脱臼 亜脱臼改善のご相談はオルゴール療法へ

肩関節亜脱臼 オルゴール療法

脱臼症状 肩関節脱臼 症状 解消 改善

オルゴールの響きにある超高・低周波が脳幹の血流 を回復させ神経とホルモンの分泌を正常にして全身の活力を上げます。 脱臼症状 肩関節脱臼症状に改善が見られ、 脳の改善は心身の恒常性を取り戻す副作用がない優れた療法です。
※ 脱臼症状 肩関節脱臼症状がこんなに楽になっています 矢印

脱臼 関節脱臼とは

関節部に無理な力が加わり、関節を構成する骨が本来の位置を保てない状態を脱臼と言います。

 完全に関節のはずれたものを完全脱臼とよび、正常な位置から少しずれた状態の脱臼を亜脱臼と呼び、同時に筋肉や靱帯に損傷を起こしています。その為に関節部が腫れ、痛みを発症します。多くの場合、筋肉の力が入らず、又痛みの為に関節部の動きが悪くなります。

脱臼,肩関節脱臼と肩鎖関節脱臼

関節の中で活動範囲が広い肩関節は、脱臼しやすく、多くは上腕骨の先端が前後にずれる肩関節脱臼です。鎖骨のところが脱臼して変形するものを肩鎖関節脱臼といいます。

脱臼,肩関節脱臼,亜脱臼 解消 改善へのしくみ

第1番目にに先ず自律神経失調を正常にすること。
第2番目交感神経の優位から全身の血行を良くし全身を温めます。
第3番目に副交感神経の優位から真のリラクセーションをもたらします。 第4番目に胃腸など消化器系を正しくして栄養摂取をします。
第5番目にホルモンの分泌を正して心身の自然の治癒力を引き出します。

動物は本来、神経の中枢である脳幹から全身の神経へ伝達されて、心身の機能が正常に働くように出来ています。この仕組みが壊れた状態で多くの疾病が起 こります。即ち自律神経系の異常が大きな原因なのです。

大きなストレスやショックや心の負担は自律神経の恒常性を壊して心身に異常を来たします。その結果血行不良や血行障害やホルモンの分泌の異常を訴えるようになるのです。
 脱臼症状 肩関節脱臼症状 亜脱臼症状 関連症例 ● 血行障害へ

脱臼,肩関節脱臼,亜脱臼 解消 改善とオルゴール療法

1.オルゴール療法では、強い響きのオルゴールを聴くことで先ず交感神経を大きく刺激して血液の循環を活発にします。心肺機能を高め酸素と栄養素を末 梢血管の送り込み、細胞の活性を行います。脱臼,肩関節脱臼,亜脱臼を解消する為には血行を良くすることが大切です。体温を上げ、筋肉を強くして頸椎を持ち上げ ることが第一です。

2.次に副交感神経を優位にして、徹底的なリラクセーションを導きます。気持ちの良いとき末梢神経から血液中にアセチルコリンという化学物質が流れ血管の 壁を柔らかくして栄養と酸素を運ぶ赤血球を末梢血管に運びます。白血球の流れを良くします。脱臼,肩関節脱臼,亜脱臼の解消 改善に大切です。

3.真のリラクセーションは成長ホルモンを豊富にし、その結果、骨の細胞組織を活性、再生します。脳幹は全身の主立った30種類を超えるホルモンの分泌 が正しく行われているかを監督する重要な働きをします。脱臼,肩関節脱臼,亜脱臼 解消 改善に重要です。

4.オルゴールの響きにある高・低周波は脳幹を刺激し、血流を促進し、自律神経を正しくする為のコントロールを行います。ホルモンの分泌が正しく行わ れているかどうかを監督し全身の調節を行います。

 従って脱臼,肩関節脱臼,亜脱臼を正しくするためには、脳幹を正しくすることが大切であることが判って来ました。その原理を基礎にしたオルゴール療法で脱臼,肩関節脱臼,亜脱臼や椎間板ヘルニアや腰痛や骨盤異常などの病気が治り、療法の効果に驚かれています。

脱臼,肩関節脱臼,亜脱臼 解消 改善 療法の特性

高・低周波の響きと、楽しい音楽と、美しい音色です。オルゴール療法は恒常的な心身をつくることを目的とします。脳を正常にすることで、心身の恒 常性を保つ、根本の療法と云えましょう。予防医学の面からも優れた効果の期待できる真の健康法と云えると思います。脱臼・関節脱臼の改善にお試しになって下 さい。良い効果が期待出来ましょう。    参照 ● 療法にお勧めのオルゴール


 少しでも症状が軽くなり、お気持ちが楽になって頂きたい
 と思っています。療法や症状を、ご遠慮なくご相談下さい。
 phone フリーダイヤル: 0120-700-704
 phone I P:050-3386-5291(OCNドットフォン)
   (OCNグループからの電話料が無料です) (無料プロバイダ一覧)
 phone 06-6342-0015 FAX:06-6342-5757
 電話マーク お問い合せフォーム はこちらへ
  オルゴール療法研究所_________________________
     大阪市北区梅田1-1-3大阪駅前第3ビル21階


 このページのトップへ
症状と原因 | 症例 | 療法の実践

いろいろな疾患・症例の分類     オルゴール療法      
呼吸器 気道 肺


循環器・心臓


消化器


脳・脊髄・神経

脳・脊髄・神経 2

心・身 環境


心・身 環境 2


血 液


ホルモン・代謝


アレルギー 免疫


運動器・外傷


運動器・外傷 2


皮 膚


泌尿器


目・耳・鼻


口腔・のど・歯あご


胎児・乳・幼児


女性 美容と健康


が ん


複合疾患 改善


犬猫ペットの症例


 back
copy right (c)日本オルゴール療法研究所 1991 . all rights reserved.