも寒い冬の季節はアカギレで悩んでいましたのに、この冬は何も感じません。糖尿病の数値も下がっていて効果を強く感じています。 2008年2月16日 京都府 30歳代女性 M.H.さん  


症例5 下唇の口内がずっと出来ていて痛みました

 「40歳代からずっと口内炎で悩んでいました。イボが下唇に出来て、そのままずっとなくなることはありませんでした。うっとうしく、邪魔で痛むので歯で噛み切ることもありました。

 噛み切っても又すぐに出来ました。疲れると出て、その上に熱の花・ヘルペスもいつも出来ていました。

 50歳になって脳梗塞からの後遺症が新しく加わり、その為に長いこと口内炎もヘルペスも忘れていました。脳梗塞の後遺症の煩わしさから比べると口内炎はまだ軽い症状でしたから、意識の中にほとんどなく、歩きたい一心のリハビリの毎日でしたから。

 後遺症から脱却したい、オルゴール療法に取り組んでから信じられないほどの改善がみられ、励みが出て、毎週療法に通いました。最近研究所に通っている方から口内炎が治ったという報告を聞いて、そういえば、あのしつこい口内炎がなくなっていることに気づきました。

 ずっと出来ていた口内炎がオルゴール療法をはじめてから気がついたら治っていたのです。口内炎もヘルペスも完全になくなっています。今日改めて気づきました。いろいろ助けられているオルゴール療法で口内炎まで出来なくなってホントに助かります。 2008/02/25 60歳代 男性 N.M.さん 大阪府

コメント:口内炎 口角炎 2008/02/25

 脳梗塞の後遺症からしゃべること普通に出来ず、角砂糖を口に入れてしゃべるほどの煩わしさから解放されたり、交互に歩けるようになって、ストレスから少し解放されたことも口内炎解消の一因でしょうが、血流回復、神経系統が正しくなりホルモン分泌が正しくなって自然の治癒力が働くきっかけにオルゴール療法がかかわったと考えられます。

 口内炎のみを改善、解消するために来所される方はありませんが、自然に治っていて驚かれるのです。しかし考えてみると、これこそがオルゴール療法の素晴らしさではないでしょうか?表に現れない疾病まで影響し改善出来るからです。


 


 少しでも症状が軽くなり、お気持ちが楽になって頂きたい
 と思っています。療法や症状を、ご遠慮なくご相談下さい。

  口内炎症状 アレルギー性口内炎症状電話マーク フリーダイヤル: 0120-700-704
 口内炎症状 アレルギー性口内炎症状 電話マーク I P:050-3386-5291(OCNドットフォン)
   (OCNグループからの電話料が無料です) (無料プロバイダ一覧)

 口内炎症状 アレルギー性口内炎症状 電話マーク 06-6342-0015 FAX:06-6342-5757
 口内炎症状 アレルギー性口内炎症状 電話マーク お問い合せフォーム はこちらへ
  オルゴール療法研究所_________________________
     大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21階

 このページのトップへ

症状と原因 | 症例 | 療法の実践 |

いろいろな疾患・症例の分類     オルゴール療法      
呼吸器 気道 肺


循環器・心臓


消化器


脳・脊髄・神経

脳・脊髄・神経 2

心・身 環境


心・身 環境 2


血 液


ホルモン・代謝


アレルギー 免疫


運動器・外傷


運動器・外傷 2


皮 膚


泌尿器


目・耳・鼻


口腔・のど・歯あご


胎児・乳・幼児


女性 美容と健康


が ん


複合疾患 改善


犬猫ペットの症例


 back
copy right (c)日本オルゴール療法研究所 1991 . all rights reserved.