風邪症状,インフルエンザのオルゴール療法による改善症例

風邪症状 インフルエンザ症状 体質改善

症例1 しつこい風邪から何度も解放されました

「3年前までは、風邪をよく引きました。普段はいたって元気なほうですが、一旦風邪をひくと気分の勝れない日を過ごします。3日目から寝込み初め、汗を全身にかき、下着を取り替えて、一刻も早く回復しようとして3日間は布団を頭からかぶって寝ます。

抗生物質と漢方薬のケイシトウとショウガ湯でふうふうと汗だくの日を過ごします。家に伝わる風邪解消法は、卵酒と砂糖入りのショウガ湯は子供の時から愛用しておりました。たいした病気もしないのにこの風邪だけは1年に多いときは6〜7回も付き合っていて持病に感じる程でした。時々の疲れを取り、身体を正常にする処方と思うことにしていました。

2年半前から風邪をひいたと感じたらすぐに、オルゴールを枕にくっつけて寝るようにしました。自律神経がおかしいと感じる時があって、そのタイミングで直ぐにオルゴール療法を始めます。不思議なことに風邪にかかって寝込むことが全くなくなりました。この2年半の間、約12回程このようにして風邪から逃れています。これは風邪予防法だと自慢に出来る程です。

その経済効果は計り知れないと思っています。先ず病院に行って診察券を出し、何時間も待って薬をもらい、熱に耐え判然としない頭でなにやら判断を迫られて、早めに帰宅して寝床に入ります。もったいない時間をどれ程に風邪の為に費やしたことでしょうか? 体力や気力の消耗も計り知れないと思います。

今は、風邪を全く身体に入れない自信のようなものが出来ました。オルゴールさえあれば大丈夫という自信です。風邪は万病の元と云われ、風邪薬を開発したらノーベル賞ものだと云われていますが、これはそれに近い予防法だと思っています。抵抗力を付けて風邪の細菌やウイルスを寄せ付けないオルゴール療法に希望を抱いています」

海外旅行で1週間欧州を廻りました。仕事で忙しくしました。季節の変わり目に、温度差が大きく、体調がおかしくなり、風邪をひき込みました。1週間が過ぎ身体が重く、口が渇き、ひどくくちびるが荒れてしゃべることが難しくなりました。体温は37.5℃から38℃位の感じでした。

帰国して、オルゴールを後頭部に直接当てて1時間ほど聞いて寝ました。汗を沢山かいて翌朝シャワーを浴びてすっきりしました。いつもだと3日間寝込む程風邪が進行して痰まで出る程になっていたのに、一度で回復しました。身体が極端に軽くなり、鼻の通りが良くなり、痰が取れ、目のショボショボがありません。まだくちびるの渇きが少し残っていますがほとんど感じません。自律神経を正常にすればきっと良くなると信じていましたが、予想以上の効果に驚いています」

「3年ぶりに風邪をひきました。車を後ろから追突され、軽いむち打ち症になって、自律神経を失調し、身体の抵抗力を失ったのでしょうか、久しぶりに汗をびっしょりかき、2日間うっとうしい日を過ごしました。いつものようにオルゴールを一心に聞きました。お陰で仕事を休むことなく、4日目に風邪の症状を解消しました。この3年間で風邪らしい風邪に掛かりましたが、数日で治癒しましたので、やはりオルゴールのお陰でしょう」 2004/4/22 Y.S. 60歳代 男性

風邪の予防へコメント:

かなり進行してしまった風邪でも早期に回復して行く様が読み取れます。自律神経が正常になり、自然治癒力による早い快復でしょう。風邪をこじらせて、余病をひき起こす多くの例から見ると、瞬間的に作用するオルゴール療法は、益々有り難い存在になって行くと思われます。

次の 症例2 息子はいつも風邪から気管支炎をへ
ホームトップ実践
|症例1症例2症例3 |症例4 |症例5 |

 少しでも症状が軽くなり、お気持ちが楽になって頂きたい
 と思っています。療法や症状を、ご遠慮なくご相談下さい。
 電話マーク フリーダイヤル: 0120-700-704
 電話マーク I P:050-3386-5291(OCNドットフォン)
   (OCNグループからの電話料が無料です) (無料プロバイダ一覧)
 電話マーク 06-6342-0015 FAX:06-6342-5757
 風邪症状 インフルエンザ症状 電話マーク お問い合せフォーム はこちらへ
  オルゴール療法研究所_________________________
     大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21階


 ページトップへ | 症状と原因 | 症例 | 療法の実践 |

いろいろな疾患・症例の分類     オルゴール療法      
呼吸器 気道 肺


循環器・心臓


消化器


脳・脊髄・神経

脳・脊髄・神経 2

心・身 環境


心・身 環境 2


血 液


ホルモン・代謝


アレルギー 免疫


運動器・外傷


運動器・外傷 2


皮 膚


泌尿器


目・耳・鼻


口腔・のど・歯あご


胎児・乳・幼児


女性 美容と健康


が ん


複合疾患 改善


犬猫ペットの症例


 back
copy right (c)日本オルゴール療法研究所 1991 . all rights reserved.