顔面痙攣 顔面神経麻痺のオルゴール療法による改善症例

顔面痙攣をオルゴール療法で改善

症1 顔面痙攣が起こり顔面神経失調症と診断

「内科で顔面痙攣の起こる顔面神経失調症と診断され朝晩薬を服用しています。不安で眠れない夜を過ごします。耳の後ろからボアーンとふさがる感じです。顔面の左側が時々にピクピクと痙攣を起こしています。家族の病気が心配でいつも緊張状態で気の休まるときがありません。深く眠れて、リラックス出来るようになりたいです。

 9月の初めにオルゴール療法を紹介されて参加しました。療法後の体温は36.7度で温かく感じました。次の日の目覚めが良く、久々に快眠出来ました。熟睡して、6時間寝ました。起きた時にすっきりして、頬のつりがありませんでした。身体がとても軽いです。それ以来よく眠れるようになりました。

 5回目、顔面痙攣がなくなり、顔の引きつりが取れました。耳の後ろのボアーンとした感じが減りました。目の玉や耳を動かそうとすると痛みが走っていたのが取れました。不安がなくなったせいか笑顔を取り戻せたようです」 2004年9月12日 60歳代女性 C.T.さん 大阪府

顔面痙攣 顔面神経麻痺へコメント

オルゴール療法の優れた効果が出た症例です。少し引きつっていたお顔が柔和になり、なによりも素晴らしいのは、お顔の血色が極端に良くなりました。見違えるようになられて喜ばれています。神経のリラクセーションと血液の循環の良さから早期の快復が見られた好例です。

症例2 肺ガンから脳へ転移、顔面痙攣が起こりましたへ
ページのトップ |症例1症例2症例3症例4症例5

 少しでも症状が軽くなり、お気持ちが楽になって頂きたい
 と思っています。療法や症状を、ご遠慮なくご相談下さい。
 顔面痙攣症状・顔面神経麻痺症状 電話マーク フリーダイヤル: 0120-700-704
 顔面痙攣症状・顔面神経麻痺症状 電話マーク I P:050-3386-5291(OCNドットフォン)
   (OCNグループからの電話料が無料です) (無料プロバイダ一覧)
 顔面痙攣症状・顔面神経麻痺症状 電話マーク 06-6342-0015 FAX:06-6342-5757
 顔面痙攣症状・顔面神経麻痺症状 電話マーク お問い合せフォーム はこちらへ
  オルゴール療法研究所_________________________
     大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21階


 このページトップへ | 症状と原因 | 症例 | 療法の実践 |

いろいろな疾患・症例の分類     オルゴール療法      
呼吸器 気道 肺


循環器・心臓


消化器


脳・脊髄・神経

脳・脊髄・神経 2

心・身 環境


心・身 環境 2


血 液


ホルモン・代謝


アレルギー 免疫


運動器・外傷


運動器・外傷 2


皮 膚


泌尿器


目・耳・鼻


口腔・のど・歯あご


胎児・乳・幼児


女性 美容と健康


が ん


複合疾患 改善


犬猫ペットの症例


 back
copy right (c)日本オルゴール療法研究所 1991 . all rights reserved.