自閉症のオルゴール療法による改善症例

自閉症状をオルゴール療法で改善

症例1 自閉症状、多動性障害と診断されました

「娘は1歳になる前には言葉が言えました。身体の部位を尋ねると、『ここ』と指さしました。『いくつ』と聞くと『ひとつ』、『やっちゃん』と呼びかけると手を挙げて『はーい』と返事をし、オシッコが出ると出たと言い、鉛筆を持たせるとジージーと言いながら紙になぐり書きし、、食事を食べさせると自分でスプーンを持ったり、伝い歩きも初めていました。

その頃、インフルエンザに罹り38度の高熱が2,3日続きました。あの日、病院の庭でひきつけを起こし、顔は蒼白になり唇が真っ青になりました。診察室までの20mの近さでした。8分足らずの距離を急ぎました。先生が逆さにして息を吹き返したのです。

痙攣を起こしてから伝い歩きをせず、いざるようになり、頭を触られるの嫌い、髪を洗うのがイヤになりました。1歳7ヵ月で初めて一人で立ち、1歩、2歩踏み出すようになりました。1ヵ月後には食べ物の名前や、パパ、ママ、バーちゃんなど20程の言葉が言えていましたが、その1ヵ月を過ぎた頃から、次第に言葉が少なくなり、『これ何?』と聞くと、ポカンとして、忘れてしまったような顔をしました。ペンを持たせると、紙をクシャクシャにし、本はペラペラめくるだけになりました。

何かが以前とは違っていました。1歳10ヵ月の時に脳神経科で脳波を調べたら脳波に乱れがあり、てんかんの脳波だと言われました。『てんかんを起こしてないのに何故?』と言われ、テグレトールを処方されました。言葉は又出るだろうと言われましたが足が内側重心になり、歩くのが不便になりました」

「オルゴール療法を始めてから数日が過ぎました。オルゴールを聞くとお顔に汗を沢山かくのですが好転反応でしょうか? また朝から、ママがいなくなると、やっちゃんが小さい時のようにぎゃーっと、泣くのでとても不安ですが?」

自閉症状、多動性障害へコメント

やっちゃんは脳幹の刺激で、お顔に汗をかくほどに血流が盛んになっているとみました。正常な元の状態に戻っていっているとしたら、大変喜ばしいことです。

乳幼児期に戻ると当然赤ちゃんの状態に一旦戻ります。空白の時代を遡っているのではないかと思います。であれば、赤ちゃんにしてあげなければならなかった、し残したことを今努めてなさるようにお勧めします。

この時期にお母さんやおばあちゃんがなさるベタベタに育てることをお勧めしたいのです。そうしないで大きくなると、親離れが正常に行われないのです。自分の欲求が満たされないと、脳の発育が当然遅くなりましょう。

自閉症の症状として、泣いたり、笑ったりする感情表現が少なく、周りの人に関心を示さず、言葉の発達が遅れて、孤立する傾向があります。オルゴール療法を 始めてからお母さんの後を追っかけたり、寂しくて泣き出し始めたのは、誠に正常な営みを始めたのだと大いに喜びましょう。

言葉を発することも大切ですが、いろいろな大脳の働きもまた大切です。運動を司る小脳の働きなどやっちゃんの頭の中の発育は、猛烈な勢いで修復されているのではないでしょうか? この方の症例を継続して報告させて頂きます。

「やっちゃんが2週間ほど前に、小さな声でさようならと言いました。まだ声は小さいですが、少し意思表示が出てきたようです。やっちゃんのママが積み木を作って倒しら、アー アー言ったのでビックリしました。

次の 症2 自閉症状の子が良く眠り癇癪が少なくへ
ホームトップ実践
症例1症例2

 少しでも症状が軽くなり、お気持ちが楽になって頂きたい
 と思っています。療法や症状を、ご遠慮なくご相談下さい。
 自閉症状 電話マーク フリーダイヤル: 0120-700-704
 自閉症状 電話マーク I P:050-3386-5291(OCNドットフォン)
   (OCNグループからの電話料が無料です) (無料プロバイダ一覧)
 自閉症状 電話マーク 06-6342-0015 FAX:06-6342-5757
 自閉症状 電話マーク お問い合せフォーム はこちらへ
  オルゴール療法研究所_________________________
     大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21階


 ページトップへ | 症状と原因 | 症例 |療法の実践 |

いろいろな疾患・症例の分類     オルゴール療法      
呼吸器 気道 肺


循環器・心臓


消化器


脳・脊髄・神経

脳・脊髄・神経 2

心・身 環境


心・身 環境 2


血 液


ホルモン・代謝


アレルギー 免疫


運動器・外傷


運動器・外傷 2


皮 膚


泌尿器


目・耳・鼻


口腔・のど・歯あご


胎児・乳・幼児


女性 美容と健康


が ん


複合疾患 改善


犬猫ペットの症例


 back
copy right (c)日本オルゴール療法研究所 1991 . all rights reserved.