複合疾患を改善した感動の記録オルゴール療法へ

記録1 橋本病と骨盤異常から解放されて

橋本病と骨盤異常が治り凄い効果に驚いています

「4年前までは、風邪こそ引きましたが、いたって元気なほうでした。結婚してから、2週間アメリカにいくことがあり、ハードな通訳をこなして1週間が過ぎたとき、旅行中に非常なだるさと苦しさを感じて立っているのがやっとの状態でした。自分では過労からだと思ってそれほど気にしていませんでした。帰国してから、風邪の治らない状態が続きましたが、内科病院では風邪の処方で薬を頂いていました。それから突然喘息が起こったり、いろいろと風邪ではないような奇妙な症状が出ました。甲状腺専門の医師を訪ねましたところ甲状腺線機能亢進症と診断されました。まだ薬も手術も必要ないと云われ、異常体質だろうと診断されました。

それからどんどん状態が悪くなり、食事中に倒れたり、入浴中に気絶するようになりました。様々な民間療法にも通い、あらゆる健康食品も試しましたが、芳しくありませんでした。2年前から喉に異物を感じ、歩くことが出来ない状態になり、整体の先生は「ヘルニアに掛かっている、骨盤がずれているので歩かない方が良い」と云われました。次第に身体が弱り、老化していくのが感じられました。髪も全身が白髪になっていきました。病院では甲状腺機能低下症・橋本病と診断され、一生この状態だといわれて、とても悲しい思いをして、このまま死ぬのではないかと思い一晩泣き明かしました。

その頃「オルゴール療法」のあることを母が聞きつけてきました。低周波と高周波が脳幹を刺激して効果があると聞いて参加しましたが、初めは、オルゴールを聞いても、美しいとも気持ちが良いとも思いませんでした。“カノン”を聞くと、もういらいらとして、とても1時間半は持たない、一刻も早く逃げ出したい気持ちでした。オルゴール療法の理屈は良いと思いましたが、もう2度と来ないでおこうと思いました。気分が悪くなり、椅子にぐったりした立ち上がることが出来ませんでした。

翌朝目を覚ました時に、いつもの頭がボーとした状態ではないのです。不思議なことに頭がすっきりしているのです。身体の中を血がさらさら流れる感じです。血がよごれた感じがしないのです。 翌日から、母と毎日オルゴール療法に通いました。3日目に右半分の顔の吹き出物がなくなり、次の日の朝、左半分の顔の吹き出物がなくなりつるつるになって家族でびっくりしました。2週間程経ったとき、腫れていた喉の甲状腺に痛みを感じ、その後どんどん腫れが引き、急激に快復していくのです。どんなにか嬉しく、毎日療法に通うのが楽しくてたまりませんでした。倒れることもなくなりました。ほんとに不思議なことが起こった感じです。あの初日に聞いて嫌いだった「カノン」も今では、おやすみの時に、聞かないと眠られなくなりました。

橋本病の為に、以前は胃腸傷害から、お肉など欲しくもなく、脂っこいものは食べられなかったのに、先日ステーキとフライドチキンをお腹いっぱい食べても平気だったのです。脂っこいものは胃が一切受け付けなかったのに今はなんともありません。摂食障害といい橋本病の特色だそうです。骨盤がずれているので歩いてはならないと言われて、以前は飛び跳ねることが出来なかったのに、今はスキップが出来るようになりました。「オルゴール療法」にとても感謝しています」2002/10/20 29歳の女性の手記より

記録2 被爆2世です。15の病気から解放されて

「鬱病を治す目的で3カ月間オルゴール療法をしました。もともとオルゴールが好きで子供コンサートに参加したのが始まりでした。「鬱病にオルゴール療法がいいですよ」と勧められたこともあって、毎日通いました。苦しい1ヶ月間でした。身体はだるくオルゴールを聴くのは好きですが、大阪市内から通うのは大変でした。

2カ月がたっていました。午前中に服用していた抗欝剤が不要になり、午後の抗鬱剤をやめたいと医師に相談に行きましたが、やはり不安でした。元にもどったらどうしようとそのことばかり考えました。医師から『自分で薬を飲まなくても良いと感じたら飲まなくてもいいよ』と云われて、ある日思い切ってやめてみました。

3日が過ぎても不安でした。勇気を出しましょうと療法研究所からアドバイスされ、1週間が過ぎて気持ちが少し楽になりました。1ヶ月が過ぎたとき初めてああ薬を飲まずに眠れるんだ鬱病が治ったと自信のようなものを感じました。今は薬も飲まずにぐっすり眠れるようになり、オルゴールを聴くのが楽しくなりました。もう2度と鬱病に、あの気持ちに戻りたくないと思います。オルゴールがこの世にあって良かったと思います」    2002/10/5 Y.N.」

「私は、沢山の病気を抱え、通院を続けておりました。ひどい血行不良、鬱病、首・肩・腰の凝り、口角症、アレルギー性鼻炎、皮膚炎、記憶力低下、起立性めまい症、目のアレルギー症、極度の疲労感で買い物も自由には出来ず、13年間苦しみました。オルゴール療法に参加して 3カ月程で、この10幾つもの症状が次々に良くなったのです。身体も気持ちも楽になり、毎日がとても楽しく過ごせるようになりました。実は、私は被爆二世です。父が長崎の原爆の後かたづけをして、強い放射能を浴びました。私の検診は、毎年、白血病の有無や肝機能や心肺機能など、レントゲン撮影や血液検査を受けています。被爆の影響で、からだの抵抗力、免疫力がなく、それが原因で病気を持ち続けたのでしょうか? この13年間苦しんだ、沢山の病気をこの「オルゴール療法」で治していただきました。「オルゴール療法がなかったら、今も苦しい毎日だったでしょう。毎日こつこつと続けていて良かった。これは超一級の、ものすごい療法だと思います。

最近、いつも立てに割れてささくれ立っていた爪が割れなくなりました。それに驚いたことに灰を被ったように白かった髪の毛が黒くなったのです。膝のコクコクいってたのが、なくなりました。今身体が軽くとても楽になりました。オルゴールを聞いて寝ると体温は37℃です。足の体温も37℃でした。あれだけ冷え症だったのに冬場に靴下の要らない冬を初めて過ごしています」 大阪市在住の女性の手記から要約

オルゴール療法の特徴を良く顕わしている症例

西田幸子さんの写真

この症例に私達は、衝撃を受けました。比較的小さな症状が次々に治っていく、くらいに思っていましたが、被爆二世と聞かされて驚きました。お一人で様々な病気が治っていく症例は、オルゴール療法の特徴を良く顕わしています。ご本人も嬉しいでしょうが、私達にも大きな希望を与えてくれることになりました。 2003/1/11
お元気な現在の西田幸子さん

記録3 リウマチ症状を始め5つの症状が劇的に改善して

「今年の2月からリウマチ症状の診断を受けております。足の裏が痛みましたが病院では確かな診断がされず、レントゲン、血液検査と続け、5つの病院を廻りました。朝起きるのが恐怖でした。足の裏が痛み、足を床に付けて歩くことが出来ません。踏ん張ることが出来ず、6つ目のリュウマチ専門の医院でやっと関節リュウマチと診断されました。

手首から肘に掛けて痛みます。急性腸炎で入院、退院して高血圧、橋本病、関節リュウマチ、膝に水のたまる膝関節炎、涙や唾液の出にくいシェーグレン症候群と病名が付けられました。杖を突いて、人に支えてもらわないと歩けないのを見て友人が心配してくれました。

娘がホームページを見てオルゴール療法を知りました。夏休みを利用して3日間通ったのです。初日に汗を今までかいたことがないくらい沢山かきました。2日目で足のサポーターをはずしました。顔色が極端に良くなりました。胃の調子が良くなり、食欲が出まして驚いています。血圧が190が120代までに下がりました。 今、杖を突かず、ひとりで歩けるのです。こんなことがあるのでしょうか?本当に夢のようです」2003/8/30

橋本病と診断されて・・・信じられない効果に驚いています

「今年の2月から足が動かなくなり、病院を5つ廻り診察を受けましたが、はっきりせず、6番目の医院で甲状腺機能低下症の中の橋本病と診断されました。友人が心配してくれて、日本の名水を取り寄せたり、いろいろとニュースを聞かせて頂きました。娘がホームページで橋本病にオルゴール療法が良いと知りまして8月13日から3日間娘と一緒に参加させて頂きました。初日にオルゴールを聞き始めると涙が止まりませんでした。こんなに涙が出たのは初めてです。オルゴールの曲で「カノン」を聞くと全身がしびれるような感覚が起こりました。身体が熱くなり、全身に汗をびっしょりとかきました。最近こんなに汗をかいたこがありません。

身体の中で何か反応を起こしているのが感じられました。療法研究所から今日はお腹がすきますよと云われました。ホントに帰りに食欲が出たのです。食欲がないのが橋本病と聞かされていまして、それ程食べることに意欲がなかったのに食欲が出てお食事がおいしいのです。食事が出来る私を見て娘がびっくりしました。3回の療法でこんなになって真実驚いています。信じられないですし、もう嬉しくて、涙が出そうです。2週間程で身体が軽くなりましたし、表情が変わったのを見て友人が信じられないと云っています。オルゴール療法に出会えたことに、感謝しています。」2003/8/30 神戸市在住の女性

記録4 私の手が戻った!手の神経が奇跡的に回復

手術後の癒着による胃腸痛からも快復して家庭が平和に・・・

「13才の夏に右の手首にけがをして親指と人差し指と中指の3本の神経が切れ、手首の腱も切れていました。手術をしましたが、指は曲がらず動かそうとして も動かず、手はだらんと垂れた状態でした。もう0.1ミリずれて動脈が切れていたら命も危なかったと云われました。

学校に通い始めて、体育の時間も休み、女の子で針も持てない状態で落ち込みました。中学一年生で、自分は違う世界の人間になったと思いました。体育は好きで、スポーツ万能でしたから、よけいにショックでした。右手を失ったと思った時から、人との付き合いが変わりました。

二十歳までの気持ちは人に言えないくらいのプレッシャーでした。あきらめようとしても人生を変えようとしても、明るい生活をしようと努力しても、そんな 気分になかなかなれませんでした。

友人と食事をしていても右手をいつも隠すようにします。コーヒーカップが持てず食事が美味しくありません。うどんを上手に食べられないのです。それでも 不自由でいい、もう手は戻って来ないのだからと自分に言い聞かせ、出来るだけ気にしないように努めました。

関西で手術を受けたときは、全くの失敗でした。神戸で2回目の手術をすることになりました。1回目の手術が失敗したことから心配で、先生に相談した時、先生に『信用しなさい』ときつく叱られ悲しい思いをしました。しかし、2回目も神経の繋ぎ間違いがあり、先生から謝って頂きましたが、元に戻す手術は受けられませんでした。

手術の後で、人差し指と親指の感覚が逆になっているのが判ったのです。それからは、以前にも増して気が短くなり、怒りっぽくなりました。お見合いのときも、手を隠していて、後で良心が咎めて縁談をお断ったほどに、人生にも大きな障害となりました。

娘がホームページを見てオルゴール療法のあることを知りました。手の方はあきらめていまして、水のたまる膝関節が治れば良いと思って参加しました。

オルゴール療法の4回目が終わって夕方、突然不思議なことが起こりました。親指と人差し指が開くのに気が付いたのです。今まで指がつっぱっていて、人差し指が曲がっていたのに真っ直ぐに伸びているのです。すぐに母にも電話をし2人の娘にも見せました。どうしようかと思いました。世界が変わってしまうことに動揺 してしまったのです。

車のハンドルを握るのに親指と人差し指が大きく開きました。子供の頃に右手を失ったと思い、どんなに慰められても、もっと苦しんでいる人がいるのだからと云われても、あの時は地獄に感じられました。今のこの嬉しい気持ちをどう表現したらいいのでしょう?

  33年間で、こんなに美しい景色を見たことがありません。今日のオルゴール療法は、いつもと違うほどに、オルゴールの響きが身体の隅々にまで入って来て、 身体が芯から熱くなりました。オルゴールの響きをとても有り難く感じました」 2004/2/1 

「療法に参加して10回目です。手の平が真っ赤になっています。血液の循環が良くなったせいでしょうか?今までこんなに手が熱くなったことはありません。親指と人差し指の開きが90度に開くようになりました。

少しですが力が入るようになりました。手術をした手首の突っ張りが感じられなくなり、普通になっ ています。家族で驚いています。今日の療法が終わって気が付きました。人差し指が左右に動き始めました。手が普通になったら本当にどうしようかと戸惑っています。

「19年前に長女の誕生のとき、帝王切開をしました。それ以来、胃の辺りのお腹が一日中痛み続けました。後になって別の病院で帝王切開の失敗だろうと云われ、 子宮底と腸の壁が癒着して胃の変形を起こし痛む腸管癒着、癒着痛だと教わりました。他の医師から骨盤が傷だらけになっているとも教わりました。一日中腹痛・胃腸痛が19年間、苦しい毎日でした。

大病院の検査を数多く受けても治療法がなく、鍼の診療も4年間通いましたが、胃腸痛と云いましょうか腹痛は取れませんでした。食事をしたときだけ瞬間痛みが取れて、ひとときの安らぎを得ます。他の方の帝王切開の傷口を見せてもらいましたが、比べられない位私の傷口の長く大きいのです。帝王切開を大きく切りすぎて胃の底を傷つけたのではないかと思うくらい、並の痛さではありません。

オルゴール療法は、膝痛と肩こりと高血圧を治したいと参加しました。療法の2回目からオルゴールの響きが神秘的に聞こえるようになりました。他のことは一切頭に浮かばず、オルゴールの音楽だけが心に響きます。曲の中に入り込み音楽と遊んでいるような気持ちの良い、楽しい時間です。療法に通い始めて11回目ですが、少し前から胃の痛みが夕方4時くらいからなくなっているのです。療法のせいだとは思わなかったのですが、痛みが薄らいで行くのを、はっきりと感じています。今痛みは十分の一になり家庭が平和になりました。2004/2/6 T.F. 40歳代の女性

本日の療法で、胃腸の痛みがほとんどなくなりました。嬉しいです。唾液が沢山出るようになりました。今まで唾液の出が少なく食事を飲み込むのが難しい状態でした。顔も手のひらも熱いくらい血色が良くなりました」 2004/2/10 

記録5 難聴・ぜんそく等7つの症状から解放されて

 2011年秋 親知らずを抜いて薬を飲んだら、突然ぜんそくが出ました。

この後、右耳の難聴、左耳の耳鳴りが始まり、検査では異常がないのに「めまい」「頭痛」「吐き気」に襲われるようになり、 人混みでも電車でも気分が悪くなり、一人で出歩けない状態になってしまいました。まったく眠れない日も少なくありませんでした。 2012年暮れには、首から肩にかけ帯状発疹も出て、最悪の状態になり、とうとう2013年春に退職する事になりました。

 7月に初めてオルゴール療法を受けた時は、とても気持ちが良く、空腹を感じました。その後、療法に通い始めましたが、療法中に気分が悪くなったり、 起き上がれなくなったりする事もありました。でも、オルゴールを身体に当てて休むと徐々に回復する。という事の繰り返しでした。

 ですが、振り返ってみると毎回呼吸が深くなり、帰路が楽になっていた事に気づいたのです。徐々に目も頭もクリアになってきました。 通い始めて20日後くらいの時、近所の人と花火が見られ、人と一緒に出来たのは久しぶりの事でうれしくなりました。 その次の日には、自他ともに絶対無理と思っていましたが、一人で療法所に行くことが出来ました。

 ふらふらで、なんとか辿りついたのですが、いつもの通り休みながら療法を受け、終わる頃にはスッキリして帰れました。 「なんだか治るような気がしてきた」とオルゴールを購入。その後もふらふらしつつ通い、少しずつ良くなっていき、3ヶ月後には薬も減ってきました。 電車も少しずつ長く乗れるようになり、5ヶ月後の現在は漢方もやめ、本当に調子が良いです。めまいも、時々意識する耳鳴りも少しずつ良くなっています。

 毎日、オルゴールをほぼ片時も放さずに抱いて暮らしています。周りからも「表情が明るくなったね」と言われます。 T.Mさん 40代 女性




 少しでも症状が軽くなり、お気持ちが楽になって頂きたい
 と思っています。療法や症状を、ご遠慮なくご相談下さい。

 電話マーク フリーダイヤル: 0120-700-704
 電話マーク I P:050-3386-5291(OCNドットフォン)
   (OCNグループからの電話料が無料です) (無料プロバイダ一覧)

 電話マーク 06-6342-0015 FAX:06-6342-5757
 電話マーク お問い合せフォーム はこちらへ
  オルゴール療法研究所_________________________
     大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21階


 このページのトップへ
いろいろな疾患・症例の分類     オルゴール療法      
呼吸器 気道 肺


循環器・心臓


消化器


脳・脊髄・神経

脳・脊髄・神経 2

心・身 環境


心・身 環境 2


血 液


ホルモン・代謝


アレルギー 免疫


運動器・外傷


運動器・外傷 2


皮 膚


泌尿器


目・耳・鼻


口腔・のど・歯あご


胎児・乳・幼児


女性 美容と健康


が ん


複合疾患 改善


犬猫ペットの症例


 back
copy right (c)日本オルゴール療法研究所 1991 . all rights reserved.