不安神経症 不安症候群のオルゴール療法による改善症例

症例1 不安神経症・鬱病になり、毎日が不安です

「9年前に過食症になり、4年間苦しみました。昨年から外出すると極端に疲れるようになり、帰宅するとしばらく横になります。その内、胸の動悸が激しくなり、外出が出来なくなりました。自転車で近所のスーパーに買い物に出ても、人混みを見ると、胸が苦しくなるのです。いつ動悸が起こるか、不安で毎日を過ごしていました。

心療内科でパニック障害だと判りました。子供にも主人にも申し訳ないと思いながら、この不安と動悸が治るならといろいろな療法に参加しました。オルゴール療法に出会ったのも偶然な出会いでした。療法を初めて1ヶ月経ったときに、動悸がなくなり、調子が凄く良くなったのです。嬉しかったのです。もう大丈夫と思いました。研究所からいろいろと教わり、ゆっくりと深く息をすることが出来るようになりました。動悸が全然、なくなったので、安心感と感謝でいっぱいでした。

ところが、その後に、昔あった過食が出て、嘔吐を繰りかえすようになりました。せっかくオルゴール療法で良くなっていて感謝していたのに、他の病気を引き起こすのではと、オルゴールではだめなのかと、また不安の毎日が始まりました。療法研究所になかなかお電話をすることが出来ませんでした。もうどうしようもなく なって、思い切って研究所に電話しました。

『オルゴールをどのように聞いていますか?』と訪ねられ、パニック障害がきれいに治ったので効果が良いと思い、耳に直接当てて聞いていますとお応えしたら、『その方法は貴方には強すぎるのです。自律神経が異常になり、前の過食を呼び戻したのでしょう。すぐにオルゴールを気持ちの良い状態で聞くように変更してみて下さい』と指導されました。その通りにしたのです。

あの過食が1日でなくなりました。嘔吐を全くしなくなったのです。驚きました。又あの過食が始まったのかと、不安と恐怖が蘇っていたのがなくなりました。オルゴール療法を今度こそ信じようと思いました。オルゴールに足を向けて寝られません。 2004/2/19  横浜市在住 30歳代の女性 

「繁華街に出てもなんともありません。鬱もなくなり快適です。安定剤も飲まないようにしています。オルゴールを聞くと温かく、足までほかほかと暖まってすぐ寝られるようになりました」

不安神経症へコメント

不安神経症は、抵抗力がついて、何が起こっても心の動揺を起こさなくなるまで、ご指導が要ります。日々のお電話で確認をしています。

次の 改善2 強烈な電磁波から不安神経症に へ
ホームトップ実践

症例

 改善1 不安神経症・鬱病になり、毎日が不安
 改善2 強烈な電磁波から不安神経症に


 少しでも症状が軽くなり、お気持ちが楽になって頂きたい
 と思っています。療法や症状を、ご遠慮なくご相談下さい。
 電話 フリーダイヤル: 0120-700-704
 電話 I P:050-3386-5291(OCNドットフォン)
   (OCNグループからの電話料が無料です) (無料プロバイダ一覧)

 電話 06-6342-0015 FAX:06-6342-5757
 矢 お問い合せフォーム はこちらへ
  オルゴール療法研究所_________________________
     大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21階


 このページのトップへ
症状と原因 | 症例 | 療法の実践

いろいろな疾患・症例の分類     オルゴール療法      
呼吸器 気道 肺


循環器・心臓


消化器


脳・脊髄・神経

脳・脊髄・神経 2

心・身 環境


心・身 環境 2


血 液


ホルモン・代謝


アレルギー 免疫


運動器・外傷


運動器・外傷 2


皮 膚


泌尿器


目・耳・鼻


口腔・のど・歯あご


胎児・乳・幼児


女性 美容と健康


が ん


複合疾患 改善


犬猫ペットの症例


 back
copy right (c)日本オルゴール療法研究所 1991 . all rights reserved.